現代において書籍というのはさまざまなジャンルに対応される本がたくさん出版されている。
その中でも、自殺を教唆したとされる本がある。
今回紹介する本は、青木ヶ原樹海で自殺した人間の5割が持っているとされる「完全自殺マニュアル」を紹介したい。


概要
『完全自殺マニュアル』とは、鶴見済の著書である。1993年(平成5年)7月7日に、日本の太田出版から初版が発行され、主に10代から20代の支持を受けてブームを巻き起こし、100万部以上を売上げるミリオンセラーとなった。
本書に書いてあることは、クスリ、首吊り、飛び降り、リストカット、入水、凍死、焼死、その他など自殺の方法が解説されている。ジャンルそれぞれに苦痛、手間、見苦しさ、インパクト、迷惑、致死などの評価が五段階評価で表記されている。
その中の「自殺マップ」に書かれている青木ヶ原樹海のコーナーに「X・Y・Zゾーン」という場所がある。
その場所で自殺した人の遺留品にほとんどの割合で本書が傍らに落ちているという。


逃げ道
青木ヶ原樹海で自殺した人が持っていたと噂されるだけで、本当かどうかはわからない。
だが、本書が発売されてから自殺が多発したことには変わりないことである。
『「強く生きろ」なんてことが平然と言われている世の中は閉鎖的で息苦しい、息苦しくて、生き苦しい。
だからこういう本を流通させて「イザとなったら死んじゃえばいい」っていう選択肢をつくって閉鎖した世の中をちょっとは生きやすくしようってのが狙いだ。』
(本書抜粋)
本書は自殺を教唆しているのではなく、「無理に生きるよりも自殺という手段」というひとつの逃げ道があると考えて生きれば少しは楽に生きれるのではないかと訴えている。
完全自殺

海外では似たような本で、「Final Exit」や「自殺論」があるが本書同様有害図書に指定されている。
スポンサーサイト

皆さんは古事記とは何か知っていますか?
最初はイザナギ・イザナミだと思ってませんか?
古事記と日本人には今でもかなり深いかかわりがあることと、そして日本にどのような影響を与えているのか私の個人的な解釈付で解説していきましょう。


はじまりのはじまり
天地開闢01
この世界がはじめて天と地に分かれた時、(天:神の国 地:人間の国)高天原(たかまのはら)という場所に三柱の神が生まれた。天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)高御産巣日神(たかみむすひのかみ)神産巣日神(かみむすひのかみ)これらの神は造化三神(ぞうけさんしん)と呼ばれ一番初めに生まれたとされる神である。
続いて、二柱の神が生まれた。宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)天之常立神(あめのとこたちのかみ)造化三神と二柱を合わせて別天津神(ことあまるがみ)と呼ばれ最上格の神とされる。

つづいて、国之常立神(くにのとこたちのかみ)豊雲野神(とよくもののかみ)が生まれ、さらに五組十柱(男女一対)の神々が誕生する。
宇比地邇神(うひぢにのかみ) 須比智邇神(すひぢにのかみ)
角杙神(つのぐひのかみ) 活杙神(いくぐひのかみ)
意富斗能地神(おほとのじのかみ)  大斗乃弁神(おほとのべのかみ)
於母陀流神(おもだるのかみ) 阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
伊邪那岐神(いざなぎのかみ) 伊邪那美神(いざなみのかみ)
天地開闢02
上記の七組十二柱を総称して神世七代(かみのよななよ)という。

そして、高天原に「葦の芽」が伸び葦原中国(あしはらのなかつくに)が誕生する。(人間の国)
それと同時期に葦原中国から伸び、黄泉国が誕生する。(死後の国)
これを天地開闢(てんちかいびゃく)という。

神様がポンポン出てきてよくわからないかもしれないが
イザナギ・イザナミ以外の神はここで出番は終了で、次からは一切出てきません。


他教との違い
ユダヤ、キリスト教の聖典、旧約聖書「創世記」には神が7日間で世界をつくるが、日本と海外の神の捉え方の違いというのは天地開闢からきていると考えられる。

これは神道全体の話だが、創世記は神1人(人間であるかどうかすらわからない)が天と地、光と影など様々なものをつくるのに対して、古事記は神様一人ひとりに役割があり、その神が代表としてそれらを守っている(祀られている)。
これは、日本人の考えている八百万の神という考えの発端であると考えられ、事や物、ひとつの行動に対しても日本人は敬意を払い重んじる心がある。
さらに、神道には教祖や創始者はおらず聖典などの書物も少ないため実際には宗教ではない。
神社は万物に宿る一つ一つの魂(森羅万象)を祀る場所であり、イエス・キリストなど一概にコレといえるものを崇ているわけではない。神社で行われる祭りなどは、豊作を祝う豊穣祭、災害や人やモノの魂を鎮める鎮魂祭など自然を対象としている。
このように日本や日本人がどのように形成されていったのかを物語風に読み解くのが日本書紀や古事記であり、古事記、日本書紀は昔から今までの日本人の考え方や政に多大な影響を与えていったのである。

