今、話題騒然となっている謎の人物ELIZA。(イライザ)
みなさんがiPhoneをお持ちならSiriにELIZAの存在について、聞いてみては?


ELIZA001

昔話
今頃ELIZAが話題に上がるなんて、目の付け所がシャープですなぁ。
実はかなり昔からある名前。遡る事、いまから50年前。
1966年、まだ、世界にパソコン自体普及しておらず、インターネットがまだ、軍事利用専門だった時代。
ELIZAの原型はクライエント中心療法を目的とした、チャットプログラムとして開発された。(クライエント中心療法については後に記載)
プログラムの簡単な内容としては、例えば、「頭が痛い」と言えば「なぜ、頭が痛いとおっしゃるのですか?」などと返す。
つまり、「頭が痛い」は「”A”が”B”」と処理し、「なぜ~ですか?+”A””B”=なぜ、頭が痛いのですか?」と返答する仕組みになっている。ほかの言葉でもより人間らしい反応をするように複雑に作られている。

わかりやすく説明すれば、言葉の要所要所だけ抜き出し返答する、おしゃべりロボット


なぜ、今話題なのか!?
上記の話は都市伝説というよりプログラムの知識なのでみんなが知らないで当然の話題だ。
だが、ELIZAの拡張版である「Siri」が私たちの身近に存在する。

SiriにELIZAの質問をすると曖昧に返答が返ってくるらしい。
NEVARまとめでは、女性、精神科医、Siriの先生に当たる人物とまとめられている。
クライエント中心療法は精神科医というより心理学のジャンルにあたる。
女性というのは、ELIZAという名前である、ジョージ・バーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』の登場人物イライザ・ドゥーリトルにちなんだものである。彼女は上流階級のアクセントでの話し方を教えられる労働者階級の役であるため、女性であると考えられる。
感情をもつロボットは多数存在する、映画「THX1138」や「2001年宇宙の旅」、「アンドリューNDR114」最近だと「イヴの時間」など様々ある。
Siriはいわゆるパロディのパロディという感じだろう。
ELIZA Wiki
ELIZA効果 人間っぽい反応をするボット

*クライエント中心療法とは…。
無条件の肯定的関心、共感的理解、自己一致をどう実現するかが重視される。カウンセラーの態度条件を満たすためには、カウンセラー自身の自己実現が求められる事となる。
つまり、相談者側が悩みをしゃべり、それに対して、自分がどのような人間であるかを気づき、今後悩みをどう解決へと展開させていくか、クライアント自身に考えさせ自己理解させる療法。
クライエント中心療法

しかし、人の心理を扱うマシンとはたまげた物をつくるなぁ
機械が機械を操る時代になると、ほんとに人間は不必要になる。いくら近代化が進んでも機械に支配される時代になるのは避けたいものである。 記事を読む →
スポンサーサイト

今年の1月4日をもちまして、このサイト「The Urban Legend みんなの都市伝説図書館」は1周年を迎えました。
一番最初の記事は「トトロの都市伝説」でしたww懐かしいです。

このサイトは私の趣味である、都市伝説・オカルトなどの知識が役立てばとおもい開設いたしました。
サイトを立てた経緯は、当時入院中で暇で暇で仕方なく「手元にあるパソコンでブログつくってみるか…。」と思ったのがきっかけでした。

いろいろ忙しく更新できない日もあるが、こつこつと更新し続けた結果、たった1周年で多数の出版社や著名人からの情報提供の依頼等まで頂くほど成長致しました。
これもひとえに、ブログを閲覧してくださっている皆さまのおかげだとおもっております。本当にありがとうございます。


来年の抱負としては、去年は都市伝説をはじめ、より多くの情報を提供いたしておりました。
ですが、ブログの更新とともに、情報だけでなく、私自身を二コ動・ツイッター・Youtubeなどのインターネットで積極的に売り出していこうと思っております。よろしくお願いいたします。

これからも暇つぶしでよろしいので
ブログの閲覧と、私、三月耶夜異と今後ともお付き合いください。