かつて青森県の山中に、杉沢村という村があった。昭和の初期、「一人の村人が突然発狂し、村民全員を殺して自らも命を絶つ」という事件が起きた。誰もいなくなった村は、隣村に編入され廃村となり、地図や県の公式文書から消去された。しかし、その廃墟は悪霊の棲み家となって現在も存在し
そこを訪れた者は二度と戻っては来られない……。

テレビに何度も紹介されるほどの大定番杉沢村伝説について紹介しようと思う。

この伝説は元々、青森県の一部でのみ知られていたが、後にインターネット上で話題になり、さらに2000年8月24日放送のフジテレビ系バラエティ番組『奇跡体験!アンビリバボー』の特番で取り上げられたことで全国的に広まった。
同番組では数回にわたり「杉沢村」の特集を行ったが、最後まで村の正体が分からず、「杉沢村は時空の歪みの中に存在し、現われたり消えたりする村である」と結論づけた。なぜかオカルトじみてきましたね。


正確には「杉沢」ではなく「小杉」という地名であった。現在の青森市郊外にあたる「小畑沢」という地区の小字で、「杉沢村」というのは小杉地区の通称であった。
小杉地区は実際に廃集落となっているが、原因は「過疎により限界集落を通り越して消滅したため」で、「明治以降の青森県内で、大量殺人事件があった」という記録は無い。

この伝説は1938年(昭和13年)に岡山県で発生した「津山事件(津山三十人殺し)」に酷似していることから、これがこの伝説の大元ではないかという説もある。
現在、一般的に最も広く知られている「杉沢村跡地」とされる場所は個人の私有地となっている。
個人の私有地であるが、白い鳥居があり、髑髏(骸骨)石というものとプレハブの管理棟が存在する。


もうひとつの杉沢村伝説
1977年11月10日に岩手県下閉伊郡柿の木村風道集落において発生した
5家12人と福島県羽代市の若い女性ハイカー1名が犠牲になった。犠牲者は、男性5名(子供1名)、女性8名(子供2名)。勇敢な秋田犬1匹も犯人の凶刃に倒れた事件。通称、柿の木村大量殺人事件
その村での地区在住13名のうち、生存者は僅かに8歳の少女1名のみであった。
死因は全て鉈のようなものによる斬撲殺であり、性的陵辱や物取りの痕跡はなし。
純粋な殺人である。日本有数の過疎地ということもあいまって、事件が発覚したのは翌日になってからである。

森村誠一の小説『野性の証明』に登場する、「大量虐殺事件が起こった岩手県の「風道」という集落」のモチーフがこの伝説である、とする説もある。
そのほかにも友貝という集落で一家8人殺しという事件を引き合いにされるがそのような事件は戦後の事件簿記録を探そうとしても見つからない。


結局。伝説の実態はつかめないものだった…。
cool031.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

恐怖!!犬鳴村伝説

『激動の昭和』突如名乗り挙げた天皇事件

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)