今はあまり大きく取り上げなくなったが、一昔前では、超能力による捜査がテレビでよく撮影や中継がされていたことは皆さんはご存知だろうか?
その中でもよく出てくるのは超能力による透視(ESP)だ。
そのESPの伝説的人物ともいえる人物を紹介しよう。


後天性超能力者
彼を有名にした事件は「シャロン・テート殺人事件」である。1969年、映画監督ロマン・ポランスキーの妻でハリウッド女優のシャロン・テートがハリウッドの自宅で友人を含め4人でパーティーをしていたところ、暴漢に襲われ全員が惨殺される事件が発生した。
殺害当時シャロンは妊娠8ヶ月であった。彼女は殺害の際に、子供がいるから助けてと哀願したというが、暴漢はナイフで16箇所を刺して残忍な殺され方をした。
事件の犯人は狂カルト集団チャールズ・マンソン率いるマンソン・ファミリーによる犯行だった。
その事件の捜査に協力し解決に導いた人物こそ超能力探偵ピーター・フルコスである。
ピーター・フルコス001シャロン
左:ピーターフルコス 右:シャロン・テート

ピーターはオランダのペンキ職人の家に生まれ、父の後を追い自らもペンキ職人となった。
だが1943年に仕事中に梯子から足を踏み外し10mほどの高さから落ちてしまう事故に遭い意識不明の重体となった。
3日間の昏睡状態を経て彼が見たものは、同じ病院の入院患者がイギリスのスパイでゲシュタポによって捕まり殺される様子がうっすらと脳裏に映し出された。これが彼が初めて体験した透視だった。
彼はハーグ市内の見世物小屋で超能力を使ったショーを行い日銭を稼ぐ日々を送っていた。
彼のショーは日を追うごとに話題となり、やがてオランダ中にその名が轟くようになった。
だが、そこに突如オランダのリンブルグ市の警察が現れ、極秘捜査である児童殺しの捜査協力を要請してきたのだった。
殺害された子どもの衣服から加害者の特徴を的確に当て、それが犯人逮捕へとつながったのだ。
これがきっかけとなり、見世物小屋のショーマンから、一躍超能力探偵の地位を確立する。

そこから彼は探偵として、1950年のイギリスで発生したエリザベス女王の戴冠式において、戴冠式で使用するための歓待石が盗難にあった、英国王室の宝石強盗事件・1964年のボストン連続強姦殺人事件において犯人像と移住地区を言い当てていた。
ただし1960年代の連続絞殺魔事件においては、誤認逮捕を誘因していた。
彼が透視し解決に導いた事件は数多い。彼は第36代アメリカ大統領リンドン・ジョンソン第40代アメリカ大統領ロナルド・レーガンなどの各国の政治家から賞賛を受けている。
ピーターフルコス002当時のLIFE記事


ESP小噺
今回は前回と違い後天性に能力を得た人を記事にしてみました。
なにか大きな障害やショックを受けるとこういった超感覚的知覚能力(ESP)が開花するという事例はたまにあるそうです。

ちなみにESPER(エスパー)はSF用語であり、ESPは第六感と類意義であり、とくに区別はないそうです。

あまり関連してないのですが、前の記事の最後のほうで紹介したゲームもESPと軍研究機関が舞台となっているのでESPについて詳しく知ることができます。
スポンサーサイト

「オカルト(超自然現象)と科学は密接しているようで密接していない」
そんな話が延々と世間でも学会でも話され続けている。
超能力を科学で証明しようとした人物がいたことはご存知だろうか。天性の超能力者でありながら数奇な人生を送ったあまり有名でない人物を今回は紹介しよう。


