2006年1月、ニューヨークの精神科に、ある1人の女性が訪れた。その女性は現実に逢ったことのない男が、しばしば夢に現れると言いモンタージュを描いた。そして数日後、今度は男性の患者が病院を訪れ、先の女性と似た話をした。男性が描いたモンタージュが、女性のモンタージュと似ていたというのだ。
この現象に興味を感じた精神科医は、モンタージュを同僚の医師たちに送ったところ、4人の患者が同様のモンタージュの男を描いたという。
そのモンタージュの男は『This Man』と名付けられた。
Thisman01.jpg
目撃した人たちは、『This Man』が夢の中に現れた時のことをこう証言している。
「『This Man』が夢の中で私のそばに座っていた」
「窓の外から、『This Man』が私をずっと凝視していた夢を見たことがある」
「私が夢で最初に彼に会った時、彼と恋に落ちていた」


捜索活動はインターネットだけでなくアメリカ、イギリス、ブラジル、イタリア、スペイン、ニュージーランドなどで、ポスターが貼り出されている。サイト運営者は、「『This Man』に遭遇して怖い思いをしている人を孤立させない」「世界中の人が同じ人物に夢の中で出逢う謎を解明する」この2つの目的のために、活動を続けていると伝えている。
Thisman04.jpg
Thisman02.jpg


この男はいったい…。
みなさんはこのおっさん見たことありますか?
この男は架空の作られた人物ではあるが元になった人物がいる。
イタリアのゲリラ・マーケッター、アンドレア・ナタレ(Andrea Natella)さん。実はこの男が噂を広めた張本人なのだ!!
Thisman05.jpg
噂を広めた原因は「世の中にデマが広がる速度」を調べるべく、自分の顔をイラストにして、適当にでっち上げたて、ネットに流したのだそうです。
すると、予想以上の速さでそれが世界中に拡散され、立派な都市伝説に成り上がってしまった。
まさにアンドレアさんの思惑通りになってしまったのだ。

テレビ東京「やりすぎ都市伝説」に取り上げられた際のtwitterの反応
Thisman俺も見たwww
this manにそっくりなヤツをつい昨日夢で見たけど、私はアメリカ軍の実験台だったのか。こわー!
ディスマン私の夢にもでてきたことあるきがする.....!くそこわ(;ω;)!

デマに引っかかったやつザマァーwww

「ゲリラ・マーケティングとは、低コストで慣例に囚われない手段(落書、ステッカー爆撃、フラッシュモブ)
を使った広告戦略であり、製品やアイデアを売り込むために度々局所的な場所もしくはインターネット上の大規模ネットワークで行われる。」
この言葉を知っていればこれが戦略とわかっていた人もいるかもしれません。


噂で大騒動
先ほどTwitterでだまされたやつザマーと書きましたが、それが普通なんです。
1938年(昭和13年)10月30日にアメリカのCBSラジオで、ハーバート・ジョージ・ウェルズ原作の「宇宙戦争(The War of the Worlds)」が、ラジオドラマとして放送された。
ニュース放送風にドラマを実況していたため、「アメリカ軍と火星人との戦いや、全米の各都市の被害状況を実況中継していくニュース」という形で放送したのである。放送終了時にはリポーターも含め登場人物のほとんどが死んでいった。
舞台となったニュージャージー州では、多数の人が家を飛び出し避難し火炎砲にそなえて濡れたタオルを持って逃げている人も多くいた。
隕石落ちた地点を探しに行ったり、教会に行って懺悔したり、ニュージャージー州のニューアーク市の警察にも電話は殺到し、などの問い合わせが一時間で880件も来た。
SENSOU01.jpg
SENSOU02.jpg
ちなみに火星人がこのような形で認識されたのも「宇宙戦争」がきっかけである。

詳しい話は除くが過去にこのようなアメリカ最大のお騒がせ事件が起こっていた。
口裂け女も同じ話で、噂話は広めようと思えばいくらでも広められます。

自分の周りの人、皆がこの話を知ったら。明日Thismanを見てもあなたは信用されないだろう。

カベドン (2)
壁ドンとは…
いまや若者で知らない人はいないと思うが復習しておく
ネットスラング(ネット用語)のひとつで壁を叩く行為を文字で示している。
正しくは上の画像のとおりで「隣の住人がうるさい時に音で警告をする行為」

