「自殺をする」なんて無意味で愚かな行動は知的生命体のみである。と考えている人も少なくは無いだろう。
だがイギリスに次々と犬が自殺する橋が存在するのはご存知だろうか?
その名もオーヴァートン橋
Overtoun-Bridge-550x496 (1)


概要
スコットランドのダンバートン州のオーバートウンハウスにある橋は散歩中の犬が自殺することで有名であり
今までわかっているだけで5匹の犬が自殺しているとされている。
橋の名はオーバートンブリッジで、高さはおよそ13m。
犬は突如飛び降りており、理由は犬だけに聞こえる音が犬を誘導する、或いは霊に誘われるとか。

オーヴァートン橋はカルビン主義者の貴族、オーヴァートンにより1895年に建造された。それはビクトリアン様式で高さ約15メートル、オーヴァートン川の上にかかっている。
橋では犬が散歩中に橋から飛び降り、墜落死する事故が過去50年に50回も起きている。

1994年、地元で反キリスト教徒呼ばわりされていたケヴィン・モイという人物が、自分の息子である赤ん坊をその橋から放り投げ、その後同じ場所で自殺未遂をしたという。それ以来この橋には幽霊が出るようになったという都市伝説が存在する。

また、ケルト人神話では、オーヴァートンは天国に最も近い場所(シンプレイス)と呼ばれる場所で、霊界に近いとされているからだ。と表されている。犬達は人間より敏感に霊気も感知しやすいと考えられているので、ここで何かを察知し、奇妙な行動を引き起こすのではないかというものだ。
e6a589e8.jpg



自殺の事例
1960年代にイルカショーをドラマ化した「わんぱくフリッパー」の撮影後にイルカが自殺した話がある。
イルカのトレーナー曰く、ストレスだそうです。

動物の自殺といったら働きアリが永遠と渦を巻き死ぬまで行進し続ける「死の渦」「死の螺旋」「デス・スパイラル」と呼ばれる行動がある。
この行為については一時期原因不明だったが、アリのお尻から出るフェロモンを辿るため永遠とまわり続けることが判明した。


結局のところ
犬の心理学者の研究調査により、橋の下の藪にネズミ・リス・ミンクなどの強い臭いを放つ動物により興味を惹かれ飛び降りると結論付けた。
上記にも述べたが、犬は嗅覚・聴覚に優れており、地震や災害の予兆など人が感じ取れないものも感じ取ることができ、そういったエピソードは様々ある。

結局のところ、自殺行為をするのは今のところ人間だけですね。

犯人検挙率が爆発的に上がる捜査方法が存在することはご存知だろうか?
だが現在では倫理上、不可能であり、許可無く行えば警察も死体損壊罪に問われる可能性があるからだ。
その方法と入った何なのか…。それは網膜像検査である。


概要と解説。
角膜移植手術を受けて以来、車のナンバープレートのビジュアルが脳裏に浮かぶようになる。不思議に思い調べたところ、角膜提供者は轢き逃げ事件で亡くなっていることが判明。そのナンバーの持ち主を取り調べたところ、犯行を認め、事件が解決したというもの。
cornea-to-retina.gif
人間の眼には網膜に映し出された像(光)が錐体・桿体細胞を介して脳に電気信号を送る。その際に死後30分以内であれば細胞はまだ生きている状態なので、30分以内に網膜を取り出せば網膜像に映し出された殺人犯に殺された状況やどこで殺されたのかが浮かび上がるというのだ。


理論上可能なのか?
死後30分~1時間以内に臓器などを取り出せば臓器移植などが実際に可能である。
実際、検察などは死亡推定時刻を推定する際に腸内の温度を測り死亡推定時刻を割り出している。
それは死んでからも臓器が働いているからである。その中でも腸は一番体温が下がりにくい。

だが網膜の場合はどうだろうか?はっきり行って不可能である。
上記にも書いたが、網膜に映し出された像(光)が錐体・桿体細胞を介して脳に電気信号を送る。
なのでその電気信号を解析できるのは脳であるため理論上不可能である。

だが望みが無いわけではない、脳の電気信号を解析し、それを像として画像処理などができれば可能となるだろうが、それはほぼサイエンス・フィクション(SF)に近い。


いったいこの話はどこから…?
都市伝説は何の脈絡の無いところからは発生しない。
 松本清張の「草の径(ミチ) 第三話 死者の網膜犯人像」が元ではないかと考えられている。
「死の刹那に見た犯人の顔が、解剖すると網膜に残っていて、犯人推定の手がかりになる。こういう話は昔からあって、よく小説に使われたが、科学的には否定されていたところ、最近は肯定するような研究も発表されるに至った」乱歩が従来は「科学的には否定されていたところ、最近は肯定するような研究も発表されるに至った」
 また手塚治虫の漫画作品『ブラック・ジャック』の「春一番」では、白斑症と診断された少女が角膜移植を受け、男の幻を見るといったもの。加山雄三で実写映画化もされた。
映画『ワイルド・ワイルド・ウエスト』では、遺体の頭部の中から網膜に残った風景をスライド写真の要領で映写して、犯人を捜そうとするシーンがある。
世界ではこんな話がある。車泥棒を検挙中に両目が打たれ殺された事件がある。
実際にキューンニオプトグラムの実験 (ウサギの生きた眼球で映像を. 定着する試み)があり、死体から網膜像をアウトプットする理論をオプトグラムと名づけられた。
139234_01.jpg


