wonoko01

「をのこ草子(をのこ草紙)」という文書を知っていますか?
江戸時代にかかれた読み物で、作者不明であり、成立年代もはっきりしておらず。徳川8代将軍である徳川吉宗の時代(1716~1745)あたりに記されたものだという。また一部では、書物自体無いとされる説もある。
だが書いてある内容が驚くほど現代日本の世相を言い当てているため、予言書ではないかと有名なった文書である。


概要
「今より5代250年を経て、世の様変わり果てなむ。切支丹の法いよいよ盛んになりて、空を飛ぶ人も現はれ、地をくぐる人も出るべし。風雲をかりて雷電を益するものもあらむ。死したるを起こす術もあるべし。」
「さるままに人の心も漸く悪となりて、恐ろしき世の相を見つべし。妻は夫に従はず、男は髪長く色白く痩せ細りて、戦の場になぞ立つこと難きにいたらむ。女は髪短く色赤黒く袖無き着物を着、淫に狂いて父母をも夫をも、その子をも顧みぬ者も多からむ。」
「よろず南蛮の風を学び、忠孝節義はもとより、仁も義も軽んぜらるべし。」
「かくていよいよ衰えぬるそのはてに、地水火風空の大いなる災い起こりて、世の人十が五まで亡び異国の軍さへ攻め来るべし。」
「この時神のごとき大王いでまい、人民悔い改めてこれに従ひ世の中再び正しきに帰りなむ。其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし」



解説
 本書については、古神道家の友清歓真(ともきよ よしさね)が昭和5年に一部を引用して書いており、他にも昭和10年に著した中国学者の石山福治の著書にも書かれている。友清歓真は、雑誌の切り抜きを見せられたと伝たえており、少なくとも戦前までに大衆紙に記載されるなど、盛んに流布していたようです。
一段落目では日本の成長模様が書かれており、それ以降は日本人の在り方について書かれている。

 「切支丹の法」というのはキリスト教のこと、当時(江戸時代)は切支丹や耶蘇という表記であり異教として蔑まれており、異教を信仰していようものなら斬り殺されたり、踏絵で無理に改教させようとしていた世の中。
本書では「切支丹の法いよいよ盛んになりて」とある、日本で他宗教が受け入れられてきた時期は昭和の中期・後期頃。いまでは宗教差別している人間のほうが敬遠される時代になりました。
 「空を飛ぶ人も現はれ、地をくぐる人も出るべし」これはおそらく、飛行機や地下鉄などのこと。飛行機が日本で作られ始めたのは大正時代あたり、地下鉄とはいえないが地下を移動手段に使い始めたのは第一次大戦の時代
 「風雲をかりて雷電を益するものもあらむ。」風力発電や火力発電ことであろう。
日本人が初めての電気の存在に気づいたのは「エレキテル」の1765年。
 「死したるを起こす術もあるべし。」臓器移植や昔の医学では死んだも当然な治療不可能な病気も治すことができるということを指しているのではないか。今では万能細胞といわれるIPSやSTAP細胞などで死んだ臓器を再生することも可能となっている。
 「妻は夫に従はず~」女性の権利というものが平成になってから急成長してきました。
フェミニズムなんてものも出てくるほど女性が社会に進出し好き勝手やっています。(これ以上は自粛)
まさに現代から来たタイムトラベラーのように今の日本社会をズバズバ当てています。
 「異国の軍さへ攻め来るべし。」戦争を指しているのではないか。
 「この時神のごとき大王いでまい、人民悔い改めてこれに従ひ世の中再び正しきに帰りなむ。其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし」神の如き大王が天皇や総理大臣ではなかったら何なのか、もしかしたらブルービームかもしれない。100年というのはおそらくとてつもなく長い時間という意味だろう。


