上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

みんなは海外の妖怪って言ったら何が頭に出てくる?
頭でっかちなフランケンシュタイン
それともウルヴァリンみたいな狼男かい?
最近日本で知名度が高くなったスレンダーマン?
いいや、違うね!!
今回紹介するのはみんな大好きな吸血鬼の話だ!!
もう吸血鬼を知らない人なんていないだろうが今の吸血鬼の概念は昔とは違うんだ(根本的には変わってないが)
なのでべっとりこびりついた固定概念を捨て去るためにもみんなでおさらいしよう。
51Z.jpg


吸血鬼の概要
吸血鬼といえばヴァンパイア、ドラキュラを連想されると思う。だが、ドラキュラは物語で出てくるもので、ヴァンパイアの方が正確である。 吸血鬼は鏡に映らず、 太陽光・ニンニクを嫌い、十字架・聖水を恐れ倒すには胸に白木の杭を打ち込むか昼間に焼き払うしかないといわれている。


吸血鬼の起源
なぜ吸血鬼伝説が生まれたのだろうか。 その一つの理由としてペストによる黒死病などの疾病が流行した時に 昏睡状態のまま埋葬された人々がいたということも影響しているという。後日、掘り出してみると墓の中でもがいた跡があったため、 死者が生き返ったという噂が広まったというのだ。
いまでも海外だと埋葬されてから数日後に目を覚ますなんてことは稀にあるらしい。
日本でもそういった事があるが埋葬する前に火葬する習慣が日本にはあるので息を吹き返してもそのまま焼くのだとか…。急激な炎で筋肉が委縮し棺桶が動くという説もある。


リアルヴァンパイアの話
夜な夜な現れて美女の血を吸う、吸血鬼ドラキュラ。吸血鬼としてのドラキュラは小説の中の話ではあるが、この吸血鬼のモデルとなったのはれっきとした実在の人物。
ブラド・ツェペシェ公爵と言い、つけられたあだ名は「串刺し公」。歴史上でもかなり残虐性が目立った人物である。
彼の異常なまでの残虐性は、例えば1464年、当時、ハンガリーに駐在していたローマ教皇の使節ニコロ・モドルシエンセがバチカン宛に送った報告書の中にも見ることができる。
「反逆者の処刑の方法であるが、ある者は裸にされて生きたまま、内臓が見えるまで皮や肉を剥(は)がれ、またある者は真っ赤に燃える炭火の上であぶり焼きにして殺された。またある者は、頭や胸、尻、あるいは腹の真ん中など、場所を問わず串刺しされ、ある者は垂直に立てた杭に肛門から突き刺され、その杭が口から飛び出していた。」
彼にはこれだけじゃない伝説も残っている
ある日ブラド・ツェペシェ公爵は、自分の城に地元の貴族を数百人招き、彼らに色々と問いかけをしている最中、自分の質問に対して数人の貴族がバカにしたような笑いを漏らした瞬間、公爵は右手をあげて部下に合図を送った。
すると公爵の部下が広間になだれ込んできて500人以上の貴族がその場で引っ立てられ、宮殿の中庭で串刺しの刑に処された。といったものだ。
処刑中のツェペシェ公爵はワインを飲みながら肉を食べ、血の匂いとその光景を楽しんでいたという。


若返りの血
ここで疑問なのが彼は血を吸っていないただの殺戮者ではないか!!何故ヴァンパイアは血を吸うんだ!?
そこでもう一人の人物がでてくる…。
魔術に取りつかれた女エリザベート・バートリだ。
彼女はハンガリーのトランシルヴァニア地方の 貴族であるバートリ家で産まれた。 15歳で結婚するが、夫は騎士 であるため、留守が多く、不満がたまっていたという。 最初は召使の若い娘達に虐待を行い、その後、若い娘の 血が若返りの薬であるという信仰に取り付かれた。 彼女は若い女性を集めては、針を刺し、首元を切り、 その血を浴びていたという。また、鉄の処女(アイアン・メイデン)という 有名な拷問器具も用いていた。 これは両腕がゆっくりと動き、 人形の前に立っている相手を抱き寄せる仕組みになっている。 もちろん、その腕の扉には杭が付けられている…、犠牲者は実に600人以上、これに加担した人物は 処刑されたが、彼女は貴族であったので、死ぬまで禁固刑に科せられた。
lt.jpeg
↑鉄の処女(アイアンメイデン)
20080919_324197.jpg
エリザベートは映画の出演も決まったのかな?


他にも吸血鬼の原型やモデルとなったものは様々ある。
ゲームの話になってしまうがエリザベートを元にしたキャラが存在する。
それは「リンダキューブアゲイン」に現れるエリザベス・グリーン
130110_1.jpg
年齢不詳とされる謎の女社長エリザベス。
ストーリを進めていくと次第に分かってくるのが彼女が年をとっていない事
そしていつも持っている赤ワイン
bd5b35e2.jpg
最終的にはこんな姿になってしまう。
エリザベートは小説や漫画・ゲームのモデルとなるほど異端で魅力のある存在なのである。
この吸血鬼伝説は"信仰が引き起こした悪夢"なのかも知れない。 また、吸血鬼伝説は何かしらの病気とも関係していると考えることも出来る。


ヴァンパイア病
通称ペラグラと呼ばれる病気あり、ペラグラはトウモロコシを主食とする地域でよくみられる。
代謝内分泌疾患の一つで、ナイアシン欠乏症である。Pellagraはイタリア語で「皮膚の痛み」を意味する。
ペラグラは、ナイアシン不足に加えて日光に当たることによって発症する。まず光線過敏症が生じ、顔に左右対称の赤い発疹が出る。1900年代まで謎の奇病として扱われていたそうです。

でも人肉とか血液とか飲んじゃうと「クロイツフェルト・ヤコブ病」っていう脳の認知病にかかるからみんな興味があっても食べないようにね。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

医学への興味が生んだ悲しき"怪物"

人類奴隷化も夢ではない「ブルービーム計画」

comment iconコメント

comment avater

-

ヴァンパイアになりたいがために来てみましたww

2015年03月26日 15:15

comment avater

三月耶夜異

Re: タイトルなし

引きこもりのニートで中二病でオカルトマニアという九蓮宝燈みたいにきれいに揃ってるときっとなれますよ

2015年03月29日 12:00

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。