短くまとめるつもりが参考文献が多すぎて長くなってしまいました。
最近では眼に映った情報から相手を特定するといった実験がなされています。
私はブラックジャックでこの話を知りましたが、この話の面白いところはウチの大学の教授まで面白おかしくこの話をしていたこと。
信じようと信じまいとこの話は識者の中でも有名なんですねww
bj2.jpg

この記事は「魔法少女まどか☆マギカ」を視聴した上で閲覧になってください。
ネタバレされてもいいやという方は、そのままお進みください。
(一応見てなくてもわかるように解説しております。)



概要
まどマギには考察スレを見た方ならわかるだろうが1コマ1コマに作品の背景となる要素が散りばめられています。
その大きな要素となるのがゲーテが作った「ファウスト」という戯曲に基づいている。

15世紀から16世紀頃のドイツに実在したと言われるドクトル・ファウストゥスの伝説を下敷きにして、ゲーテがほぼその一生をかけて完成した大作である。このファウスト博士は、錬金術や占星術を使う黒魔術師であるという噂に包まれ、悪魔と契約して最後には魂を奪われ体を四散されたという奇怪な伝説、風聞がささやかれていた。ゲーテは子供の頃、旅回り一座の人形劇「ファウスト博士」を観たといい、若い頃からこの伝承に並々ならぬ興味を抱いていた。そうしてこうした様々なファウスト伝説に取材し、彼を主人公とする長大な戯曲を仕立て上げた(なお、主人公の名前は「幸福な、祝福された」を意味するラテン語のfaustusに由来する。ドイツ語で「拳骨、砲」を意味するFaustと一致するが、偶然の一致にすぎない)。(Faustus概要)


僕と契約して魔法少女になってよ
さぁ、ここから私のターンですよ!!
作中で一番オカルトに近いなと私が感じた場面はQBの存在。正式名称はインキュベーター(孵卵器)
崩壊しかけている宇宙を救うための使命を与えられた生物で、人間(特に第二次性徴期の女性)の感情から、宇宙を救うためのエネルギーを回収する力を持つ。このエネルギー回収を効率よく行うため、魔法少女のシステムを考案した。

ここで問題なのがエネルギーとは何なのか?感情=想いである。
そのことに関しては11話でQBが語っている。
「僕たちはね、有史以前から君たちの文明に干渉してきた」
「数え切れないほど大勢の少女が、インキュベーターと契約し、希望を叶え、そして絶望に身を委ねていった」
「祈りから始まり、呪いで終わる――これまで、数多の魔法少女たちが繰り返してきたサイクルだ」
「中には、歴史に転機をもたらし、社会を新しいステージへと導いた娘(こ)もいた」
「彼女たちを裏切ったのは僕たちではなく、寧ろ自分自身の祈りだよ」

魔法少女や契約というのは建前であって、人間界で想いが叶った時点でそれは契約となり災いを担うことになる。
たとえば、Aさんが強い想いを抱く、強い想いは具現化(叶う)する。その対価として災いをAさんは担うこととなる。といった感じ。
これはアニミズム信仰や出口王任三郎の交霊術的思考と似たところがある、わかりやすく言うと対価による償い。
「そんな当たり前の結末を裏切りだと言うなら、そもそも、願い事なんてすること自体が間違いなのさ」(11話より)
災い・対価はソウルジェムを現しており、契約はQB(信仰対象)に想いが具現化するように願うこと、という事になる。そしてその願いを叶えた者は魔女となりソウルジェムを渡され魔女狩り(対価・罪滅ぼし)をしていく。
qb2.jpg
もうひとつはQBの存在である。
QBは地球外生命体でも宇宙人でもなく、「強い想いを具現化させるもの」であると考えられる。
上記してある通り動物は願いなんかしない、ありもしない空想をするのは知的生命体のみであり、リンク先にも掲載しているが、「霊術」には人に危害を与えるための「霊術」と、人を何かから助けようとするための「霊術」があると言えるのです。
また、呪い、とまではいかないまでも、人は誰でも、日常的に、自分の思いを「念」として発しています。これは、テレパシーや念力を信じる方ならご理解いただけると思います。この「念」も、一つ間違うと人を傷つけることがあります。「思い」は力になることがあるからです。

これらに書かれている「想い・念」を力に変換できるものこそがQBの存在であろう。
つまり現代の人間界においてQBの存在なくして生活することは難しい。
結果的に私が言いたいことは、QBは神に近い信仰対象物でしかないということ。QBに願いをしその対価を背負う(魔女になる)ということは、等価交換であり、まどマギの世界ではない現代でも、対価として、災いが起こるという信仰から成り立っている。

ちょっと難しかったでしょうか、リンク先とあわせて読んでいただければ、私の言いたい事が伝わるかとおもいます。(分かり易く教えたつもりです…。)
等価交換に関しては鋼の錬金術師やxxxHolicを見てもらえば理解できると思います。


個人的に…。
そのほかにもまどマギには様々な小ネタがあります。
個人的にはさやかさんと人魚姫の関係性と狂った「乙女の祈り」一番好きです。
mikisayakaa.jpgE381BEE381A9E3818BE29886E3839EE382AEE382ABE38080E9AD94E5A5B320-20E382B3E38394E383BC20(186).jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。