現在ネット民から嫌われているTwitter民と呼ばれるTwtter利用者の中で流行している新たな「壁ドン」が存在する。
カベドン (1)
女性を壁にして片手や両手で行く手を塞いで攻め寄る男らしい()行為である。
上記の画像はそれの派生。


捻じ曲げられた壁ドン
壁ドンの正当な意味で利用すると必ず出てくるとされるとある企業がある。
それは格安でマンションを提供する「レ○パレス」という会社だ。
企業は検索をかけるとそういった意味でWeb上に引っかかると企業の信頼が落ちるため、民度の低いTwtterを利用し別の意味で流行るようし仕向けたんではないかとされると噂されている。


「アサヒる」事件
壁ドンにそういった噂がついたのには似た事件が存在するからだ。通称「アサヒる」(朝日る)
(1)事実を捏造して悪く言ったり笑ったりする。
(2)自分の利益のために、ごまかしてうまく立ち回る。
(3)麻薬などの薬物により酔った責任能力のない状態になること。
(4)売国をする。国を売る。
(5)まれに親韓派、親中派の行動を指して使われることもある。
(6)朝日が動詞化したもの。
(7)「朝日新聞社4億円所得隠し」判明により脱税するという意味も加わりました。

こういった意味で朝日が長期間に至って叩かれる時期あった。(当然だが…。)
朝日は事態を重大に受けとめ、さらに捏造した。
おもいっきりテレビで「アサヒる」について取り扱っていた。しかし本来の意味ではなく、「朝日新聞が政府に対して厳しい論調を書くことをアサヒるとインターネットで使われています。」と説明。


「サンゴ汚したK・Yってだれだ」
これだけに留まらず、朝日新聞はとんでもないことをやらかしてしまっていた。(KY事件
高さ4m、周囲20mという世界最大級のアザミサンゴとしてギネスブックにも掲載されたことがある珊瑚が傷つけられた6段抜きの大きなカラー写真が掲載された。
この記事では「沖縄県西表島のアザミサンゴに落書きがあることを発見した、として、以下のような日本人のモラル低下を嘆く新聞記事を掲載した。

地元の沖縄県竹富町ダイビング組合が「サンゴにこれまで傷は全くなかった、サンゴに書かれた落書きは、取材者によるものではないか」との抗議を寄せた。
その後の継続的な調査を経て「カメラマンが無傷の状態であったサンゴに文字を刻み付けた」との判断を発表し、ようやく虚偽報道であったことを認め、5月20日の朝刊で再び謝罪した。(Wikiより)

ここまで読んだ方にはもうお察しだろう。
今ではKYの意味はまったくもって変わっている。当時(平成初期)はギャルなど若者が新たな社会形態を築いていった時期である民度を利用した悪質と思われる行為であり、事件を上書きするかのように浸透してしまったことと、事件自体が20年も前のことであり、当初の意味は現在は一般的には知られていない。

KYの変化には完璧に朝日の仕業と証拠が不十分なので断言することはできない。だが大きな事件があった後なので噂が立っても不思議ではない。

楳図かずおのギャグ漫画である『まことちゃん』(平成版、1989年掲載)のエピソードのひとつに、このサンゴに傷を付けた「K・Y」を「ココロよくない人」として神様がこの世から消してしまうというものがある。
KY事件

お騒がせ議員、号泣議員といえば兵庫県の野々村竜太郎元県議である。
彼の号泣会見は世間やお茶の間に衝撃を与え、また、ニコニコ動画やYOUTUBEのトップに1、2ヶ月間載り続けるという偉業を果たした。
この会見の盛り上がりは以上でしたね。周りでもかなりはやってました。
もはや知らない人はいないこの会見、彼自身にも、会見にも謎があった…。


概要
彼が会見を行った理由は、政治活動費の不正使用問題だった。
300万を超える政治資金を様々な場所への視察、訪問に使ったという。


資金の行方
2011年(平成23年)分「西宮維新の会」、2012年(平成24年)分「西宮希望の女神」の政治資金収支報告書。2013年(平成25年)分「西宮最後の希望」はまだ公開されていない(今年11月公開予定)。これらはいずれも野々村氏の政治団体である。
平成23年分を見ると、野々村元議員本人が自身の政治団体に149万5千円寄付している。支出は一切なく、翌年に繰り越している。そして平成24年分を見ると、150万円を再び本人が寄付をしている。注目したいのは、寄付をしているのが本人のみだということと、その寄付の日付だ。
平成23年は年末の12月31日に、そして平成24年は年明けの1月1日に、それぞれ一括で寄付が行われている。
つまり平成23年の年末に入って資金ができたために、2度にわたって本人が寄付の150万円以下という制限の上限いっぱいの寄付を連日行っていたのである。では、この総額約300万円はどこから得た資金だったのかという疑問が出る。

