「自殺をする」なんて無意味で愚かな行動は知的生命体のみである。と考えている人も少なくは無いだろう。
だがイギリスに次々と犬が自殺する橋が存在するのはご存知だろうか?
その名もオーヴァートン橋
Overtoun-Bridge-550x496 (1)


概要
スコットランドのダンバートン州のオーバートウンハウスにある橋は散歩中の犬が自殺することで有名であり
今までわかっているだけで5匹の犬が自殺しているとされている。
橋の名はオーバートンブリッジで、高さはおよそ13m。
犬は突如飛び降りており、理由は犬だけに聞こえる音が犬を誘導する、或いは霊に誘われるとか。

オーヴァートン橋はカルビン主義者の貴族、オーヴァートンにより1895年に建造された。それはビクトリアン様式で高さ約15メートル、オーヴァートン川の上にかかっている。
橋では犬が散歩中に橋から飛び降り、墜落死する事故が過去50年に50回も起きている。

1994年、地元で反キリスト教徒呼ばわりされていたケヴィン・モイという人物が、自分の息子である赤ん坊をその橋から放り投げ、その後同じ場所で自殺未遂をしたという。それ以来この橋には幽霊が出るようになったという都市伝説が存在する。

また、ケルト人神話では、オーヴァートンは天国に最も近い場所(シンプレイス)と呼ばれる場所で、霊界に近いとされているからだ。と表されている。犬達は人間より敏感に霊気も感知しやすいと考えられているので、ここで何かを察知し、奇妙な行動を引き起こすのではないかというものだ。
e6a589e8.jpg



自殺の事例
1960年代にイルカショーをドラマ化した「わんぱくフリッパー」の撮影後にイルカが自殺した話がある。
イルカのトレーナー曰く、ストレスだそうです。

動物の自殺といったら働きアリが永遠と渦を巻き死ぬまで行進し続ける「死の渦」「死の螺旋」「デス・スパイラル」と呼ばれる行動がある。
この行為については一時期原因不明だったが、アリのお尻から出るフェロモンを辿るため永遠とまわり続けることが判明した。


結局のところ
犬の心理学者の研究調査により、橋の下の藪にネズミ・リス・ミンクなどの強い臭いを放つ動物により興味を惹かれ飛び降りると結論付けた。
上記にも述べたが、犬は嗅覚・聴覚に優れており、地震や災害の予兆など人が感じ取れないものも感じ取ることができ、そういったエピソードは様々ある。

結局のところ、自殺行為をするのは今のところ人間だけですね。
スポンサーサイト

現代において書籍というのはさまざまなジャンルに対応される本がたくさん出版されている。
その中でも、自殺を教唆したとされる本がある。
今回紹介する本は、青木ヶ原樹海で自殺した人間の5割が持っているとされる「完全自殺マニュアル」を紹介したい。


概要
『完全自殺マニュアル』とは、鶴見済の著書である。1993年(平成5年)7月7日に、日本の太田出版から初版が発行され、主に10代から20代の支持を受けてブームを巻き起こし、100万部以上を売上げるミリオンセラーとなった。
本書に書いてあることは、クスリ、首吊り、飛び降り、リストカット、入水、凍死、焼死、その他など自殺の方法が解説されている。ジャンルそれぞれに苦痛、手間、見苦しさ、インパクト、迷惑、致死などの評価が五段階評価で表記されている。
その中の「自殺マップ」に書かれている青木ヶ原樹海のコーナーに「X・Y・Zゾーン」という場所がある。
その場所で自殺した人の遺留品にほとんどの割合で本書が傍らに落ちているという。


逃げ道
青木ヶ原樹海で自殺した人が持っていたと噂されるだけで、本当かどうかはわからない。
だが、本書が発売されてから自殺が多発したことには変わりないことである。
『「強く生きろ」なんてことが平然と言われている世の中は閉鎖的で息苦しい、息苦しくて、生き苦しい。
だからこういう本を流通させて「イザとなったら死んじゃえばいい」っていう選択肢をつくって閉鎖した世の中をちょっとは生きやすくしようってのが狙いだ。』
(本書抜粋)
本書は自殺を教唆しているのではなく、「無理に生きるよりも自殺という手段」というひとつの逃げ道があると考えて生きれば少しは楽に生きれるのではないかと訴えている。
完全自殺

