上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

映画ポルターガイストの「呪い」の話はかなり有名かもしれません。全3シリーズ中、あまりにも多くのキャストやスタッフが亡くなったのである。
1作目の公開直後に長女ダナ役のドミニク・ダンが交際相手に殺害され22歳で死去。
2作目のケイン牧師役ジュリアン・ベックが公開前に胃癌で死去。
2作目の祈祷師テイラー役ウィル・サンプソンが公開翌年に腎臓疾患で死去。
2作目の監督ブライアン・ギブソンが2004年に悪性骨腫瘍の一種であるユーイング肉腫で死去
1から末娘キャロル・アン役でシリーズ3作品に出演したヘザー・オルークが3作目の撮影直後に12歳で急死。3のサブタイトルが「少女の霊に捧ぐ」に題された。


幼くして亡くなった少女
12歳という若くして亡くなったヘザー・オルークという少女。
彼女なくしては「ポルターガイスト」ヒットしなかっただろう…。
彼女の死因は未だに謎であり、20年以上経った今でも原因不明の急死となっている。
初めは足のむくみで風邪だと思われていたが、次第に悪化し原因不明の腸疾患であるクローン病と診断された。
3作目の撮影は薬物療法による治療中だったが、関係者も彼女が病気だとは思わなかったという。
1988年1月31日の夜、突然気分が悪くなり、翌日の朝はトーストを口にすることができず、ゲータレードでさえ喉を通らなかった。母親が彼女の指先が青くそして冷たくなっていることに気付き医者に連絡。次第に意識が薄れていく中でも学校のことを心配していたという。救急車の中で心肺停止となり、2月1日午後2時43分、搬送先の病院で死亡した。
ヘザーオルーク


出演者が立て続けになくなる奇妙な映画として世間からは「呪いの映画」「ポルターガイストの呪い」と称され、この映画は3部作にて幕を閉じた…。
へザー・オルークは不可解な死でなくなっているが、その他の出演者はどうだろう。
すこし呪いとは言い難い「交友関係のもつれ」や「病気」で亡くなっているではないか…。
まぁ、同じシリーズの映画に何人も死者が出たら呪いと言いたくなるのも分からない気もしないが、一部では「偶然の一致だろう…」という考えもあるようだ。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ミンキーモモと地震の関係

両性具有の疑いあり!?ジェイミーの噂

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。