概要
アメリカの心霊研究会にも名が載っている人物でありながら、9ヵ国語を話し、3つの博士号や3つの修士号を持つ天才科学者がオカルト界にも存在している。その名もアレックス・タナウスである。
Alex02.jpg
彼のすごいところは生まれる前からカリール・ジブラーンから予言を受けるところから始まる。
「あなたは結婚して息子を授かるが、彼は人並みに外れた特殊な能力を持っている。しかし、同時に深い哀しみも知ることとなるだろう」と予言されている。
生まれる前からタナウスの左掌には超能力者の印とされている十字と五芒星が刻まれている。
彼が持つ超能力は極めて早熟であり、18ヵ月頃から積み重なったレコードから手を上にかざし自分の聞きたいレコードを選び出すことができた。
4歳の頃に占いをよく当て、友人の死を予言し当て、5歳にして初めて幽体離脱を経験した生粋の超能力者なのだ。
彼はこの特殊能力によって偏見や差別なども受け、人と違う能力を呪うようになった。
その後も超能力者として世間から認められてからも、常に疎外感や自責の念に苛まれていた。
その頃になると、何もない空間から物質を出現させたり、予知能力も並外れており、アポロ13号の事故やジョン・レノンの死を予言するなどの能力を発揮した。
そんな1971年にタナウスは吹雪の中で「神よ、私の人生がこれで正しいのならば、私に稲妻を見せてください!!」と祈った。
次の瞬間吹雪の中に稲妻が走った。このとき彼の心から迷いが消え、超能力を人類のために積極的に役立てて以降と決心したという。
その後、彼はアメリカのサザーン・メイン大学で超能力育成の教鞭を執り、各国で講演などを行った。
彼によって開花した能力者も少なくないという。
alex01.jpg
↑アメリカ心霊研究会(ASPR)体外離脱実験による脳波測定の記録をするアレックス


あまり注目されていないが、アレックスにより金縛りや幽体離脱を科学的に証明させた第一人者という。
金縛りがおこる日本人の約4割にも及ぶという。これをオカルト現象と考えている人も多いが、精神生理学を専門とする福田一彦氏によると、「金縛りは100%科学的に解明できる現象」なのだそうです。

『体が浮き上がって、下を見たら自分の体が見えた』と言う体験をする人は世界中にいて、その現象はアウト・オブ・ボディ・エクスペリエンス(体外離脱体験)と呼ばれており、これを4歳ごろからアレックスは意図的にできたそうです。


あまり注目されない人物を紹介してみましたが、どうでしたでしょうか?
彼のような人物がオカルトを科学的に証明する第一歩となる偉人に近い影の存在であろう。

みなさんは「賢者の石」「ホムンクルス」とかアニメや映画で聞いたことはありませんか?
聞いたことはあるけども、実際、賢者の石とはなんなのかと疑問に思ったことはないだろうか。
今回は、そんな言葉を生み出した14世紀の人物を紹介したい。
51XH5CNKT0L.jpg


概要
ルネサンス初期に人工生命「ホムンクルス」や不老長寿の薬を創造するという、天才オカルティストが居たことはご存知だろうか、彼はパラケルススという名で医者であり、稀代の錬金術師であった。パラケルススは自身でつけた通り名で本名はフィリップス・アウレオールス・テオフラストゥス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム
彼が1515年にイタリアのフェラーラ大学医学部を卒業した後、医療を施しつつ旅を重ね、医学の道を歩み始めていたころ、当時の医学界ではガレノスが支配的な地位を占めていたのに対して反逆的な態度をとっていた「古代ローマ時代の名医ケルススを凌ぐ」という意味でこの通り名を使い始めた。
1525年にバーゼル大学の医学部教授に就任したが、その翌年には大学から追放される。
追放の理由は「教室でガレノスの医学書を燃やしたことが反感を招いた」「キリスト教を批判した」と諸説あり、現在も明らかになっていない。以後放浪の身となるが、世界各地を回り医学の知識を吸収していった。
パラケルスス01パラケルスス02



錬金術師パラケルスス
ホムンクルス
製法はルネサンス期の錬金術師パラケルススの著作 De Natura Rerum (『ものの本性について』によれば、蒸留器に人間の精液を入れて(それと数種類のハーブと糞も入れる説もある)40日密閉し腐敗させると、透明でヒトの形をした物質ではないものがあらわれる。それに毎日人間の血液を与え、馬の胎内と同等の温度で保温し、40週間保存すると人間の子供ができる。ただし体躯は人間のそれに比するとずっと小さいという。
ホムンクルスは、生まれながらにしてあらゆる知識を身に付けているという。また一説によるとホムンクルスはフラスコ内でしか生存できないという。

パラケルススはホムンクルスの生成に成功したとされる。しかし、彼の死後、再び成功した者はいなかったという。
アレイスター・クロウリーは著作『ムーンチャイルド』の中で前述のような人工生命体としての解釈を誤りであると主張している。これは彼との交流によって描かれたサマセット・モームの小説『魔術師』に対する反論の意味合いが強いとされている。作中提示されるホムンクルスの製造法は一般的なものとは違い、赤子の体内に霊を導き入れて創造するという方法である。
18 - 19世紀のドイツの文人ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは、自身が生み出した戯曲『ファウスト』第二部第二幕の中でこのホムンクルスを題材に取り上げており、また、現代においても(特に日本で)、様々な漫画やコンピュータゲームでストーリーの題材にされている。キリスト教では、この技術は創造主である神・ヤハウェの領域に人間が足を踏み入れるものとして恐れられている。

