「自殺をする」なんて無意味で愚かな行動は知的生命体のみである。と考えている人も少なくは無いだろう。
だがイギリスに次々と犬が自殺する橋が存在するのはご存知だろうか?
その名もオーヴァートン橋
Overtoun-Bridge-550x496 (1)


概要
スコットランドのダンバートン州のオーバートウンハウスにある橋は散歩中の犬が自殺することで有名であり
今までわかっているだけで5匹の犬が自殺しているとされている。
橋の名はオーバートンブリッジで、高さはおよそ13m。
犬は突如飛び降りており、理由は犬だけに聞こえる音が犬を誘導する、或いは霊に誘われるとか。

オーヴァートン橋はカルビン主義者の貴族、オーヴァートンにより1895年に建造された。それはビクトリアン様式で高さ約15メートル、オーヴァートン川の上にかかっている。
橋では犬が散歩中に橋から飛び降り、墜落死する事故が過去50年に50回も起きている。

1994年、地元で反キリスト教徒呼ばわりされていたケヴィン・モイという人物が、自分の息子である赤ん坊をその橋から放り投げ、その後同じ場所で自殺未遂をしたという。それ以来この橋には幽霊が出るようになったという都市伝説が存在する。

また、ケルト人神話では、オーヴァートンは天国に最も近い場所(シンプレイス)と呼ばれる場所で、霊界に近いとされているからだ。と表されている。犬達は人間より敏感に霊気も感知しやすいと考えられているので、ここで何かを察知し、奇妙な行動を引き起こすのではないかというものだ。
e6a589e8.jpg



自殺の事例
1960年代にイルカショーをドラマ化した「わんぱくフリッパー」の撮影後にイルカが自殺した話がある。
イルカのトレーナー曰く、ストレスだそうです。

動物の自殺といったら働きアリが永遠と渦を巻き死ぬまで行進し続ける「死の渦」「死の螺旋」「デス・スパイラル」と呼ばれる行動がある。
この行為については一時期原因不明だったが、アリのお尻から出るフェロモンを辿るため永遠とまわり続けることが判明した。


結局のところ
犬の心理学者の研究調査により、橋の下の藪にネズミ・リス・ミンクなどの強い臭いを放つ動物により興味を惹かれ飛び降りると結論付けた。
上記にも述べたが、犬は嗅覚・聴覚に優れており、地震や災害の予兆など人が感じ取れないものも感じ取ることができ、そういったエピソードは様々ある。

結局のところ、自殺行為をするのは今のところ人間だけですね。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

バイオハザードに関する裏知識

犯人検挙率100%か!? 脅威の捜査術

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)