私がこの話をはじめに知ったのは「あしたのジョー2」の最終戦。
最強と謳うホセ・メンドーサがジョーとの試合では壮絶な打ち合いだったが何度も立ち上がるので試合は未判定になり廃人になりつつも立ち上がるジョーの執念にしだいに恐怖を感じ、反則行為におよぶほど精神的に追い詰められて試合終了後は白髪になる。
もう一つとして「北斗の拳」のレイも白髪になる。
新血愁を打たれ死ぬ間際のレイが力を引き出すために心霊台の秘孔を打つ。
その際に激痛によりレイの髪が白髪になる。
これを見て私は「人はとんでもない衝撃を受けたら白髪になるんだ!」と思ってました。

もうひとつショック→白髪が広まった原因がある。それは「ベルサイユのばら」である。
オスカルとアンドレにフランス革命でボコボコにされた後、監獄でのマリー・アントワネットは美しい金色の髪が一晩で白くなっていた…。
marry2.jpg

といったものやはりこれらの話で
男の子は「あしたのジョー」や「北斗の拳」
女の子は「ベルサイユのばら」
男女混合。みんなにこうしてこの都市伝説が一般的に広まったとされています。


この話はホント?それともウソ?
この都市伝説は長年考察されてきましたが、「空想科学読本」著柳田理科雄先生が解決してくれた。
髪・爪は「生きた細胞組織から分泌物されたもの」であっても、「生理活性」を失ったものだから、
体の状態に併せてリアルタイムで変化しないです。爪も髪も栄養を取り入れないし生態活動に伴う排泄を「しない」、「もうできあがった」モノです。
色素を運ぶような管もないし神経も通ってないし、虫や甲殻類の体の「殻」のようなもので、節足動物は「脱皮して脱いだ古い殻の下の新しい殻」が「別の色」ということはあるにしろ、古い殻自体の色が大きく変わりはしないしそれと似たようなものです(殻の下の「肉体」そのものの変化が、「殻を通してでも、伺える」ということはあるでしょう)

現実はじょじょに白髪になっていく(同じ一本の髪の途中から色素が抜けはじめて)か生え変わりで
新しいのが色素のない髪として生えるとか。

…だそうです。
o0053007310507762143.jpeg

つまり髪一本一本に神経が通っていないし色素が通る管も組織もなく、たとえ白髪になったとしてもいったん全部髪の毛が抜けてからではないと不可能な話だという。


中国にこんな話がある…。
白髪三千丈、縁愁似箇長。不知明鏡裏、何処得秋霜。〔白髪(はくはつ)三千丈、愁いに縁(よ)りて箇(か)くの似(ごと)く長し。知らず明鏡の裏(うち)、何(いず)れの処(ところ)よりか秋霜(しゅうそう)を得たる。〕
訳文
乱れて伸びたこの白髪(しらが)、これも心の憂さのため、鏡に映る己(おの)が顔、どこから来たか霜(しも)のおく老いの影。
李白(りはく)詩にこのような事が記されている。
憂いが重なって毛髪が白くなったという意味で、日本において主に用いられる意味に変化したものと思われる。
「三千丈」は、約九〇〇〇メートル、もちろん多い、長いということを示す形容で実際の長さをいうのではない。

結果この都市伝説は「ウソ」だが、やはり昔から「心の変化は体に現れる」という話はあるんですね。
20110322151853.jpg



私だけでしょうか…。
ダッドリーの元ネタはホセメンドーサでしょうか?
images-horz.jpg
スポンサーサイト

この記事は不謹慎をネタにして紹介しています。
実際の事件の被害者並びにこの記事に関して気分を害される前にブラウザバックをお勧めします。
それでも閲覧される方は注意してご覧ください。


上九一色村といっても今の10代の人はピンと来ないと思います。
その名前を聞くだけでも、嫌悪感を抱かれるかたもいるでしょう。

山梨県西八代郡に存在する上九一色村はいたって豊かな村だった、松本智津夫(麻原彰晃)が現れるまでは…。
世界を震撼させた「オウム真理教」が本拠地を置いた村。それが上九一色村である。


信者でない人のための真理教解説。
オウム真理教(オウムしんりきょう、AUM Shinrikyo)は、かつて存在した日本の(新興)宗教団体。
1996年(平成8年)1月に宗教法人としての法人格を失ったが活動を継続。2000年(平成12年)2月には破産に伴い消滅した。同時に、新たな宗教団体アレフが設立され、教義や信者の一部が引き継がれた。アレフは後にAlephと改称され、また別の宗教団体ひかりの輪が分派した。
つまり「Aleph」はオウム真理教の分散した信者が集った団体である。

