上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

正直この妖怪を日本に分類しようか海外に分類しようか迷っている。
この妖怪の知名度が低すぎるためあまり書籍化される事がなく非常に資料が少ないためこのサイトで纏めたものを記事にしようかと思います。


アイヌの座敷童子
アイヌ地域(現在の北海道)の伝承にて空き家や古屋、長期の留守宅に現れる妖怪。
その姿は、必ず女性で髪がとても長く地に着くほど。手足も無く顔も見えない。
ぼろぼろのアットシ(木皮の繊維製の衣服)を身に纏い、空家や古い家などに現れる。人が眠っていると、胸や首を押し付けて苦しめるという。
もし、家の入り口などでアイヌカイセイを目撃した場合は、無言で家に入り、火のカムイ(神)に祈ってから、アイヌカイセイに供物を捧げて弔えば難を逃れられると言う。
十勝の地域では、死してなおこの世を彷徨う死者の魂がアイヌカイセイとなって人間に悪さをするという話が伝わっている。

『アイヌ』は『人間』・『カイセイ』は『死骸』の意味を持つ言葉であり、要は『死霊』という意味合いもあるのだろう。


某大手有名ゲームに出演!?謎の敵キャラ『アイヌカイセイ』
カダーバの浮沼に出現するモンスター。
なかなか強くHP吸収攻撃もある。因みに倒すとチンクエディアというかなり高価なナイフを落とす。
キャラも妖怪というイメージはあるが上記のような妖怪の姿はしていないので名前だけ取ったのであろう。
aynukaisei.jpeg


座敷童子との関係性
佐々木喜善(ササキキゼン)は『遠野のザシキワラシとオシラサマ』では座敷童子との関係性を「単に私だけの連想である」否定している。座敷童子は夜に寝ている人に対して必要に悪戯をしてきて来るのに対しアイヌカイセイは悪霊のように扱われ座敷童子のように家が盛衰するわけでもなし。むしろその逆だろうと私は考える。
アイヌカイセイはまだまだ謎がありそうな存在であろう。
アイヌカイセイは私も好きな妖怪であり、まだ絵巻やイラストなどが数少ないのが非常に残念でならない。


イラスト作ってくれる方へ
『萌えキャラで頼む!』

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

田中河内介の最後

伝承される森の妖精モイドン

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。