上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

有名な都市伝説ネタでもあるウォルト・ディズニーの冷凍保存の話
某有名都市伝説テラーSさんもテレビでは話すのを拒んでいたぐらいの話だ。
はたして彼は本当に冷凍保存されているのだろうか…。


概要
①1966年12月15日、ウォルトは当時の医学水準では治療が不可能なウイルス性の難病により死去した。葬儀は身内だけで執り行われたが、その場に彼の遺体は存在しなかった。ウォルトの遺体は密かに冷凍保存処理されていたからだ。その後、遺体は極秘裏にある場所に移された。それは、カリフォルニアのディズニーランドにある「カリブの海賊」の地下である。
21世紀に入り、ウォルトの罹患していた病気の治療法は確立されたが、遺体を解凍する技術が開発されていないので、今なおウォルトは冷凍されたまま眠り続けている…。

②医師に余命いくばくもない事を宣告されたウォルトは極度に死を恐れるようになり、友人の葬儀にも参列しなくなった。1966年12月15日、ウォルトは死去し、身内だけで葬儀が行われたが、その場に彼の遺体は存在しなかった。実は、ウォルトはまだ生きており、密かに自分の葬儀を見守っていたのだ。仮の死を迎える事により、本当の死を免れようとしたのだ。その後、ウォルトは生きたまま冷凍保存された…。

主に「死んでから冷凍」「生きたまま冷凍」の2つが囁かれている。


ディズニーの死の真相
ウォルトの死因はウイルス性の難病ではなく、肺がんに伴う急性の循環器不全と言う事です。主治医のバート・H・コットンの証言ではウォルトの左肺気道にがんが生じていたとの事です。
都市伝説ではウォルト・ディズニー氏の墓は冷凍保存のため無いとされていますが、実際にはロサンゼルスに存在します。


ジョーク記事から生まれたウワサ
このウワサの出所に突き当たりました。それは、一本の新聞記事でした。
ウワサを最初に流したのは、ナショナルスポットライトというアメリカの大衆紙に載った記事でした。
「ナショナルスポットライトの記者が、看護師を装ってウォルト・ディズニーが息を引き取ったセントジョセフ病院の霊安室に潜入したところ、ディズニーは金属製の円筒の中で眠っていた」という内容です。

なんともアメリカ人らしいジョークですねww
その後、イエローペーパーのミッドナイト誌が、「ウォルト・ディズニーは生きたまま冷凍されている」と一面のトップで報道し、ディズニー・アニメーションスタジオの資料係の話として生前のウォルト自身が大量の低温冷蔵資料を収集していたと伝えました。

イエローペーパーの与太記事を真に受ける人は、当時は殆んど居なかったと思いますが、ウワサがウワサを呼び、尾ひれがついて、いつしか都市伝説へと成長して行ったのでしょう。


ディズニーアニメーションスタジオのアニメーター、ウォード・キンボール氏は、こうした噂が流れるのを聞いて「いかにもディズニーらしい」と述べ、またウォルト自身ももっともらしく振る舞って生前から冷凍の噂を煽りたてていたそうです。
記事は、この辺から出てきたのだと思います。

冷凍保存されているとされる場所に「カリブの海賊」が選ばれたのは、ロスの「カリブの海賊」はウォルト自身が設計にかかわった最後のアトラクションであり、ウォルトの死後3ヶ月程でオープンした為、一緒に冷凍保存施設を作っていてもおかしくない―と思われたからでしょう。

人体冷凍保存のパイオニアと言われる「アルコー延命財団」が初めて人体の冷凍保存を行ったのが1976年、ウォルトの死後10年も経ってからです。つまり、ウォルトが亡くなった時点では、人体冷凍保存の技術はまだ確立されていなかったのです。

そして、「冷凍保存」を否定する決定的な証拠は、ウォルトの死亡診断書です。
ロサンゼルス郡の戸籍登録所にはウォルトの死亡診断書が保管されております。
それは、きちんと申請すれば誰でも見る事ができるそうですが、そこには「(ウォルト・ディズニーの遺体は)1966年12月17日にForest Lawn Memorial Parkで火葬されたと記載されています。死亡診断書に虚偽の記載はできません。
img_1.jpeg
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

反原発を訴えるアーティストたち

怖い人が作る新聞

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。