1984年(昭和59年)、麻原彰晃(本名・松本智津夫)は後に「オウム真理教」となるヨーガ道場「オウムの会」(その後「オウム神仙の会」と改称)を始めた。この頃、オカルト系雑誌の『月刊ムー』が、このオウムの会を「日本のヨガ団体」として取材、写真付きの記事を掲載していた。この写真は座禅を組んだまま跳躍するもので、後に同教団が言う所の「ダルドリー・シッディ(空中浮揚の原型)」とされる。(Wikiより)
o0053007310507762143.jpg
これ以上は長くなるので端折る
ムーのおかげで知名度が高まり、信者が続出。
そこから勢いをつけるように1990年には真理党を結成し、政界進出しようとするも見事に落馬。そこに怒りをぶつけるが如く予言をし始める。最終戦争「アルマゲドン」・第三次世界大戦
その中で雄一当ったのが阪神淡路大震災。
この予言が的中し信者続出、自分に不都合な人間・気に入らない人間は殺して工作していた。
信者が逃げようとするとイニシエーションと称しLSD(麻薬)や電気ショックなどでマインドコントロール。洗脳を行っていった。
儀式「ナルコ」は、チオペンタールという麻酔薬を使い、意識が朦朧としたところで麻原に対する忠誠心を聞き出すもで、麻原はしばしば挙動のおかしい信者を見つけると林にナルコを命じた。
最終的には地下鉄にサリンをばらまいてテロ起こし逮捕され「オウム真理教」は解散した。

これでも短くしたつもりだが長くなったな。


信者が制作した同人ゲーム
このゲーム一本でオウムの軌跡が辿れるすばらしい作品です!!
上九一色村物語を語るのはまたまた長くなるので、動画だけで紹介したいと思う。
百聞は一見になんちゃらというであろう!!
(閲覧注意!!各自自己責任で閲覧ください)


内容はオウム真理居教経営SLGと言ったところだろうか。
しかしこのゲームかなり評価されたものでPC-98ながらも本物の動画を大量に詰め込んだり当時ではなかなか音質のいい(洗脳)BGMを挿入するなど技術のシステムも出来がいいものとなっている。
このほかにも麻原や地下鉄サリン事件を原題にした「麻原の野望」が存在する。
このゲームでは麻原の娘たちもイベントとして出てきている。
麻原の野望
(プレイ動画が実況しかありませんでした。)


尊師に授けられたホーリーネーム
麻原氏の子供は12人いてその中の6人は松本知子(マハーマーヤ)の子
つまり麻原氏は尊師という地位の力を借りて一夫多妻制を採っていた
長女:アジタナーター・シャクティー・デゥルガー 
次女:アジタナーター・カーリー
三女:アジタナーター・ウマー・パール・ヴァ-ティ・アーチャリー 
四女:迫害で小中といじめに遭い、学校関係者からも罵倒されていた。オウムや一家と絶縁し、自殺未遂を繰り返す。ネットカフェ難民やホームレスのような生活をしながらも贖罪の道を模索している。『私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか』の著者
村井秀夫: マンジュシュリー・ミトラ 早川紀代秀:ティローパ
井上嘉浩:アーナンダ 新実智光:ミラレパ
土谷正実 ヴォーディサットヴァ・クシティガルヴァ(サリン製造者)
麻原さんはこれ全部覚えていたんっすかね?
オウムの一番の力はやはり高学歴者の信者をかき集めた事。それが一番の軍事力になったのかもしれません


麻原ミュージック一覧
個人的に気に入ったオウムの曲を記載していきます。
尊師のマーチ:教団用の曲
彰晃のマーチ:選挙用の駅前宣伝に使用された曲
SSAの歌:教団関係のフィットネスクラブで流れていた曲
ガネーシャ体操:みんなで楽しくたーえーればー。
極厳修行者音頭:↑に似た歌 修行編
エンマの数え歌:わ~た~し~はやってない、潔白だ~。
修行よすすめ:すすめ~すすめ~修行よすすめ~。
超越神力:ニートはだれでも持っている~♪ アニメ「超越神力」のメインテーマ
進軍:弟子のからだはぼろぼろだ~
真理教、魔を祓う尊師の歌:しょしょしょ しょしょしょしょ彰晃~♪
はばたけ!明日に向かって:真理党テーマソング