賢者の石
一般によく知られた賢者の石は卑金属(金銀以外の鉱石)を金などの貴金属(耐腐食性)に変えたり、人間を不老不死にすることができるという。霊薬としてのエリクサーと同様のものとして考えられることもある。
中世ヨーロッパ錬金術に多大な影響を与えたジャービル・イブン=ハイヤーンの説に、水銀と硫黄の2要素説がある。その2要素の比率により卑金属や貴金属が生じるとした。後に塩が加わって3要素説が生まれるが、いずれにせよ錬金術師たちは常に水銀に関心を寄せていた。水銀を原料になんらかの反応を繰り返すことで賢者の石ができると考えていたようである。
水銀と硫黄の化合物である硫化水銀には色の異なるものがあるが、賢者の石のイメージは赤色とされている。
赤色の硫化水銀は天然でも産出され辰砂という。中国で不老長寿の霊薬仙丹・金丹の原材料とされた(→錬丹術)。漢字「丹」は辰砂のことで赤色も意味する。
中国で不老長寿の霊薬仙丹・金丹の原材料とされた。漢字「丹」は辰砂のことで赤色も意味する。
中国の道教では、服用すれば不老不死を得る(あるいは仙人になれる)という霊薬(仙丹)を作る術として錬丹術(煉丹術)がある。仙丹が賢者の石に相当する。『抱朴子』などによると金を作るのは仙丹の原料にすること、仙丹を作り仙人となるまでの間の収入にあてるという2つの目的があったことになっている。
辰砂01
南インドのタミル文化に属するシッダ医学では、ムップ(ムン:3・ウップ:塩)と呼ばれる3種の塩から成る薬が賢者の石に相当する。ムップは強アルカリ性(シバ)・中性(サダーシヴァム)・強酸性(シャクティ)の3種の塩を極秘の比率で混ぜることからできる。
ムップの材料は様々で、人糞、羊水、海水、尿などからとれる塩であったり、ディークシャを受けたフラー土とする説など様々である。 フラー土は現在、製薬時に加えることでその薬の効能を上げるとされ、現在でも実際にシッダ医学の薬の製薬時に使われることがある。現代は「カリ・ユガ」の時代とされ、錬金術などに使われるような最高レベルの真のムップは作れないと言われている。

四大元素(火、風、水、土)エレメントの再発見(日本でいう陰陽五行説)
アラビアの三原質(水銀、硫黄、塩)の再発見
亜鉛元素の発見

彼は四精霊(エレメンタル)という思想を持っており、は、地・水・風・火の四大元素の中に住まう目に見えない自然の生きもの、あるいは四大元素のそれぞれを司る四種の霊である。
元素霊(英語: elemental spirits)ともいう。擬人化された自然霊で、パラケルススの論じるところでは、エーテルのみで構成された身体を有し、霊でも人間でもなく、そのどちらにも似た生きた存在である。(ウンディーネとかの精)

彼の医学と科学(錬金術)を組み合わせ偉業をなした代表的な人物であり、様々な分野に影響を与えている。
タロットカードの「魔術師」のモデルとされることがある。ただし実際にはタロット自体は彼の誕生以前から存在している。


長くなってしまったがオカルトの元祖とも言える存在であるため、解説をするともっと長くなるがここでやめておきます。
彼に影響を受けたオカルティスト達はいっぱいいますが、紹介はまた今度。

9f29f9506cc4959a893f8493664492bb-300x230.png

7:00から本編


古歩道ベンジャミン(本名:同じ、旧名:ベンジャミン・フルフォード/Benjamin Fulford, 1961年 - )はカナダ出身のジャーナリスト。主にフリーメーソン、イルミナティ、兵器としての人工地震等の陰謀論と称されている物事を事実とした上で言論活動している。
ノンフィクション作家でありながら、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、北京語、日本語を話す。
米経済誌「フォーブス」アジア太平洋元支局長

日本の国内メディアでは殆どタブーとされているようなテーマに度々言及し、それを正面から問題提起するスタンスで多数の書籍を発表している。またメディアの在り方をも強烈に批判している。近年は『 9・11テロ捏造―日本と世界をだまし続ける独裁国家アメリカ 』や『 暴かれた9.11疑惑の真相。 』で、9.11の同時多発テロおよびそれ以降のアメリカの暗部等をも広く扱うようになった。

