上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今回紹介するのは、怪談系都市伝説の金字塔ともいえる「ベッドの下の男」の話。
また、昔とは違う新しい情報や類話が未だ出て語られている…。


概要
マンションで一人暮らしをしている女性の部屋に友人が遊びに来た。部屋にはベッドが一つしかないので、自分はベッドに寝て、友人は床に布団を敷いて寝させることにした。夜も更けて寝ようとする女性に、突然友人は外へ出ようと誘う。あまりにしつこく誘う(コンビニに行こうと言いだし、女性が「一人で行けばいい」と言っても、どうしても一緒に行きたいと強引に誘うパターンが多い)のでしぶしぶ部屋を出ると、友人は血相を変えて彼女に「ベッドの下に包丁を握った男がうずくまっている」と言った、という話。
アンダー02


類話
この「ベッドの下の男」は似た話が多くさらに少し改変を加えるなどのバリエーションが豊富になっている。
斧を持っていたり、鎌を持っていたり、アイス買いに行くくだりがあったり、「明カリヲツケナクテヨカッタナ」の話と混じっているパターンも存在する。
「ベッドの下の男」に関する都市伝説はかなり類話が多く、源流となっているのがアメリカの都市伝説とされている。
アメリカでは実際に1912年に『ベッドの下の男』(The man under the bed)という題名の映画が制作されており、映画「ラストサマー」がこの映画の元ネタとされているが、過去に映画が出ているのでこれが元とは断言できない。
アンダー012012年の映画「Under the bed」
日本の鎌倉時代の説話集『古今著聞集』にも、旅人が通りがかりの空き家に泊まったところ、室内に鬼が潜んでいることに感付き、それとなく外に停めてある馬の様子を見に行くふりをして家を出て難を逃れるという、類似の説話がある。このことから妖怪研究家・山口敏太郎は、この都市伝説の発祥地がアメリカとは断言できないとしている。


実際に起きた話
2001年1月18日に女子大生の部屋に合鍵を使い留守中に家に侵入した31歳の男がベッドの下に隠れているところを発見され逮捕されるという事件が東京都中野区であった。
被害者の女子大生は玄関先に隠しており、それが男に見つかり、密かに合鍵を作られていたのである。


噂話から危機意識の向上へ
1994年に文京女子短期大学で行われたアンケートによると、既に当時の女子短大生たちの間にはこの話が浸透している。また1998年には雑誌『ダカーポ』9月号にて、20歳代のOLから自身の体験談として同様の話が投稿されているなど、話も急速に広がっている。
このことから社会風刺を混ぜたこの都市伝説が空き巣などの防犯対策にもなっており、都市伝説も防犯に一役に買っている感じになっている。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

現代を先見していた超カルトアニメ。

FBIが認めた!? 脅威の超能力探偵

comment iconコメント

comment avater

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年02月10日 14:07

comment avater

三月耶夜異

Re: タイトルなし


コメントありがとうございます。
全文読ませていただきました。

2015年02月13日 01:36

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。