また、私の記事がきっかけで古事記や古典の面白さに気付き、興味を持ってくれたら幸いです。

「漫画やアニメが未来を予言していた!!」なんてことはよくあること。
その中には、MMRのサリン事件やジョジョの9.11事件など世界に大きな影響を与えるシャレにならない事件まで予言されている。
今回紹介するのは、その中でも一際異彩を放つ「Sirial Experiments Lain(シリアルエクスペリメンツ レイン)」という現代のネット社会を現したアニメである。


アニメの内容
Sirial Experiments lain(以下Lain)にはアニメとゲームが存在する、どちらもネット社会とそこに佇む岩倉玲音(いわくら れいん)という少女が出てくる作品である。
アニメとゲームは「マルチメディア企画」といって同時期に公開されているが、内容はまったくの別物なのでどっちも見なくてはならないということはなく片方だけ見ても理解できる?内容となっている。
今回紹介するのはアニメのほうである。

『存在は認識=意識の接続によって定義され、人はみな繋がれている。記憶とはただの記録にすぎない。』という世界観のもとで繰り広げられる、14歳の少女・玲音(lain)をめぐる物語。リアルワールドとコンピュータネットワーク・ワイヤード(Wired = 繋がれたもの)に遍在する「lain」という存在について。
登場する舞台は高度ネットワーク社会。ごく一般のおとなしい少女の玲音だが、突如クラスメート中に先日自殺した少女四方田千砂からメールが届く。
それがきっかけで玲音はPCや情報に関するさまざまな知識を身につけると同時に奇怪な事件に巻き込まれることになる。
玲音は自分の存在とともにリアルワールドとワイヤードの「壁」を取り払い、どこにいても人は繋がっている社会形態を作り出し証明することを実現させる。


予言というか先見の明。
これだけいわれても「ん?」となる内容だが、公開された1998年という現代社会は一家に一台という時代ではあったが、今のようなコミュニケーションツールとしてではなく、メールは行うが基本的に仕事ととして使うのが一般的であった。
次第にレインはネットとリアルの区別がつかなくなる。これは現代社会でもネットワークが爆発的に普及し始めた時そうであった。知っている人は知っている「キレる17歳事件」「ネオ麦茶事件」である。
ネットワークがコミュニティ的な存在になったのが1999年あたりの「2ch」の誕生である。
2002年から2007年まで「Flash黄金時代」であり、そこから子どもから大人までネットがソーシャルに利用され「ネットとリアルの壁がなくなる」「人はどこでも繋がっている」ということ。
このアニメで現代を示唆しているところである。いまやネットが情報の発信地であり、さまざまな情報を得るためにはネットはなくてはならない存在となっている。まさに現代を描いているかのよう。
Lain02.png



ゲーム版
1998年3月10日から11月10日まで連載、テレビアニメはテレビ東京で同年7月6日から9月28日まで放送(半年遅れでテレビ大阪・テレビ愛知でも放送)され、第2回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した。プレイステーション(PS)用ソフトとして同年11月26日に発売されたゲーム版はトラウマゲームとして人気であり、今でもカルト的支持を誇っている。アニメ公開時にはそれほど人気がなく生で見た人というのはかなり少ないだろう。
パイオニアLDCという無名の会社がゲームを出し、出荷本数も少ないため今ではプレミアム商品となって高値で取引されている。
Lain01.jpg



小噺
Lainというのは一人ひとり解釈が違うのでストーリに関しての考察に正解がないのがこのLainの面白いところでもある。
ですので上記に描かれた考察が正しいというわけでもない。

1998年に放映されたテレビアニメ『serial experiments lain』を手掛けた小中千昭、安倍吉俊、中村隆太郎が再集結し、3人により描かれる新作『ですぺら』があるが中村氏が膵臓がんで亡くなったため、アニメ化の企画は凍結されている。


私は「Lain」も「ですぺら」も大好きな作品であり、アニメ化の話題が出た頃は誰も共有できる人がいないため独りで盛り上がってました。因みにローマ字でLainと打ってみてください。ですぺらに関する秘密も浮かび上がります。
「Close the world txen eht nepO」

今回紹介するのは、怪談系都市伝説の金字塔ともいえる「ベッドの下の男」の話。
また、昔とは違う新しい情報や類話が未だ出て語られている…。


概要
マンションで一人暮らしをしている女性の部屋に友人が遊びに来た。部屋にはベッドが一つしかないので、自分はベッドに寝て、友人は床に布団を敷いて寝させることにした。夜も更けて寝ようとする女性に、突然友人は外へ出ようと誘う。あまりにしつこく誘う(コンビニに行こうと言いだし、女性が「一人で行けばいい」と言っても、どうしても一緒に行きたいと強引に誘うパターンが多い)のでしぶしぶ部屋を出ると、友人は血相を変えて彼女に「ベッドの下に包丁を握った男がうずくまっている」と言った、という話。
アンダー02