一方でアジアとの協調を主張し、日本はアジアと連携し堕落した西洋社会の支配を打ち破るべきだ、と主張している。

9.11陰謀論
「アメリカ政府主導のもとで9.11(=アメリカ同時多発テロ事件)が起こされた」としている。この本の中で、彼は、「アメリカ国内では既にアメリカ政府が嘘をついている、との意見に既に国民の過半数が賛同しており、その中には、ワールドトレードセンターで実際に活動していた消防士や、大手建築業界関係者、退役軍人等もふくめた様々な各界人がいる。」と主張している。また、アメリカにおける陰謀の歴史やブッシュ一族の経歴、ビンラディン一族との関係について述べられている。

気象兵器・地震兵器論
四川大地震や新潟県中越沖地震、東北地方太平洋沖地震を“アメリカ政府のプラズマ兵器・原子爆弾による攻撃”、“これらの兵器を使う脅迫により、郵政民営化や民間銀行の外資買収が行われた”と主張(ちなみに大地震=極秘の気象兵器・秘密裏に設置された原爆による攻撃説は兵庫県南部地震から、陰謀論者達・オカルト雑誌により繰り返し主張されている。具体的には高周波活性オーロラ調査プログラムが用いられたとする)。
今や陰謀論でおなじみ9.11や気象兵器・地震兵器論をに有名にしたのがベンジャミン氏である。


現在の活動
現在取材と作家以外の活動としては日本を中心とする世界で公演活動をしている。
そのほかにはMopalという生放送番組で前に紹介した朝堂院大覚氏「国家非常事態対策委員会」という番組に出演している。
もっと詳しく知りたい方は彼のホームページを参照してほしい。
私も月一チェックしてます。


日本人が『プロパガンダ』から目が覚めた時、人類や地球を救うことができる

日本が立ち上がれば、世界から「戦争、貧困、環境破壊、無知」などを、なくすことができる

日本こそが新しい時代を創ることができるのだ。そのためなら、私は命をいくつでも投げ捨てる覚悟がある。

benjaminfulford.jpg

事前に言っておきます…。私は消されるかもしれません…(゜ロ゜;汗
ですので中立の立場でわたしは記事を書きます。(というか私なんかは影響ないから消されないかww)


謎多き人物「朝堂院大覚」
なんかパッと聞くとどこかのお寺の人かな?みたいな感覚だと思いますが。全く違う。
刑事特捜部にマークされ逮捕されるほどの人物なのだ!!

まず、堅気な人・政治に直接かかわりない人・まともな生活をしている人
そんな人達は二度と触れることはないだろう。それぐらい声も性格もドスが効いているのだ!!

そんな彼には様々な伝説がある。
・世界空手道団体連合・空手オリンピック国際委員会・世界格闘技団体連合
すべての空手連盟・団体の総裁を務めている御方であったり。
・右翼団体の連合組織である日本連合総裁、及び世界空手道連盟(WKA)総裁
・居合道警視流の宗家家元・剛柔流空手道九段
・マイケルジャクソンと仲が良かった
・石原慎太郎と関係が深い
・最後のフィクサー(黒幕)と呼ばれるほどの最強の右翼
様々な経歴と名誉の持ち主でもある
今回はそんな彼の都市伝説を紹介しよう…。


彼に関するうわさ
一般的にそんな人は話題にすら挙がらないし、
①朝堂院氏はオウム事件との関連性があると疑われ逮捕された事
②格闘技が好きで亀田兄弟の試合を見に来ていた事
③マイケルジャクソンの死の真相を知っている。
④松田聖子に事務所を独立する際に相談を受けた。
⑤朝堂院氏の子供は約50人ほど存在する事。(ETC…。
まぁ、まだ他にもあるが。これら上記の事は自らおっしゃっていた事。


朝堂院氏が直接マイケルジャクソン氏に空手の名誉段位をあげたらしい。
マイケル空手
朝堂院マイケル
亀田兄弟が好きでよく試合を見に来るらしい
朝堂院亀田
子供の件に関しては現在は少子化で子供が将来必要だ!!ということで子供をたくさん作っているとのことらしいです。
まぁ、ちゃんと育てられるならポンポン子供産ませようがどうしようが個人的にはいいんじゃないかなと思います。
この記事を通してこの方が気になった人は下記にYOUTUBEの動画を張っておきますので目を通していただけたら嬉しいです。


リンク集
朝堂院大覚氏を知らない人達への分かりやすい解説はこちら
都市伝説御用達のフルフォード・ベンジャミンとの対談はこちら
朝堂院氏の解説サイトはこちら(YOUTUBEではない)