今となっては知らない人はいないとされるゾンビの基礎を作り上げた「バイオハザード」シリーズ。
1996年にPlayStationで発売されて以来、シリーズ化され、携帯アプリも含めて様々なハードで商品展開されている人気タイトル。移植作品を含めた、2014年12月31日時点のタイトル数は93作品にも及び、全世界でシリーズ累計6,200万本以上を売り上げている。同社では本作のヒットを機に、基本システムを流用した他のシリーズ作品として、『ディノクライシス』『鬼武者』『デビルメイクライ』『カオス レギオン(一作のみ)』などといったゲーム群も発売している。
映画では興行収入9億ドルもの売り上げを上げているゾンビ界の金字塔ともいえるべき存在です。
今回はそんなバイオの裏話を紹介したいと思います。


バイオハザード1.5
バイオ2を製作する際に没となったデータが存在する。
その没データに関する動画が最近になって海外のファンによって流出した。
1.5に関する話は2の発売前から言われており、ファミ通がバイオ2販売前に1.5の写真を公開していたことが後に明らかになった。
当時ファミ通はゲーム情報の最先端を行っており、ネット情報よりもファミ通のほうがゲームに関して情報通だったといえる。
resident-evil-15.jpg
elza-walker.jpg
エルザ・ウォーカーの代わりに参加したのがクレアである。
バイオ2ではクレア編・レオン編という2つのパートに分かれているのだが、その交差するストーリーの末2人は行動を共にするのだが、エルザとレオンには接点が無いストーリーが構成されていた。
唯一のクレアとエルザの共通点は、エルザがレーサーでクレアがバイク好きであることだけである。
1.5の完成間近にバイオプロデューサーである三上氏は「面白くない」とのことで急遽1から作り直すことにしたそうです。
claire_bh2b.jpg
エルザのほうがカワイイッ!!

1.5同様に「3.5」・「64版バイオ0」の開発の没企画も流出している。
CAPCOMガバガバすぎんよ~


消えたキャラクターたち
バイオシリーズに裏話はつきモノだが、初代バイオはかなり試行錯誤して作られたそうで、企画時の画像や設定資料、コンセプトアートなんかもかなり流出している。
その中でも初代バイオのアートにこんなものがあった。
re1-cut-characters.jpg
Gezzler.pngDewey.png

"完成品に登場する主要メンバーはクリス、 ジル、 バリー、 レベッカ、 ウェスカーの5人だったが、 制作途中で消えたキャラクターが実は2人いる。一人は、 ゴリラのような体格をした白人で、 いかにも歴戦の雄といった感じの男。 かつての戦いで右目を失い、 そこには赤外線スコープ付きの義眼がはめ込まれている。力が常人より桁外れに強く、 重いものでも動かすことができたり、 重火器を使いこなせたりと、 頼もしい助っ人キャラクター。(当初、 吊り天井のイベントは、 この男のためにあった。この男が落ちてくる天を両手を挙げて支えている間に、 プレイヤーが吊り天井を止めるスイッチを探し2人で協力して危機を脱出するイベントだった)"米アンサイクロペディアより
黒人ではないがバイオ0に同名のキャラが存在し、ゲルツァーと似たようなな体格であるため、2人のキャラを参考に作られたのではないかと考えられるが、いまのところまったく関係はなさそうだ。


ミスから生まれたプレミア品
re-revelaitons.jpg
コレ見て一発でわかったらスゴイです。(そうでもないかも…。)
3DS版バイオハザードリベレーションズ。

これ実は表記ミスでパッケージの表面と側面を見てもらえばわかるが、「Revelaitons」・「Revelations」とIの位置を間違えたスペルミスが初回生産で発生したため、取替えサービスを行ったが、そのミスが反って値段が高騰し、プレミア品となった。
laitions.jpg
転売かな? 海外はやることが違いますねぇ


私が始めにバイオを始めたのは「ガンサバイバー」と「バイオ2」ですね。
バイオハザードシリーズは結構やりこんでますけどストーリは未だ把握できず…。

一番ハマったのがアウトブレイクなんで早くリメイクか市民の協力系のゲーム出してくれませんかねCAPCOMさん。
切実な願いです。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2016年あけましておめでとうございます。

犬を自殺に誘う謎の橋の正体

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)