海外では似たような本で、「Final Exit」や「自殺論」があるが本書同様有害図書に指定されている。

福岡県柳川市の私立柳川高校は30日、1年から3年までの女子生徒計26人が相次いで体調を崩したため臨時休校とした。

同校によると、同日午前10時前、1年の女子生徒1人が授業中、突然叫び声を上げてうずくまり、動けなくなった。同じクラスの2人も相次いでうずくまり、その後、様子を見に来たクラス外の生徒らも同じような症状になったという。顔が青ざめていた生徒もいた。

叫び声を上げた生徒もおり、同校は集団的にパニック状態になった可能性があるとみている。


原因の調査
6月28日と29日に生徒が英彦山(ひこさん)に遠足に行ったところ、6月30日になって1年の女子生徒が授業中に突然叫び声をあげてうずくまり、同じクラスの女子生徒2名もこれに続くとともに様子を見に来た他クラスの生徒も相次いで同じ症状となった。
顔が青ざめていた生徒もいた上に、ネットの情報では飛び降り未遂をしたり、発狂状態に思えるような症状まで見られた。
中には男の口調で「俺を殺してくれー」「しにたいんじゃー!!」と叫ぶ女子生徒もおり、校内で流れた噂がネットに流出し急速に拡散した。

140701-011.jpg
英彦山に遠足が発端?
■英彦山は日本三大修験山。戦国時代は焼き討ちとか→武士の霊、行者姿の霊の噂
■英彦山青年の家→霊の噂
■廃墟と化した英彦山湯
■英彦山のそばにある油木ダムでは旧道の方で首のない女性
■渇水時に現れるダム底に沈んだ津野集落の跡

■日本で起きた最近の集団パニックの事例
2006年7月27日 千葉県船橋市のショッピングセンターで、女子中学生が次々にパニック症状を訴え、計11人が病院に搬送され、うち4人が入院する騒ぎがあった。
1人が体調不良で倒れたのを見て、他の生徒らがショックを受けて症状が連鎖したとされる。


2013年6月19日 兵庫県立上郡高等学校(兵庫県上郡町)で4階廊下で1年生の女子生徒が休憩時間に、女子トイレ前で「気持ちが悪い」と体調不良を訴えたところ、その様子を見ていた女子生徒らが次々にパニックになり、1時間ほどの間に女子生徒計21人が過呼吸の症状を訴え保健室で手当てを受けた。


医学的解釈
学生の集団パニック状態について、精神科医の香山リカさんは「多感な時期は、オカルト的な話題などを発端に、過度な緊張や不安が伝染しやすい」と指摘。

過呼吸の動画
こんなん見たら誰でもショックになるわぁ…。

「集団妄想(集団ヒステリー)」という、群集心理があります。
これは、特定の集団の人たちが、強いストレスや不安にさらされ続けることで、その集団の中の人たちが、同時にパニックに陥ったり、同じ妄想を信じこんだりすることです。
状況によっては、トランス状態におちいることもあります。

ストレスや不安を引き起こしている、目の前の現象に対して、通常では説明できない超常現象が起きたと確信され、オカルトや、疑似科学的、都市伝説的説明がなされます。
さらに、ストレスを解消するために、その確信にもとづいて、その人たちが、いっせいに異常な行動に出ることがあります。
妄想を裏付ける事実はないので、たいていは、さほど時間がたたずに、現実に突き当たって、妄想から覚めることが多いです。
オカルト的解釈
英彦山には「天狗」が住むという伝承があるためだ。その名も「彦山豊前坊」といい、日本八大天狗の1人にも数えられる。
U426_nichibunken_0138_0001_0008.jpg
英彦山よりもむしろ「心霊スポット」らしいのが、その近くにある油木ダムだ。
1971年に完成したなんの変哲もないダムなのだが、Yahoo!知恵袋の投稿によれば、
「心霊スポットになっているのは、油木ダムです。英彦山のそばにある油木ダムでは、旧道の方で首のない女性がダムから現れ追いかけてくる噂があります」
という話が地元では伝わっているという。(詳しい話はこちらで

また、逆に下半身のない、いわゆる「てけてけ」と呼ばれる幽霊が出るという説もある。
首がないのか、下半身がないのか、どちらなんだ――という気はしないではないが、「心霊スポット」として地元で認知されていることは間違いない。
こうした噂が上記の騒動に関係しているかは定かではないが......

