上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4月12日にアンビリバボーで紹介され一気に有名となった都市伝説。
なので知っている方も多いのでは…。 一応、当館でも紹介しておきます。


事件の概要
1968年5月18日アメリカ・ケンタッキー州。ウィルバー・リドルという男性が、ジョージタウン近くの森でテントの生地のようなものでくるまれた若い女性の他殺体を発見した。
警察の捜査もやむなく、結局事件は迷宮入りとなった。
その身元不明の遺体は発見された状態を表した「テントガール」と名づけられ手厚く葬られた。


当時、高校3年生だったトッドは、ガールフレンド・ロリの家で古い雑誌を見つける。
そこに書かれていたのは、「テントガール」事件の記事。
その後、オカルト好きの彼はテントガール事件に興味を抱き独自に調べ始める。
遺体が発見された現場に何度も足を運び、事件の聞き込みをしたがだが、一向に身元に関する手掛かりは得られなかった。

1998年のある日、インターネットの行方不明者のサイトに投稿された中にあった、テントガールにほぼ一致する情報を見つけた。
ローズマリーという女性からの情報に目が留まった。それは、1967年に当時24歳だった自分の姉が行方不明になったままだという内容だった…。

トッドは、ローズマリーと何度かメールのやり取りをして、「テントガール」の事情と情報を伝えた。
そして、当時にはなかったDNA鑑定を行い、調査の結果はテントガールがローズマリーの姉バーバラ・アン・ハックマン・テイラーという事がわかったのです。
そのころには、テントガールの発見から30年の月日が経っていました。
テントガールはバーバラ・アン・ボビー・ハックマン・テイラーさん。
実際の年齢は1943年12月12日生まれで、亡くなった時は24歳でした。

犯人の容疑がかかっていた、夫のアールは、有力な容疑者とされながらボビーの身元が判明する11年前の1987年10月に病気で亡くなっていたのであった。
結局、アールが犯人であったかどうかは、未だに不明のまま。
30年の歳月を経て、ボビーさんはようやく家族の元へ戻ることが出来たのです。
tennto.jpg



TENTOG.jpg
元の墓石の下にはバーバラ・アン・ボビー・ハックマン・テイラーさんの名前が刻まれた墓石が付け加えられています。
しかし、ボビーさんのように身元が分かるケースは極めて稀です。アメリカでは、10万人の行方不明者がおり、少なくとも約6000体の身元不明の遺体が発見されています。

一人のオカルトオタクが未解決事件を解決したわけです。
トッドさんの熱意はすばらしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いろは歌に隠された想い

マレーシア航空機失踪事件

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。