上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この話の事件の発端は1951年の5月、フィリピンのマニラ。ある裏通りをパトロール中だった警官に、いきなりある女性が走り寄ってきて腕にしがみつき助けを求めてきた。「助けてください!誰かが私に噛みついてくるんです!!」
助けを求めてきたのは18歳の娘で、クラリータ・ヴィラニューヴァという女性だった、だが警官がよく聞いてみると、噛みついてくるといっても相手の身長も顔も服装も分からない。男か女かさえ分からない始末だ。
話を聞き終わった警官は、クラリータを麻薬中毒患者かいたずらかと思いまともに相手にしなかったが、クラリータは必死に訴え続けた。「ウソじゃないわ!ほら!この傷を見てよ8か所も噛んだ傷があるでしょ!」

ところが、警察署の一室に入ると、クラリータがまた叫び始めた。
「ほら!またあそこにいるわ!黒い何かが私に噛みつこうと迫ってくるの!助けて!!」
その瞬間彼女は床の上にひざまついて倒れた、今度は警察官の見ている前で肩と腕に髪傷がいくつも現れ始めた。
傷からは血が滲みでて唾液のようなものがべっとりと付いていた。
その衝撃的な瞬間を目にしたけ威圧感たちは是認青ざめてすぐに警察署長と検察医が呼ばれた。
初めは信じようともしなかったが、クラリータの体を見てみると全身に10か所以上もの傷があり、自分では噛めない首の後ろにまで噛み傷があったことから調査の必要性を認めた。

署長の判断で、この晩 クラリータは警察署で保護されることになったが、その翌朝、事件は再び起こった。突然、「噛みつかれる」と叫び声を上げてクラリータが逃げまどう。警官が保護するようにクラリータ両側についたが、警官の見ている目の前で、クラリータの手、腕、首筋に噛み傷ができて血がにじみ始めた。警官達も見えない怪物を振り払おうとしたが、何も手ごたえはなかった。クラリータは恐怖のあまり、そのまま気を失ってしまった。この事件は警察署内で大騒ぎとなり、ついには当時のマニラ市長アルセニオ・ラクソンまで知るところになった。

警察はクラリータを一人にするため独房の中に入れたが、三度 事件は起こった。クラリータが叫び声を上げた。署長や検察医、市長などが見ている目の前でクラリータの身体に歯形が食い込み、血が噴き出した。警察官が怪物を追い払おうとして攻撃を加えたが、全く手応えがなく、腕、肩、脚など、次々にクラリータの身体に歯形が現れ、血が流れた。

これを最後にクラリータに起こった怪事件は収束したが、クラリータが言う「黒い怪物」とは、どんなものだったのだろうか。黒い怪物が実在したかは分からないが、この事件が起きたことは事実である。


資料に残った謎の現象
数限りなく報告がある怪奇現象、多くは信憑性に乏しい信用に足らないものだが、ここに紹介する事件は1951年のマニラ警察署の特殊事件簿にNo.108号として公式に記載されている。

この話はポルターガイストの一環とした現象であると考えられている。
ポルターガイストには二つの概念が考えられている。
「心霊主義的解釈」「超心理学的解釈」である。
前者は心霊体験などの一般的な生命の死後存続。幽霊や怨霊といったある一種の霊魂が引き起こす超常現象である。
後者は思春期の少年少女といった心理的に不安定な人物の周辺で起きるケースが多いとされており、その人物が無意識的に用いてしまう念力(反復性偶発性念力 RSPK)によるものとする説もある。そういった能力を有する者が無意識的に物を動かし「ポルターガイスト現象」を発生させてしまう、とする考え方。
難しい話。一言で片づけるならESPってこと。


私が感じた事
この記事を書くきっかけとなったのがPS3ゲーム「BEYOND:TWO SOULs」
ゲームの内容としては、2つの魂を持って生まれ、霊体と交信できるという特殊な能力を持つ主人公「ジョディ・ホームズ」の15年にわたる軌跡の物語。

ここであまりゲームの内容には触れたくないがこのゲームのクリア記念に記事を投稿しました。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人類奴隷化も夢ではない「ブルービーム計画」

CMカットに隠された真実

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。