おわりに
明治以降、西洋近代文明を取り入れた日本社会は、急成長し現代では豊かな国となりました。「をのこ草子」は西洋の文明を取り入れた故に西洋の物質文明や価値観により日本人の心はしだいに失われることに危機を示す警告なのかもしれない。
またこの文を陰謀に置き換えて展開させている人もいるようです。(災害=3.11 異国=宇宙人説 雷電を益する=HAARP)
この書を公開した神道家の友清歓真は日本を学びつくし教えを説く、いわゆる保守派の人間。をのこ草子のような保守的な考えを持ってもおかしくは無い。この内容は日月神示と似ており、神道を学んでいるものなら内容は知っているはず。
そうなると友清が「江戸時代にあった書物」という体で作られた話であるかもしれない。
wonoko02

現代において書籍というのはさまざまなジャンルに対応される本がたくさん出版されている。
その中でも、自殺を教唆したとされる本がある。
今回紹介する本は、青木ヶ原樹海で自殺した人間の5割が持っているとされる「完全自殺マニュアル」を紹介したい。


概要
『完全自殺マニュアル』とは、鶴見済の著書である。1993年(平成5年)7月7日に、日本の太田出版から初版が発行され、主に10代から20代の支持を受けてブームを巻き起こし、100万部以上を売上げるミリオンセラーとなった。
本書に書いてあることは、クスリ、首吊り、飛び降り、リストカット、入水、凍死、焼死、その他など自殺の方法が解説されている。ジャンルそれぞれに苦痛、手間、見苦しさ、インパクト、迷惑、致死などの評価が五段階評価で表記されている。
その中の「自殺マップ」に書かれている青木ヶ原樹海のコーナーに「X・Y・Zゾーン」という場所がある。
その場所で自殺した人の遺留品にほとんどの割合で本書が傍らに落ちているという。


逃げ道
青木ヶ原樹海で自殺した人が持っていたと噂されるだけで、本当かどうかはわからない。
だが、本書が発売されてから自殺が多発したことには変わりないことである。
『「強く生きろ」なんてことが平然と言われている世の中は閉鎖的で息苦しい、息苦しくて、生き苦しい。
だからこういう本を流通させて「イザとなったら死んじゃえばいい」っていう選択肢をつくって閉鎖した世の中をちょっとは生きやすくしようってのが狙いだ。』
(本書抜粋)
本書は自殺を教唆しているのではなく、「無理に生きるよりも自殺という手段」というひとつの逃げ道があると考えて生きれば少しは楽に生きれるのではないかと訴えている。
完全自殺

海外では似たような本で、「Final Exit」や「自殺論」があるが本書同様有害図書に指定されている。

「漫画やアニメが未来を予言していた!!」なんてことはよくあること。
その中には、MMRのサリン事件やジョジョの9.11事件など世界に大きな影響を与えるシャレにならない事件まで予言されている。
今回紹介するのは、その中でも一際異彩を放つ「Sirial Experiments Lain(シリアルエクスペリメンツ レイン)」という現代のネット社会を現したアニメである。


アニメの内容
Sirial Experiments lain(以下Lain)にはアニメとゲームが存在する、どちらもネット社会とそこに佇む岩倉玲音(いわくら れいん)という少女が出てくる作品である。
アニメとゲームは「マルチメディア企画」といって同時期に公開されているが、内容はまったくの別物なのでどっちも見なくてはならないということはなく片方だけ見ても理解できる?内容となっている。
今回紹介するのはアニメのほうである。

『存在は認識=意識の接続によって定義され、人はみな繋がれている。記憶とはただの記録にすぎない。』という世界観のもとで繰り広げられる、14歳の少女・玲音(lain)をめぐる物語。リアルワールドとコンピュータネットワーク・ワイヤード(Wired = 繋がれたもの)に遍在する「lain」という存在について。
登場する舞台は高度ネットワーク社会。ごく一般のおとなしい少女の玲音だが、突如クラスメート中に先日自殺した少女四方田千砂からメールが届く。
それがきっかけで玲音はPCや情報に関するさまざまな知識を身につけると同時に奇怪な事件に巻き込まれることになる。
玲音は自分の存在とともにリアルワールドとワイヤードの「壁」を取り払い、どこにいても人は繋がっている社会形態を作り出し証明することを実現させる。


