上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

都市伝説の一環として知られるこの話。
都市伝説なのだが本物が証明されているので小ネタとしてで紹介したいと思う。
ジャッキーチェン出演の「酔拳2」を知らない人のために解説。
(というより一回映画を見てからこの記事を読むのをお勧めします)
「酔拳2」(すいけんつー、原題:醉拳Ⅱは、1994年に製作された、ジャッキー・チェン主演のアクション映画。
ジャッキーが1978年に主演して世界中でヒットとなった『ドランクモンキー 酔拳』の続編。但し「2」を名乗っているものの、時代設定や登場人物については継承しておらず、酔拳2から見ても大丈夫である。


カットシーン(映像あり)
問題のカットシーンは最後の最後EDの一部分である。
本作のオリジナル版(香港公開版)は、
ジャッキーこと黄 飛鴻(フェイフォン)が国宝密輸を阻止するために、工業用アルコールを飲み、酔拳を使い見事密輸阻止に成功する。その後フェイフォンを表彰するために新しい警察署長・董驃(トン・ピョウ)が、彼の家に表敬の額を持参して訪問し、両親らと記念撮影をするが、肝心のフェイフォンがいない。署長は両親から「フェイフォンは、酔拳を使うために工業用アルコールを飲んでしまったため、目が見えなくなってしまった」との説明を受け、家の庭まで案内される。そこではフェイフォンが下男に珍妙な稽古を付けていた。署長は両親から「盲人拳の練習だ」と説明を受けるが、下男は「フェイフォンは、目だけでなく頭もおかしくなってしまっている」と説明する。次の瞬間、フェイフォンが顔を歪めて舌をペロペロと出し、手足をひきつらせて笑いながら近寄ってきた。フェイフォンは工場で酒の代用に工業用の油を飲んで戦ったために狂人になってしまっていた。その有様を見た一同が驚きの悲鳴を上げるシーンでジ・エンド。
かなり衝撃的な映像でありカットして正解だと見た後に思うだろう。そう思わせるジャッキーの演技も評価すべき点だろう。非常にブラックなオチがついている。
このくだりについては、後に出版された書籍で「酒を飲むと罰が下るという宗教上の理由」とされている。

主人公が発狂するというブラックジョーク的な結末について、香港で発売されたLDおよび中国本土で発売された初期DVDには収録されていたものの、日本を含むアジア圏では、工場戦のラストで仇敵ジョンを倒した後に泡を吹くシーンから直接エンドロールに繋ぎ、アメリカでは、警察署長が額を持参してウォン家を訪れ、フェイフォンの両親と記念撮影をする場面で切って(オリジナル版ではこの後で狂ったフェイフォンが登場する)、エンドロールに繋ぐという短縮編集が行われている。




小ネタの小ネタ
主人公ウォン・フェイフォン(黄飛鴻)は当時実在した中国武術の大家であり、彼を主人公にした映画は数知れず制作されている。なお本作の監督であるラウ・カーリョンは、実在のフェイフォンの弟子の孫であり、数多くの映画などで過大に装飾されていったフェイフォンについて、実在の当人の伝承を最も正確に伝える人物の一人である。

では最後に酔拳2の名シーンと共にお別れしましょう。

さよなら。さよなら。さよなら。
69fb5f66417d6419f441b9884b033df0_400.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不易流行し続ける口裂け女伝説。

Q33NYCと9.11の関連性

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。