類話
この「ベッドの下の男」は似た話が多くさらに少し改変を加えるなどのバリエーションが豊富になっている。
斧を持っていたり、鎌を持っていたり、アイス買いに行くくだりがあったり、「明カリヲツケナクテヨカッタナ」の話と混じっているパターンも存在する。
「ベッドの下の男」に関する都市伝説はかなり類話が多く、源流となっているのがアメリカの都市伝説とされている。
アメリカでは実際に1912年に『ベッドの下の男』(The man under the bed)という題名の映画が制作されており、映画「ラストサマー」がこの映画の元ネタとされているが、過去に映画が出ているのでこれが元とは断言できない。
アンダー012012年の映画「Under the bed」
日本の鎌倉時代の説話集『古今著聞集』にも、旅人が通りがかりの空き家に泊まったところ、室内に鬼が潜んでいることに感付き、それとなく外に停めてある馬の様子を見に行くふりをして家を出て難を逃れるという、類似の説話がある。このことから妖怪研究家・山口敏太郎は、この都市伝説の発祥地がアメリカとは断言できないとしている。


実際に起きた話
2001年1月18日に女子大生の部屋に合鍵を使い留守中に家に侵入した31歳の男がベッドの下に隠れているところを発見され逮捕されるという事件が東京都中野区であった。
被害者の女子大生は玄関先に隠しており、それが男に見つかり、密かに合鍵を作られていたのである。


噂話から危機意識の向上へ
1994年に文京女子短期大学で行われたアンケートによると、既に当時の女子短大生たちの間にはこの話が浸透している。また1998年には雑誌『ダカーポ』9月号にて、20歳代のOLから自身の体験談として同様の話が投稿されているなど、話も急速に広がっている。
このことから社会風刺を混ぜたこの都市伝説が空き巣などの防犯対策にもなっており、都市伝説も防犯に一役に買っている感じになっている。

今はあまり大きく取り上げなくなったが、一昔前では、超能力による捜査がテレビでよく撮影や中継がされていたことは皆さんはご存知だろうか?
その中でもよく出てくるのは超能力による透視(ESP)だ。
そのESPの伝説的人物ともいえる人物を紹介しよう。


後天性超能力者
彼を有名にした事件は「シャロン・テート殺人事件」である。1969年、映画監督ロマン・ポランスキーの妻でハリウッド女優のシャロン・テートがハリウッドの自宅で友人を含め4人でパーティーをしていたところ、暴漢に襲われ全員が惨殺される事件が発生した。
殺害当時シャロンは妊娠8ヶ月であった。彼女は殺害の際に、子供がいるから助けてと哀願したというが、暴漢はナイフで16箇所を刺して残忍な殺され方をした。
事件の犯人は狂カルト集団チャールズ・マンソン率いるマンソン・ファミリーによる犯行だった。
その事件の捜査に協力し解決に導いた人物こそ超能力探偵ピーター・フルコスである。
ピーター・フルコス001シャロン
左:ピーターフルコス 右:シャロン・テート

ピーターはオランダのペンキ職人の家に生まれ、父の後を追い自らもペンキ職人となった。
だが1943年に仕事中に梯子から足を踏み外し10mほどの高さから落ちてしまう事故に遭い意識不明の重体となった。
3日間の昏睡状態を経て彼が見たものは、同じ病院の入院患者がイギリスのスパイでゲシュタポによって捕まり殺される様子がうっすらと脳裏に映し出された。これが彼が初めて体験した透視だった。
彼はハーグ市内の見世物小屋で超能力を使ったショーを行い日銭を稼ぐ日々を送っていた。
彼のショーは日を追うごとに話題となり、やがてオランダ中にその名が轟くようになった。
だが、そこに突如オランダのリンブルグ市の警察が現れ、極秘捜査である児童殺しの捜査協力を要請してきたのだった。
殺害された子どもの衣服から加害者の特徴を的確に当て、それが犯人逮捕へとつながったのだ。
これがきっかけとなり、見世物小屋のショーマンから、一躍超能力探偵の地位を確立する。

そこから彼は探偵として、1950年のイギリスで発生したエリザベス女王の戴冠式において、戴冠式で使用するための歓待石が盗難にあった、英国王室の宝石強盗事件・1964年のボストン連続強姦殺人事件において犯人像と移住地区を言い当てていた。
ただし1960年代の連続絞殺魔事件においては、誤認逮捕を誘因していた。
彼が透視し解決に導いた事件は数多い。彼は第36代アメリカ大統領リンドン・ジョンソン第40代アメリカ大統領ロナルド・レーガンなどの各国の政治家から賞賛を受けている。
ピーターフルコス002当時のLIFE記事


ESP小噺
今回は前回と違い後天性に能力を得た人を記事にしてみました。
なにか大きな障害やショックを受けるとこういった超感覚的知覚能力(ESP)が開花するという事例はたまにあるそうです。

ちなみにESPER(エスパー)はSF用語であり、ESPは第六感と類意義であり、とくに区別はないそうです。

あまり関連してないのですが、前の記事の最後のほうで紹介したゲームもESPと軍研究機関が舞台となっているのでESPについて詳しく知ることができます。