予言というか先見の明。
これだけいわれても「ん?」となる内容だが、公開された1998年という現代社会は一家に一台という時代ではあったが、今のようなコミュニケーションツールとしてではなく、メールは行うが基本的に仕事ととして使うのが一般的であった。
次第にレインはネットとリアルの区別がつかなくなる。これは現代社会でもネットワークが爆発的に普及し始めた時そうであった。知っている人は知っている「キレる17歳事件」「ネオ麦茶事件」である。
ネットワークがコミュニティ的な存在になったのが1999年あたりの「2ch」の誕生である。
2002年から2007年まで「Flash黄金時代」であり、そこから子どもから大人までネットがソーシャルに利用され「ネットとリアルの壁がなくなる」「人はどこでも繋がっている」ということ。
このアニメで現代を示唆しているところである。いまやネットが情報の発信地であり、さまざまな情報を得るためにはネットはなくてはならない存在となっている。まさに現代を描いているかのよう。
Lain02.png



ゲーム版
1998年3月10日から11月10日まで連載、テレビアニメはテレビ東京で同年7月6日から9月28日まで放送(半年遅れでテレビ大阪・テレビ愛知でも放送)され、第2回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した。プレイステーション(PS)用ソフトとして同年11月26日に発売されたゲーム版はトラウマゲームとして人気であり、今でもカルト的支持を誇っている。アニメ公開時にはそれほど人気がなく生で見た人というのはかなり少ないだろう。
パイオニアLDCという無名の会社がゲームを出し、出荷本数も少ないため今ではプレミアム商品となって高値で取引されている。
Lain01.jpg



小噺
Lainというのは一人ひとり解釈が違うのでストーリに関しての考察に正解がないのがこのLainの面白いところでもある。
ですので上記に描かれた考察が正しいというわけでもない。

1998年に放映されたテレビアニメ『serial experiments lain』を手掛けた小中千昭、安倍吉俊、中村隆太郎が再集結し、3人により描かれる新作『ですぺら』があるが中村氏が膵臓がんで亡くなったため、アニメ化の企画は凍結されている。


私は「Lain」も「ですぺら」も大好きな作品であり、アニメ化の話題が出た頃は誰も共有できる人がいないため独りで盛り上がってました。因みにローマ字でLainと打ってみてください。ですぺらに関する秘密も浮かび上がります。
「Close the world txen eht nepO」

今、話題騒然となっている謎の人物ELIZA。(イライザ)
みなさんがiPhoneをお持ちならSiriにELIZAの存在について、聞いてみては?


ELIZA001

昔話
今頃ELIZAが話題に上がるなんて、目の付け所がシャープですなぁ。
実はかなり昔からある名前。遡る事、いまから50年前。
1966年、まだ、世界にパソコン自体普及しておらず、インターネットがまだ、軍事利用専門だった時代。
ELIZAの原型はクライエント中心療法を目的とした、チャットプログラムとして開発された。(クライエント中心療法については後に記載)
プログラムの簡単な内容としては、例えば、「頭が痛い」と言えば「なぜ、頭が痛いとおっしゃるのですか?」などと返す。
つまり、「頭が痛い」は「”A”が”B”」と処理し、「なぜ~ですか?+”A””B”=なぜ、頭が痛いのですか?」と返答する仕組みになっている。ほかの言葉でもより人間らしい反応をするように複雑に作られている。

わかりやすく説明すれば、言葉の要所要所だけ抜き出し返答する、おしゃべりロボット


なぜ、今話題なのか!?
上記の話は都市伝説というよりプログラムの知識なのでみんなが知らないで当然の話題だ。
だが、ELIZAの拡張版である「Siri」が私たちの身近に存在する。

