卵に鬼神と書いてタルギャルキシンという。
韓国においては日本で言う口裂け女ぐらいの代表的妖怪にあたる。
韓国にも学校の怪談というのがあり、その中のトイレにまつわる怪談に登場。
体の形は卵、細い足がついている。頭と足とが上下逆さまになっており、頭の部分が床をトントントンと叩きながら歩くというもの。卵鬼神は、結婚しないで死んだ女が鬼神となったものだという説がある。


怪談一覧
①ある女学生が、学校のトイレの、横並びになっている個室の一番最後(奥)のトイレに入っていた。
すると、誰かがやって来て一番最初のトイレをノックし、中に誰もいないとわかると「あっ、いない」と言い、トントントンという音をたてながら隣のトイレの前にやってきてドアをノックする。
そこにも誰もいないとわかるとやはり「あっ、いない」と言い、トントントンという音をたてて次のトイレに移る。
そのようにしてついには女学生の入っているトイレの前までやって来た。
女学生は、とても怖かったが一体誰がやってきたのだろうかと思って、トイレのドアの下側の隙間からそっと覗いてみた。
すると「あっ、いる」という声。隙間を通して学生とその不気味な者の目があったのである。
女学生は気絶してしまった(死んでしまったともいう)。音をたててやってきたのは卵鬼神であった。(山口敏太郎氏)

②あるとき二人の学生がトイレに入った。一人は用事をすませたが、もう一人は出てこない。
そこで待ちくたびれたほうの学生は、もう一人の入っているトイレの戸を開けてみた。
すると中で、卵鬼神(タルギャル鬼神)が友達を食べているではないか。驚いて声も出なかった。
卵鬼神は、「腹がいっぱいになったのでお前は食わない。今見たことは絶対に秘密にしろ」と言った。
それでその学生は卵鬼神と約束をしてトイレを出た。しかし、このときのことを誰かに話したくてたまらなかった。
その後、ある日、クラスの人々が運動場に出て、その学生ともう一人の学生が教室で留守番をすることがあった。
そのとき、その学生は、トイレでのことを話すか話さないか迷った末、結局横にいる学生に話してしまった。
すると、横の学生は、「話すなと言ったのに!」と叫んだ。


のっぺらぼう?
韓国もパクリばっかですねww まず韓国にも学校の怪談があること自体、卵鬼神を聞くまで知りませんでしたww
卵鬼神は日本で言う「のっぺらぼう」+「トイレの花子さん」にしたといった感じだろうか。
口裂け女の韓国版も「赤マスク」という名前にかわって広まっているんですね。
ちなみに韓国語で「달걀 귀신」と書きます。 Google翻訳で卵鬼と入力したら出てきました。
文字がわかったので検索を掛けてみると有名人の顔をのっぺらぼうにしただけの画像が大量にヒットします。
tarugyarukann.jpg
(ここは検索トップで有名人は写ってません…。)
ちゃんとGoogleKoriaで検索しましたよ!! 結構勇気が必要です。
tarugyarubinn.jpg
山口氏による卵鬼神はこのような姿らしいです。ちょっとカワイイですねww
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

企業の裏 経費削減の都市伝説

元モー娘。安田圭のマクドナルド伝説

comment iconコメント

comment avater

赤澤月光

はじめまして。
自分は、のっぺらぼう創作に、こだわりを持つもので、検索で、たどりつきました。
大変興味深い内容で、嬉しかったのですが、얼굴없는 사진で検索しても、
なぜか有名人の顔をのっぺらぼうにしただけの画像が、探せません。
楽しみなのですが、探し方にコツがありましたら、ぜひ教えていただきたいです。

2014年08月31日 20:52

comment avater

LIGHTGREENBIRD

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。
そちらで検索されているワード「얼굴없는 사진」ではKorianGoogleで検索しても有名人ののっぺらぼう画像は引っかかりませんでした。
そちらのワードは日本語訳いたしますと「顔のない写真(もしくわ絵)」となりました。

正確には「달걀 귀신」(卵鬼神)で検索していただけると出てくると思われます。

2014年09月02日 07:56

comment avater

赤澤月光

レス有難うございます。
そちらで試しても出てこないのは、何か原因がありますでしょうか?
有名人の顔をのっぺらぼうにしただけの画像、見てみたいですが、
リンク切れとかになってますでしょうか?
複数の場所でなければ、URLとか教えていただきたいです。

2014年09月03日 06:26

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)