また、この政治団体が野々村議員本人からの寄付以外に収入がないというのも、不思議だ。
野々村元議員は、税金が原資である多額の政務活動費を交通費として支出して関係者をまわり、切手を使って活動報告を大量に配っていたとい説明しただが、そうであれば、自然と個人的に活動を支援してくれる支持者ができ、政治資金として寄付または会費を支払ってくれるのが普通である。
しかし、下の収支報告書を見ると、本人以外の寄付も会費も一円たりともない。
「号泣会見で話題になった政務活動費の支出のうち、視察旅費については、領収書の写しが一切添付されなかったのは違法ですが、問題はそれにとどまらない。
例えば城崎温泉に視察したと報告されている去年9月2日は大雨でJRの特急電車がほぼ運休しており日帰りできる状態でなかったことが発覚しているし、そもそも自動券売機で領収書が発行されるのを知らなかったという弁明は、むしろ視察自体が全て嘘だったのではないか…。
代表も会計責任者も事務担当者も野々村元県議本人であり、それらを自分に支出していれば、野々村元県議本人が合計額149万5千円を受け取った可能性が考えられる。事務所費も自宅の使用料あるいはまた電話代として100万円受け取った可能性が高い。いずれもポケットマネーにしたのではないかとの疑惑も生じる。

野々村元県議の政務活動費の支出をめぐっては、兵庫県議会が虚偽公文作成・同行使の容疑で刑事告発している。
2011年 政治資金収支報告書
2012年 政治資金収支報告書


資金の行方は韓国!?
泣いて会見をしたものの訴えた内容は「私はがんばって当選した!!」「この国を変えたい!!」など自分のことであって肝心のお金の行方を結局は話していない。それは上記で不明金となった原因と証拠の詳細を挙げた。
当時、野々村元議員の会見は韓国のニュースですぐに報道されたという。
実は、これはかなりの異例事態である。他国の1地方議員が不正を犯しただけでニュースになることはこの日本でもまず取り上げない。
職員からここまで来た!!と会見で叫んでいたが、野々村氏は西宮ではなく川西市の職員。
要するに、川西市ならば地の利も人脈もあるのにもかかわらず、それを捨てて、わざわざ西宮で立候補したのである。
それは、兵庫県西宮市及び神戸市周辺は、日本の保守層の選挙地盤が非常にうすい土地であるということが挙げられる。もともと、中選挙区制の時は「旧兵庫県2区」であり、その時の選出議員に元社民党代表の土井たか子がいる。徹底して日本の保守性と、日本の軍備に対して反対した女性だ。その後、1996年に小選挙区制になってからは「兵庫県7区」で、社会民主党として選出されている。
土井たか子氏といえば、韓国名で李高順(リ・コウジュン)という名前を持っているのが有名。
日本の社民党は朝鮮労働党日本支部のようなものであり、今でも韓国と日本は右に左にと大きく揺れている。
さらに、「兵庫県3区(神戸市)」では、民主党の土肥隆一が選出されている。彼は、「独島は韓国のもの」として、韓国に行って韓国の民族衣装を身にまとい、韓国の国旗を振って韓国語の歌を歌っていた議員だ。それどころか、「独島は韓国のものである」という文書に署名までしてくる念の入れようだ。

本人が意図していたか、そうではないかは別にして、西宮という場所の選挙ということになれば、韓国を意識した政治活動をしなければならないということだ。その地盤の中で7人しかいない当選者の枠の中に入り込むということは、それなりの地盤が応援した形跡があるということに他ならないのである。
 このように考えると、不明金が多い理由やその不明金の流れた先は、なんとなく推測できるのではないだろうか? もちろん推測でしかないが、取り調べに対して「忘れた」というような返答しかできないのはなぜなのか?  それは支払った先などを隠さなければならないということではないだろうか?
もしかしたら上記の会費300万は韓国への裏金で流れたのではないのかと、考えられなくもない。