「香港97」みたいに洗脳されそうな音楽でありながら、一度聞いたら耳に残る。
まさに洗脳ソング

異様に長くなってしまったがまだまだ語り足りない。
オウムが気になる方はドキュメンタリーでも見てください。
img_1609663_53201932_0.jpeg

双子の兄妹「えりか」と「さとる」が、「時の冠」を求めて動物たちが暮らす不思議な世界を冒険する。
1988年にナムコから発売されたゲームである。開発はアトラス。
本作の斬新な点は、アドベンチャーゲームでありながら2人同時プレイが可能であるという点である。アイコン形式のコマンド選択やマップ画面など、現代アドベンチャーゲームの前進となったゲームである。


てめェーだよ てめェー
何故このゲームが話題となったのか?それはROMの解析によって、隠しメッセージが発覚したのが2chのレトロゲーム板で、2004年。発売から16年後に出現方法が発見されたのである。
現在はエミュレーターといってカセットからデータを吸い出してパソコンで遊ぶといった機能が現代では知識さえあれば誰でもできる状態になっている。そこで解析して遊んでいたところに『このゲーム』の使われていない音楽データが見つかる。
そこをたどって隠しメッセージの出現方法が見つかったという。(解析しないとノーヒントじゃ必ず見つからない)

1.えりかとさとるの夢冒険をクリアし、エンディング画面(家族の写真と「おしまい」の文字)を出す。
2.その画面のまま18分くらい待つ。すると画面が白黒になる
3.さらに18分くらい待つ。すると画面がセピア調になる。
4.さらに55分くらい待つ。するとBGMが突然消える。
5.BGMが消えたのを確認後、コントローラ1の「A+B+START+SELECT+左」とコントローラ2の「A+B+右」を同時に押す。すると違うBGMが流れる。
6.BGMが流れた後、コントローラ1の「B+SELECT+右」とコントローラ2の「B+右+下」を同時に押す。すると画面が変わり、ひでむし登場。
7.メッセージが最後まで流れた後、さらにコントローラ1の「A+B+上」を同時押しすると、さらに続く。
8.18分くらい待つとタイトル画面に戻る。

そう、つまりこのゲームは最初から最後まで2コンにこだわっているわけだ。
まさか本人もこれが見つかるとは思ってもないだろうなww

んーん なつかしい きょくがながれてるじゃないか あのころは、よかったな
Karate kidのBGMと共に開かれる混沌の扉。


もうスケベなほんもらってもゆるさんぞ。
隠しメッセージを語っているのは『ひでむし』という人。このゲームの担当だったそうです。
現在「ひでむし」は消息不明でゲーム業界を離れているとの情報
一応動画を載せますが、このゲームには開発者の卑猥で過激な隠しメッセージが入っているので注意してくださいね。

ごとう きよはる てめェーだよ てめェー。
後藤清治さんは現在東京デザインテクノロジーセンター専門学校の講師としてご活躍中です。


このゲームはパスワードでコンティニューする方式であり、各章の終わりにパスワードが表示される。
しかし、このパスワードの各章5,10,13文字目を抜き出して並べると、メッセージが浮かび上がる(第一章のパスワードは解析によるもの)。
また、これとは別にパスワードを入力することで表示される隠しメッセージの存在も確認されている。
[ひとりでやる]
【第一章】かきかかかかかか かかみあひそそささ
【第二章】かけかかかかかか かこみあひつたちけ
【第三章】かちかきかかかか かさみあひちくせす
【第四章】きちかけかこきか かさみあひつそそて
【第五章】ちちかけかこきか かさみあひとすちく

[ふたりがいい]
【第一章】かきかかかかかか かかみあひてちたす
【第二章】かけかかかかかか かこみあひつなたす
【第三章】かちかきかかかか かさみあひてしちそ
【第四章】きちかけかこきか かさみあひとしたち
【第五章】ちちかけかこきか かさみあひつけたし


いいだせない このおもい。すこしでも いい あなたにつたえたい。あいしてる・・・
さらに隠しキーワードが存在するがこれは開発者の一言で終わっている。
みのりくみこきよはる
あみやきていしよくさ
ままかいしやこわいよ
こいするおおまちくん
小ネタ
しかしこのゲームいろいろと卑猥なところも多く、そんなシナリオがあったり
アイテムには『でんどうこけし』といったものも存在しこのゲームを語るときにたびたびネタにされている。

