上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

学校の怪談と言ったらコレ!!
昔から今でも語り継がれる、都市伝説妖怪のトイレの花子さんをみんなと一緒に復習していきましょう。


概要
「誰もいないはずの学校のトイレで、ある方法で呼びかけると『花子さん』から返事が返ってくる」というもの。赤いスカートをはいた、おかっぱ頭の女の子の姿が最も有名である。白いワイシャツを着ているともいう。それ以外の噂の詳細は、地方により異なる。

最もポピュラーな噂は
「学校の校舎3階のトイレで、扉を3回ノックし、『花子さんいらっしゃいますか?』と尋ねる行為を一番手前の個室から奥まで3回ずつやると3番目の個室からかすかな声で「はい」と返事が返ってくる。そしてその扉を開けると、赤いスカートのおかっぱ頭の女の子がいてトイレに引きずりこまれる」というもの。

古くは1950年頃から流布されていた「三番目の花子さん」と呼ばれる都市伝説が原型であるとされる。1980年代頃から全国の子供たちの間で噂になり、1990年代には映画、漫画など、様々な作品に登場した。


ルーツ
「休日の学校に遊びに来ていた少女が変質者に追われ、トイレの3番目の個室に隠れたが見つかって殺害された」
「生前、父親から虐待を受けていた少女の霊で、おかっぱ頭はその時の傷を隠すため」
「福島県の図書館の窓から落ちて死んだ少女の霊」
「文京区小2女児殺害事件」

霊となる前の生前の人物像については、本名は長谷川花子で1879年生まれ、牛乳が嫌いで白系の色も嫌い、赤系と青系の色が好き、学校では卓球部に所属、花粉症などの情報がある。

日本では江戸時代から昭和初期にかけて厠神(トイレの神)の信仰が盛んで、赤や白の女子の人形や、美しい花飾りを便所に供えることで厠神(カワヤガミ)が祀られていた。戦後において厠神の信仰が廃れた後も、トイレに造花が飾られていることが多いのは、こうした風習の名残とみられている。トイレの花子さんの服が赤や白であること、名前が「花子」であるのは、こういった風習に由来するとの説もある。

トイレはきれいにしておくといい事があるとも風説がありますし、昔からトイレは特殊な場所であったことが伺える。
少し前にトイレの神様という歌も流行りましたね。
これも日本人がトイレへの特殊な観念があったからこそ
「トイレの花子さん」も「トイレの神様」もヒットしたのかもしれない。


バリエーション
花子さんに「遊びましょ」と呼びかけると「はーい。何して遊ぶ?」と聞かれる。この時、「首絞めごっこ」と答えると本当に首を絞められて殺されると続く場合も。

・山形県では、トイレを出る際「花子さん」と呼ぶと返事があり、嫌な声で返事をされたときには何か起こる、と伝わる。
・山形県の別説では、「花子さんの正体は3つの頭を持つ体長3メートルの大トカゲで、女の子の声で油断した相手を食べる」、というものもある。
・岩手県和賀郡黒沢尻町では、3番目の個室に入ると「3番目の花子さん」と声がして、床穴から白い大きな手が現れる。
・島根県では、花子さんと遊ばないと追いかけられる、と伝わる。
・神奈川県横浜市では、「女子トイレにハナコさん、さらに男子トイレにはヨースケさんがいて、呼びかけて3秒以内に逃げないと殺される」、「男子トイレで便器の周りを3回回って「ハナコさん」と呼ぶと、便器から血だらけの手が現れる」、と伝わる。
・兵庫県では、1番目のトイレには花子さんの父、2番目には母、4番目は妹、5番目に弟、男子トイレの2番目に祖父がおり、これらを呼ぶと「うちの花子に何か用か?」と聞かれる。ほかにも花男、小花子という名の親戚もおり、これら親戚筋のお化けの一族が毎年群馬県で集会を開き、その年の方針を決めている、ボーイフレンドに太郎というお化けがいて、深夜の学校の体育館でバスケットボールをしている。
・女子トイレのマークの消えかかった箇所を花子さんがペンで直していたので、「ご苦労さま」と声をかけると「日頃みんなを脅かしているお礼です」と言って消えた。
・大阪府では花子さんを呼ぼうとトイレのドアをノックすると、標準語で「危ないわね、やめなさいよ」と声が返った。
・少年が学校のグラウンドで転んで膝に小さな傷を負ったが、この傷に「花子菌」が感染し、傷口のかさぶたの下に小さなキノコが群生した。
などの話が伝わる。「花子さん」の噂は日本各地に広まっているが、これらの花子さんはすべて従姉妹同士との説もある。
花子さん以外にも「ゆきこちゃん」「みーちゃん」もいるらしい。

花子さんの撃退方法として、遭ったときは100点の答案を見せると悲鳴を上げて消え去るという説もある。


文京区小2女児殺害事件
1954年(昭和29年)に東京都文京区の小学校内で起こったヒロポン中毒者による殺人事件。当時は被害者の名前から「鏡子ちゃん事件」と呼ばれ、世間に大きなショックを与えた。