Wikipedia削除事件
彼のWikipediaがたびたび削除されるのも疑問だ。
NONOMURA001.png

2014年、前年度の政務調査費として約300万円を支出していたことが発覚し、同年7月1日に記者会見を開いた。
しかし、会見中に感情的になり、涙ながらに語る異例の記者会見となった。
会見では「誰ガデー! ダデニ投票シデモ! オンナジオンナジヤオモデェー!」「ンァッ! ハッハッハッハー! この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノヒホンァゥァゥ……アー! 世の中を……ウッ……ガエダイ!」と述べ、選挙での投票により日本の世の中を変えたいとの思いを語るなど、政治に対する志を涙ながらに主張した。また、高齢化問題についても「高齢者問題はぁ……グズッ……我が県のみンドゥッハッハッハッハッハアアアアァァ! 我が県のみンゥッハー! グズッ我が県のみならずぅう! 西宮……日本人の問題やないですかぁ……命がけでッヘッヘエエェエェエエイ! アァアン! アダダニハワカラナイデショウネエ……」と述べ、高齢化問題は県だけでなく国全体での取り組みが必要と指摘するとともに、この問題に対する意気込みを涙ながらに主張した。

上記のこれが原因で削除されたのではないか、と多くは思うであろう。
しかし、削除されたのは野々村氏の全体のページ。問題があるのであれば、その項目だけ修正すればいいものの全体を削除されているのが疑問。

本当に削除したかったのは画像の上記の項目。
つまり、表向きのお金の流れである。
Wikipediaは多くの情報が集まり多くの目が向けられる。つまり、不特定多数に短時間で情報を植えつけてしまうためにそういった情報がいずれ疑問視されるのを防ぐために何者かが常に監視し削除したのではないのだろうか。


おわりに
非常に長い考察でありながら、ほかサイトでも多々意見があったためまとめることが非常に難しかったです。
収支報告書は自分が簿記を知っていたおかげか見やすかったです。(というかこんなにスカスカな物は始めて見ました。)
まぁ、こんなんでも議員ってなれるんですねww

タイミング悪くて貼れなかった土肥隆一の発言

企業の裏ってほどでもないが企業が経費削減のために形を変えたり量を増減したりしているそうです。

この時期どこも苦しいのでどの企業も生き残るために頑張っているのです。


ビックマック
昔のビッグマックはゴマが300粒以上降られていたそうです。比べて現在は170粒前後とかなり少なくなったそうです。
実際に全店舗のビッグマックのゴマが減ったことで億近い経費削減ができたそうです。

うまい棒
お菓子の都市伝説で有名なのが「うまい棒」なにやら企業の景気によって長さが変わっているとか…。
10円という決まった価格の中で製造されているため、原材料費の価格変動に合わせその長さは常に予告無く変更されている。真ん中を貫く穴は、スナックの強度を上げ輸送中に製品が崩れる事を防ぐと同時に、見た目の容量アップと、中まで均一に熱を通すことで食感を良くするために空けられている。(Wikiより)

江崎グリコ
江崎グリコの代表キャラメルのギザギザの部分も経済状況によって変わっている。
1953年から1987年の間は大量生産によるコスト削減のため角型に変更されていた。1粒のカロリーは15.4kcal。(Wikiより)

Wikiって偉大だお(^ω^U)ワンワンォ
決して手抜きじゃないお、調べてもこれしかでなかったんだお~


雑学
これで終わっちゃ不甲斐ないので、上記企業の雑学でも紹介したい。
マックの原価
■ハンバーガー
価格…100円 原価…45円
■テリヤキマックバーガー
価格…260円 原価…78円
■ポテト(M)
価格…240円 原価…10~20円
■コーラ
価格…100円
原価…5円未満(紙コップと、カップのふた、ストロー、水、氷のみ)
■マックナゲット
価格…250円
原価… 5円/個 合計原価25円

江崎グリコ キャラクター
男性が両手と片足をあげているのが特徴的なイラストは、正式には「ゴールインマーク」という。一般には「グリコポーズ」と呼ばれ、グリコの顔として知られている。
o0345020011484758447.jpg

やおきん うまい棒キャラクター
うまい棒のパッケージにはドラえもんに似た二頭身で丸い頭のキャラクターが描かれている。名前は特に決まっておらず、「うまえもん」「ドヤエモン」「うまいBOY」などの愛称で呼ばれることがある。1978年9月13日生まれ、乙女座のA型で、遠い宇宙のとある星からやってきた異星人とされている。また、10年に1歳年をとり、趣味はコスプレとされている。
yaokin.jpeg
このキャラクターの詳細を記した情報などがやおきんに残っていないため
名前もキャラ誕生の経緯もいまだに不明だそうです。