最近世界で一番高い遊戯王カードが更新されました。
今まで不動の座に居座っていた
ステンレス仕様「カオス・ソルジャー」英語名「Grizzly, the Red Star Beast」
大会優勝賞品で世界に1枚しか存在しない価格は248万円の価値が付いている。
カオスソルジャーをその不動の座から蹴落としたカードが
羅阿邪神将アギバ
英語名「Aggiba, the Malevolent Sh'nn S'yo 」2009年世界大会賞品。
150万~250万円の価値があるという。ただし、このカードはステンレス製でもなく特に装飾が施されているわけでもないのでやはりカオスソルジャーよりも希少価値があるものではない。

現在ネットで検索すると998万円でステンレス製のカオスソルジャーが販売されているといった情報があるが、この値段は店主が人手に渡っていくらかの値段で貰い受けたものとプラスして
千年原人(試作品のレプリカウルトラレア)
青眼の究極竜(試作品のシークレット)
メテオブラックドラゴン(試作品のウルトラレア)
ファイヤーウイングペガサス(試作品のウルトラレア)
青眼の究極竜(シークレット)
メテオブラックドラゴン(ウルトラレア)
ファイヤーウイングペガサス(ウルトラレア)
デュエリストIDカード
デュエリストネームカード
千年原人(ウルトラレア)
ゲート・ガーディアン(ウルトラレア)
マジシャン・オブ・ブラックカオス(ウルトラレア)
トライホーン・ドラゴン(ウルトラレア)
アクア・マドール(ウルトラシークレットレア)
青眼の白龍(シークレットレア)
ブラックマジシャンガール(シクレア&レア)の2枚セット

第二回全国大会の
髑髏の司祭ヤスシ T2-02(ウルトラレア)
山岳の闘士トモヒロ T2-01(ウルトラレア)
闇道化師と化したマサヒロ T2-03(ウルトラレア)

アジアチャンピオンシップの
青眼の究極竜 T3-01(ウルトラレア)
デーモンの召喚 T3-02(ウルトラレア)
クリボー T3-03(ウルトラレア)
ヂェミナイ・エルフ T3-04(ウルトラレア)
真紅眼の黒竜 T3-05(ウルトラレア)

【通常モンスター】
◆星8/地属性/戦士族/攻撃力 3000/守備力 2500
B・W・Dと同等の能力を持つ最強の戦士。
といったプレミアオールスター価格となっている。
20120829204506e50.jpg


世界一高価な野球カード
インターネットのオークションで、1909年から1911年まで発行されたT206シリーズのホーナス・ワグナー遊撃手(パイレーツ)の野球カードが2007年2月28日に235万ドル(約2億8500万円)で落札されました。

ホーナスワグナー選手は、メジャーリーグで1890年代後半から1910年代まで内野手(遊撃手)として活躍した野球選手。"The Flying Dutchman"(フライング・ダッチマン)の愛称を持ち、史上最高の遊撃手との声も高い。

アメリカ野球殿堂開設時の最初の殿堂入り選手となる。ピッツバーグ・パイレーツで初めて背番号33が永久欠番に指定(1952年)されているが、ワグナーの現役時代は背番号がなく、この背番号は引退後の1933年から1951年まで、ワグナーが打撃コーチとしてパイレーツに現場復帰したときにつけていた背番号である。


価値が高くなった理由
現在野球カードというものはお菓子の中に食玩として入っており、子供から大人まで手に入れる事ができていたが、当時の野球カードはたばこのおまけとして発売されたものです。
ところが、子供たちが、カード欲しさにたばこを購入することを快く思っていなかったからとも、ワグナーに支払われる報酬に合意できなかったからとも諸説ありますが。ワグナーは販売後すぐにカードを回収させました。未回収のカードは「レアもの」として、市場では需給バランスの関係上価格が高騰しました。
33年には、カード専門誌に市場価格は約50ドルで、「世界一高価な野球カード」として知られている。

比較的最近では07年に280万ドルで落札されたことがありますが、転売を繰り返され注目されるようになったのは、91年に45万ドルで購入したオーナー(有名なアイスホッケーの選手でした)が95年に50万ドルで売却した。
歴史的にも非常に価値のあるカードであることは確かですが、狂乱価格はここ20数年のことなのです。その背景としては、ネットオークションの普及、野球カードやサインボールといういわゆるメモラビリア(記念品の意)としての収集価値があるのでしょう。
野球殿堂という場所には「ホンモノ」のT206シリーズが展示されています。あまり知られてはいませんが、野球殿堂の展示物は買収するのではなく収集家や選手から寄贈されたものだそうです。
img_433772_29599984_0.jpeg