私は地元の出身ですが。
油木ダムの怪談はてけてけ創作話としても有名です。
地元でてけてけの話は聞いたことないですし、そもそもてけてけは北国の伝承幽霊なのでまず英彦山には出る確率は少ない。数々の妖怪や幽霊にまつわる本を読んだ事があるが、九州や本州でてけてけの噂は聞いたことがない。(この話自体Twitterで初めて聞いた)
神聖な山を心霊スポットと称して話題の対象にするのは一人のオカルトマニアとして非常に残念で許せないですね。

概要
茨城県つくば市内の公務員住宅712号の壁面に、奇妙な文字が浮かび上がっていたという噂がある。
その文字は「姉さん」と読めたとされつくば市の姉さんの壁などと言われて恐れられていたのである。
nennsan-thumbnail2.jpg

もともとこの建物と道路をはさんで反対側にあった
ファミリーレストランから飛び出してきた子供が、
道路の反対側に立っていた姉の所へ行こうとした時、車にはねられ亡くなった。

その後に起きた地震によって壁面に亀裂が走り、
子供が最後に叫んだ言葉「姉さん」が壁に浮き上がった。

その後何度か塗り替えしたのだが、そのたびに姉さんという文字が浮かび出てきて
お払いをしてから、塗り替えたら文字が浮き出てこなくなったらしい。
いろいろと都市伝説が多く語られるつくば市の中でも有名な都市伝説の一つである。


解説
実はこの姉さんの壁の事が気になった方が
つくば市のこの場所で、姉に会いに行って飛び出して交通事故に遭った子供がいるかどうかを問い合わせた所
そのようなケースは1件も無いとの事。また都市伝説では何度塗り変えてもしばらく姉さんという文字が浮かび出てきたとの事だが地元に住む人の話だと、実は1回で文字は消えていたようです。
ちなみにこの都市伝説は過去に紹介した「超」都市伝説によって作られたガセの都市伝説です。
もしかしたら姉さん壁の話自体作られたものかもしれませんね。

「犬鳴トンネル近くに、法治が及ばない恐ろしい集落『犬鳴村』があり、そこに立ち入ったものは生きては戻れない」
そんなうわさが存在する地域があるという。
封鎖されたトンネルに入った
・トンネルの前に「白のセダンは迂回してください」という看板が立てられている。
日本の行政記録や地図から完全に抹消されている。
村の入り口に「この先、日本国憲法は適用しません」という看板がある。
・江戸時代以前より、激しい差別を受けてきたため、村人は外部との交流を一切拒み、自給自足の生活をしている。近親交配が続いているとされる場合もある。
・入り口から少し進んだところに広場があり、ボロボロのセダンが置いてある。またその先にある小屋には、骸が山積みにされている。
・旧道の犬鳴トンネルには柵があり、乗り越えたところに紐と缶の仕掛けが施されていて、引っ掛かると大きな音が鳴り、斧を持った村人が駆けつける。「村人は異常に足が速い」と続く場合もある。
・全てのメーカーの携帯電話が「圏外」となり使用不能となる。また近くのコンビニエンスストアにある公衆電話は警察に通じない。
・若いカップルが面白半分で犬鳴村に入り、惨殺された。


犬鳴村事件
様々な噂が乱立し新たな怪談や怖いもの見たさで訪れる人も年々多いされる。
杉沢村と違って確かに存在した地域であり、1955年に合併されて犬鳴村はなくなった…。
1889年まで福岡県鞍手郡に存在した村。
かつてそんな犬鳴村周辺には、殺人事件が発生していた。
・1988年12月にデートに使う目的で車を窃盗しようとしていた少年ら5人が、偶然見つけた知人工員(当時20歳)を拉致し、リンチの末両手両足を縛り、旧犬鳴トンネルで全身にガソリンを浴びせ焼殺する事件が起こった。その後犯人グループは逮捕され、主犯は無期懲役判決を受けている。
・2000年には犬鳴ダムで死体遺棄事件が発生している。


噂が現実に…。
正確には「旧犬鳴トンネル」と呼ばれる場所には「この先日本国憲法は適用しません」と書かれた看板があるというが、確かにあったという。しかし行政機関に聞いたところによると「そんなものは立てていない」とおっしゃっていた。
誰かが遊び半分で立てたものが誰かの目に入り、噂が本物になったという…。現在ではその看板は撤去されてる。


ここは本当に行ってはいけない場所であり、獣道が続き事故が絶えないという。
このまま行き続けると本当の心霊スポットになるかもしれない。

旧犬鳴トンネル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。