SiriにELIZAの質問をすると曖昧に返答が返ってくるらしい。
NEVARまとめでは、女性、精神科医、Siriの先生に当たる人物とまとめられている。
クライエント中心療法は精神科医というより心理学のジャンルにあたる。
女性というのは、ELIZAという名前である、ジョージ・バーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』の登場人物イライザ・ドゥーリトルにちなんだものである。彼女は上流階級のアクセントでの話し方を教えられる労働者階級の役であるため、女性であると考えられる。
感情をもつロボットは多数存在する、映画「THX1138」や「2001年宇宙の旅」、「アンドリューNDR114」最近だと「イヴの時間」など様々ある。
Siriはいわゆるパロディのパロディという感じだろう。
ELIZA Wiki
ELIZA効果 人間っぽい反応をするボット

*クライエント中心療法とは…。
無条件の肯定的関心、共感的理解、自己一致をどう実現するかが重視される。カウンセラーの態度条件を満たすためには、カウンセラー自身の自己実現が求められる事となる。
つまり、相談者側が悩みをしゃべり、それに対して、自分がどのような人間であるかを気づき、今後悩みをどう解決へと展開させていくか、クライアント自身に考えさせ自己理解させる療法。
クライエント中心療法

しかし、人の心理を扱うマシンとはたまげた物をつくるなぁ
機械が機械を操る時代になると、ほんとに人間は不必要になる。いくら近代化が進んでも機械に支配される時代になるのは避けたいものである。 記事を読む →

今では大人も子どもも楽しめる大人気ゲームの「ドラゴンクエスト(以下DQ)」にまつわる都市伝説
実は、DQの復活の呪文には様々な出来事を予言しているという。

復活の呪文とは、「ドラゴンクエスト」シリーズにおいて「冒険の書」が導入される以前のファミコン版「ドラゴンクエスト」・「ドラゴンクエスト2」で採用されていたパスワードによるコンティニュー方式である。
BOUKEN01


概要
1986年に発売されたドラゴンクエスト第一作から30年経った現在のあらゆることを予言しているという
予言しているとされる復活の呪文は「ドラゴンクエスト」では20文字、「ドラゴンクエスト2」では最大52文字で構成され、主人公の名前、経験値、所持金、持ち物、各種フラグなどが格納されている。
ゲームを終了したときに出てくる無意味な文字列をタイトルの復活の呪文に打ち込むことによって、ゲームを終了したところから再開できる仕組みとなっている。
その無意味な文字列の復活の呪文は時折意味を持つときがある。

「さいぼうも ういちどつくれ ずでつむお ぼかた」細胞もう一度作れず 詰む小保方
「やきそばに ごきぶりかいし ゆうでぶつ きえる」 ヤキソバにゴキブリ回収でブツ消える
「だめよだめ だめたいしよう えたりゆう こうご」 ダメよダメダメ大賞 得た流行語

さらに詳しく知りたい方はここ


それは本当に予言なのか?
DQは1.2に復活の呪文のシステムが採用されている。
復活の呪文はメモリーカードなどの記憶媒体がファミコンにはないため文字一つ一つに意味を持たせそれを文字列にする事よってデータが再現可能となる。
よってデータ1個につき「かな1文字」が適応されているため何を適当に押しても
文字が対応していれば成立する。詳しくはここ
なので都市伝説でよくある「米ドル紙幣のココとココをこう繋げるとこういう単語になり、これはフリーメイソンがどうだとか…」
というのと同じで、暇人がアナグラムを楽しんでいるだけに過ぎない。
それっぽい文章を20文字でつくって、それを面白いと思ならまだマシであるが、それを「予言だ!」「陰謀だ!」と本気で思うなんてばかばかしい話である。そんな人はオカルトまとめに行って、どうぞ。

しかも番組で取り上げているにもかかわらず「やりすぎコージー」はこちらのサイトの情報を無断転載しているとのことで批判を浴びている。

ちなみに、DQ1の最強装備は通称もょもと DQ2は通称ペペペ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。