1954年(昭和29年)4月19日、東京都文京区の元町小学校で、2年生の細田鏡子ちゃん(当時7歳)が、授業の合間にトイレに行くと友人に言い残し教室から出て行った。授業が始まっても鏡子ちゃんは教室に戻ってこなかったが、担任は近くにある自宅まで忘れ物でも取りに戻ったのだろうと思い、大して気にかけなかった。しかし友人に言い残してから2時間経過しても鏡子ちゃんは戻らず、ようやく担任やクラスメイトが手分けして学校中を探し、正面玄関横にあるトイレ内で鏡子ちゃんは遺体で発見された。鏡子ちゃんは下着を口に詰められ暴行された上、絞殺されていた。

坂巻は静岡県の療養所で結核治療中だったが、ヒロポン中毒で問題ばかり起こしていて、事件当日も無断で外出して東京の友人宅に借金に行ったが、友人が留守だったため、周囲を散歩しているうちに小便がしたくなり、近所の元町小学校に入り、トイレを借りた。

当時、小学校は誰でも無断で入れる開かれた施設であり、特にトイレは公衆便所の役割を果たしていた。坂巻がトイレで小便をすませると、同じトイレ内で戸を少し開けて用を足している鏡子ちゃんを見て欲情して、いたずらしようと近づき、泣き出した彼女の口を塞ぎ、暴行して殺害した。

判決後、1957年6月22日 - 宮城刑務所で死刑執行。享年22。


まとめと個人的意見。
ほとんどの人が知らなかったであろう「文京区小2女児殺害事件」
だが上記にもある通り、トイレの花子さんの発祥を見ると、古くは1950年頃から流布されていた「三番目の花子さん」と呼ばれる都市伝説が原型であるとされるとしています。
事件の発生は1954年(昭和29年)4月19日、「三番目の花子さん」は1950年頃からなので「三番目の花子さん」が古く、
文京区小2女児殺害事件説は否定できる材料となる。
こちらの質問板では事件後に在学していた在校生の貴重な意見が書かれている。

「私の出身小学校は「鏡子ちゃん事件」の現場である文京区立元町小学校です。事件から10年後くらいに在学しましたが、「花子さん」のような話は全くありませんでした。
事件の起こったトイレの個室は、改装するまでは使用禁止になっていたと聞きますが、私の時にはもう他の個室と一緒でした。
一応、事件がらみの噂はありましたが、トイレに直接関連した噂では無かったです。
他の学校でどのように扱われたかは不明ですが、事件の現場ではそういう噂を流すことも憚(はばか)られるような状況でした。」


事件と都市伝説を結びつける点としては「トトロ都市伝説 狭山事件」がある。
トトロ都市伝説の件は共通点を結びつけた完全に後付け論だがこちらは共通点が少ない。
花子さんが霊となった原因としてルーツの中で挙げている、「休日の学校に遊びに来ていた少女が変質者に追われ、トイレの3番目の個室に隠れたが見つかって殺害された」というものも合致している点はあるが完全ではなく花子さんの元ネタといえる材料としては十分とはいえない。

完全な元ネタではなく、事件と3番目の花子さんがいい具合に合わさり、90年代に流行し現在にも語り継がれるトイレの花子さんが誕生したのではないかとも考えられる。

余談だが元ネタ説はもう一個あり加牟波理入道(がんばりにゅうどう)説がある。
鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』にある日本の妖怪、および日本各地の厠(便所)の俗信に見られるマニアック妖怪である。
大晦日の夜 厠にゆきて がんばり入道郭公 と唱ふれば 妖怪を見ざるよし 世俗のしる所也 もろこしにては厠神の名を郭登といへり これ遊天飛騎大殺将軍とて 人に禍福をあたふと云 郭登郭公同日の談なるべし
大晦日に厠で「頑張り入道時鳥(がんばりにゅうどうほととぎす)」と3回唱えると、人間の生首が落ちてくるといい、これを褄(つま)に包んで部屋に持ち帰って灯りにかざして見ると、黄金になっていたという話。

特定の学校のトイレで、ある方法で呼びかけると花子さんから返事が返ってくるなら、実際の事件よりは特徴が似ていると思うが、関係性はトイレというだけでかなり薄い。

噂を纏めてどれが本当かなんて判別するのはとても難しいですし、またそのうわさが変遷していくのを楽しむのも一興だと思います。

まぁ、なにはともあれ十四代目トイレの花子さん。
応援しているので頑張ってくださいッ!!
toire.jpeg(山口敏太郎タートルカンパニー所属)

さて、この記事だけで花子さんと何回書きこんだ事やら・・・。(^^;)
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ジョジョの奇妙な冒険に描かれた世界を揺るがす予言

某人気作品に描かれる悪魔の数字

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。