ちなみに、一番初めの1939年、ニューヨーク・ヤンキースでルー・ゲーリッグが使用していた4を欠番としている。
日本は、読売ジャイアンツ王貞治(一塁手) 1989年3月16日。入団当初から監督退任までの30年間使用。同一人物による途切れなしでの30年間使用は日本最長である。
premium_ph002L.jpg

いくらアニメに疎い方でも『DEATH-NOTE』は御存じであろう。
大場つぐみ代表作の大人気漫画『DEATH-NOTE』は社会現象を巻き起こしアニメはもちろんのこと藤原達也主演の映画も作られ未だ熱狂的な人気を誇っている。
今回紹介するのは作者の「大場つぐみ」という漫画化にスポットを当てて都市伝説を紹介していこう。


大場つぐみ=ガモウひろし説
ここでガモウひろしを知らない人に解説していこう。
越谷市内に実在する「蒲生」という地名がペンネームの由来とされる。ガモウの家は越谷レイクタウンにかなり近いところにある。しかし、ガモウは一度も行ったことがない。
「ジャンプで一番絵が下手」と言われたガモウだが、それについてガモウは「絵はうまいにこしたことはないが、漫画に大切なのは愛です」と発言している。
『ラッキーマン』の連載当時は、他の人気連載漫画には敵わぬと自覚しながらも、「ガモウのくせに」という言葉を励みにして、手を抜かず必死に描いていたことを告白している。(Wikipediaより)
『DEATH-NOTE』の他にも『バクマン。』を描かれている人。

といったお世辞でも絵がうまいとは言えないが漫画に対しての愛はかなり深く代表作の「とっても!ラッキーマン」は漫画好きの中では非常に人気の作品となっている。
story.jpg


本当にガモウひろしなのか!?
公式にガモウ氏が発表したわけではない。
この説が広まるきっかけとなったのが、2005年(平成17年)1月に開催された第4回日本オタク大賞での岡田斗司夫の発言である。このイベントで岡田は「大場つぐみはガモウひろしなんだよ」と名指しで指摘し、その根拠について後の雑誌インタビューで「当時、僕が連載していた雑誌の編集者から聞きました。複数の経路から裏を取ったようです」と説明している。鶴岡法斎(つるおか ほうさい)も、同雑誌のインタビューにおいて、ガモウひろしの代表作である『とっても!ラッキーマン』との作風の共通性を挙げるなどし、この説を肯定している。
この他、インターネット上では『DEATH NOTE』の第1話に主人公の夜神月の通う塾として「蒲生(がもう)ゼミナール」が登場する事、ガモウが過去に『僕は少年探偵ダン♪♪』を描いていた事、『DEATH NOTE』単行本などでの大場の絵のタッチで描かれている。
デスノートの次に描かれた『バクマン。』単行本に掲載された大場のネームがガモウの絵に酷似している事、『バクマン。』1巻表紙に『とっても!ラッキーマン』らしき漫画単行本が描かれている事、同作品の作中登場人物である「かつて漫画家だった主人公の叔父」の作品の一つが前記『ラッキーマン』に酷似している事などがガモウひろし説の根拠として挙げられている。
e1b3cb7143911392058d7fe1d55d90a4.jpg

アニメ版では「かつて漫画家だった主人公の叔父」の作品の原画を大場つぐみが担当している。
『BAKUMAN』のスペルの下部を少し隠すと『RAKIIMAN』に見える事も一つのヒントなのではないかと噂されている。
6d0e8ad2.jpg
『QuickJapan』誌上の対談インタビューで自身を東京都出身で血液型はB型であると供述している。これはガモウひろしの出身地と血液型と一致する。(Wikiより)


突如現れた"ガモウ王朝"
ここまで語ってきたが、集英社関係者の間では二人が同一人物なのは当たり前の話で別に隠しているわけでも都市伝説でもない感じ。
よくいわれるのが、大場つぐみの名前の由来は、ガモウひろしが新人時代にジャンプへ持ち込みに行った際に、絵が下手なのでボツとなり、大きな×(バツ)のついた箱に入れられていたことから大バツ組、大場つぐみとなったそうですね。
現在、ジャンプの漫画家には、ガモウひろしの元アシスタントが多いそうで、その一族はガモウ帝国と呼ばれているそう。

ガモウ王朝一覧
稲垣理一郎(アイシールド21)、鈴木信也(ミスターフルスイング)
空知英秋(銀魂)、澤井啓夫(ボボボーボ・ボーボボ)

だが空知英秋はアシスタントをしていたという記録はないのでこの情報は確実とはいえない。
ガモウ氏はジャンプ内でかなりの力を持っているのかもしれない…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。