上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

チャーリーチャレンジとは今世界中でブームとなっており、現代版こっくりさんと呼ばれる。
メキシコの悪魔を呼び出す降霊術らしい


「チャーリーチャレンジ」と「こっくりさん」
チャーリーチャレンジは現在世界中で社会現象を巻き起こしている。その波が日本にもやってきたのだ。
大まかな内容はこっくりさんと同様である。海外ではウィジャ盤といいます。
こっくりさんは降霊術のひとつであり、紙(又は盤面)に五十音を書き決められた場所に印を置きその上に複数人が指を多くといったもの。
ここでチャーリーチャレンジの遊び方を教えましょう。
Charlie-Charlie-Challenge-board-790x506.jpg
1. 紙の上に十字を書く。
2. メキシコの悪霊チャーリーが答えやすいように回答を書き込む(例: YESとNO)
3. 鉛筆2本を十字に置き、「Charlie Charlie, are you there?」と呼ぶ。
4. 重力のなんらかの作用で鉛筆が動く。
チャーリーを呼び出したらちゃんと帰ってもらいましょう。
「Charlie,Charlie,Can We Stop?(チャーリーチャーリーキャンウィーストップ?)」と聞いて、YESが出てから「グッバイ」と言ってお別れして下さい。チャーリーがなかなか帰ってくれない場合、
「Charlie,Charlie,Go Awey!!(チャーリーチャーリーゴーアウェイ!)」と強く言って、紙を破って下さい。
特徴としては、選択肢がYESかNOのみ、儀式を行う人が決して手を触れないということです。


チャーリーの真相。
オカルトマニアならご存知だと思うがコックリさんは緊張による、不覚筋動によって無意識に動いた指にみんながつられて動くといった科学的解釈が今のところ有力な説である。
上記に書いてあるような降霊術は私自身(勉強不足かもしれませんが)見たことがなく、ウィジャ版(1800年代)が出たころにはアステカ文明・マヤ文明はとっくに滅んでます。
そもそもアステカ神話(メキシコ)に降霊術は存在しない。さらに付け加えるとマヤ・アステカにYES・NO文字は存在しない。
Palenque_glyphs-edit1.jpg
またさらに付け加えるとチャーリーなんて呼びやすい名前アステカ神話にいねぇよ。
ケツァルコアトルとかテスカトリポカ、トラウィスカルパンテクートリなどの呼びにくい名前が多い。
このチャーリーチャレンジによりメキシコの学校が閉鎖されたり、アメリカかどっかで少女が惨殺されたりとかあるらしいがおそらくTHISMANと似たようなゲリラマーケティングの一種だろうと思われる。

なんだかんだで調べた結果。
チャーリーチャレンジは映画の宣伝のための前広告だということがわかった。

これは7月1日にワーナー・ブラザーズが全米公開予定の『Gallows』という映画のティザー映像です。


あきらかにデマってはっきりわかんだね。
ネタにマジレスしちゃってごめんなさい。
というかみんなもう遊んでるけどね。
tttt.jpg(画像です)
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「魔法少女まどか☆マギカ」で学ぶオカルト学

坂本龍馬が行ってきた数々の悪行を許すまじ!!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。