有名な都市伝説ネタでもあるウォルト・ディズニーの冷凍保存の話
某有名都市伝説テラーSさんもテレビでは話すのを拒んでいたぐらいの話だ。
はたして彼は本当に冷凍保存されているのだろうか…。


概要
①1966年12月15日、ウォルトは当時の医学水準では治療が不可能なウイルス性の難病により死去した。葬儀は身内だけで執り行われたが、その場に彼の遺体は存在しなかった。ウォルトの遺体は密かに冷凍保存処理されていたからだ。その後、遺体は極秘裏にある場所に移された。それは、カリフォルニアのディズニーランドにある「カリブの海賊」の地下である。
21世紀に入り、ウォルトの罹患していた病気の治療法は確立されたが、遺体を解凍する技術が開発されていないので、今なおウォルトは冷凍されたまま眠り続けている…。

②医師に余命いくばくもない事を宣告されたウォルトは極度に死を恐れるようになり、友人の葬儀にも参列しなくなった。1966年12月15日、ウォルトは死去し、身内だけで葬儀が行われたが、その場に彼の遺体は存在しなかった。実は、ウォルトはまだ生きており、密かに自分の葬儀を見守っていたのだ。仮の死を迎える事により、本当の死を免れようとしたのだ。その後、ウォルトは生きたまま冷凍保存された…。

主に「死んでから冷凍」「生きたまま冷凍」の2つが囁かれている。


ディズニーの死の真相
ウォルトの死因はウイルス性の難病ではなく、肺がんに伴う急性の循環器不全と言う事です。主治医のバート・H・コットンの証言ではウォルトの左肺気道にがんが生じていたとの事です。
都市伝説ではウォルト・ディズニー氏の墓は冷凍保存のため無いとされていますが、実際にはロサンゼルスに存在します。


ジョーク記事から生まれたウワサ
このウワサの出所に突き当たりました。それは、一本の新聞記事でした。
ウワサを最初に流したのは、ナショナルスポットライトというアメリカの大衆紙に載った記事でした。
「ナショナルスポットライトの記者が、看護師を装ってウォルト・ディズニーが息を引き取ったセントジョセフ病院の霊安室に潜入したところ、ディズニーは金属製の円筒の中で眠っていた」という内容です。

なんともアメリカ人らしいジョークですねww
その後、イエローペーパーのミッドナイト誌が、「ウォルト・ディズニーは生きたまま冷凍されている」と一面のトップで報道し、ディズニー・アニメーションスタジオの資料係の話として生前のウォルト自身が大量の低温冷蔵資料を収集していたと伝えました。

イエローペーパーの与太記事を真に受ける人は、当時は殆んど居なかったと思いますが、ウワサがウワサを呼び、尾ひれがついて、いつしか都市伝説へと成長して行ったのでしょう。


ディズニーアニメーションスタジオのアニメーター、ウォード・キンボール氏は、こうした噂が流れるのを聞いて「いかにもディズニーらしい」と述べ、またウォルト自身ももっともらしく振る舞って生前から冷凍の噂を煽りたてていたそうです。
記事は、この辺から出てきたのだと思います。

冷凍保存されているとされる場所に「カリブの海賊」が選ばれたのは、ロスの「カリブの海賊」はウォルト自身が設計にかかわった最後のアトラクションであり、ウォルトの死後3ヶ月程でオープンした為、一緒に冷凍保存施設を作っていてもおかしくない―と思われたからでしょう。

人体冷凍保存のパイオニアと言われる「アルコー延命財団」が初めて人体の冷凍保存を行ったのが1976年、ウォルトの死後10年も経ってからです。つまり、ウォルトが亡くなった時点では、人体冷凍保存の技術はまだ確立されていなかったのです。

そして、「冷凍保存」を否定する決定的な証拠は、ウォルトの死亡診断書です。
ロサンゼルス郡の戸籍登録所にはウォルトの死亡診断書が保管されております。
それは、きちんと申請すれば誰でも見る事ができるそうですが、そこには「(ウォルト・ディズニーの遺体は)1966年12月17日にForest Lawn Memorial Parkで火葬されたと記載されています。死亡診断書に虚偽の記載はできません。
img_1.jpeg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。