犯人検挙率が爆発的に上がる捜査方法が存在することはご存知だろうか?
だが現在では倫理上、不可能であり、許可無く行えば警察も死体損壊罪に問われる可能性があるからだ。
その方法と入った何なのか…。それは網膜像検査である。


概要と解説。
角膜移植手術を受けて以来、車のナンバープレートのビジュアルが脳裏に浮かぶようになる。不思議に思い調べたところ、角膜提供者は轢き逃げ事件で亡くなっていることが判明。そのナンバーの持ち主を取り調べたところ、犯行を認め、事件が解決したというもの。
cornea-to-retina.gif
人間の眼には網膜に映し出された像(光)が錐体・桿体細胞を介して脳に電気信号を送る。その際に死後30分以内であれば細胞はまだ生きている状態なので、30分以内に網膜を取り出せば網膜像に映し出された殺人犯に殺された状況やどこで殺されたのかが浮かび上がるというのだ。


理論上可能なのか?
死後30分~1時間以内に臓器などを取り出せば臓器移植などが実際に可能である。
実際、検察などは死亡推定時刻を推定する際に腸内の温度を測り死亡推定時刻を割り出している。
それは死んでからも臓器が働いているからである。その中でも腸は一番体温が下がりにくい。

だが網膜の場合はどうだろうか?はっきり行って不可能である。
上記にも書いたが、網膜に映し出された像(光)が錐体・桿体細胞を介して脳に電気信号を送る。
なのでその電気信号を解析できるのは脳であるため理論上不可能である。

だが望みが無いわけではない、脳の電気信号を解析し、それを像として画像処理などができれば可能となるだろうが、それはほぼサイエンス・フィクション(SF)に近い。


いったいこの話はどこから…?
都市伝説は何の脈絡の無いところからは発生しない。
 松本清張の「草の径(ミチ) 第三話 死者の網膜犯人像」が元ではないかと考えられている。
「死の刹那に見た犯人の顔が、解剖すると網膜に残っていて、犯人推定の手がかりになる。こういう話は昔からあって、よく小説に使われたが、科学的には否定されていたところ、最近は肯定するような研究も発表されるに至った」乱歩が従来は「科学的には否定されていたところ、最近は肯定するような研究も発表されるに至った」
 また手塚治虫の漫画作品『ブラック・ジャック』の「春一番」では、白斑症と診断された少女が角膜移植を受け、男の幻を見るといったもの。加山雄三で実写映画化もされた。
映画『ワイルド・ワイルド・ウエスト』では、遺体の頭部の中から網膜に残った風景をスライド写真の要領で映写して、犯人を捜そうとするシーンがある。
世界ではこんな話がある。車泥棒を検挙中に両目が打たれ殺された事件がある。
実際にキューンニオプトグラムの実験 (ウサギの生きた眼球で映像を. 定着する試み)があり、死体から網膜像をアウトプットする理論をオプトグラムと名づけられた。
139234_01.jpg


短くまとめるつもりが参考文献が多すぎて長くなってしまいました。
最近では眼に映った情報から相手を特定するといった実験がなされています。
私はブラックジャックでこの話を知りましたが、この話の面白いところはウチの大学の教授まで面白おかしくこの話をしていたこと。
信じようと信じまいとこの話は識者の中でも有名なんですねww
bj2.jpg
スポンサーサイト

みなさんが普段日用品としてつかっているシャンプーには人工削減を促す精力減退作用があるのだ
昔から陰謀説では人工削減は世界的に活動が行われてきている、と考えられている。
こんな姑息は方法で人工削減をしていたのか!?


概要
この都市伝説に概要は存在しない一発ネタなのである。
みんながそれを聞いて「えぇ~マジでー!!」と思わせるような都市伝説である。
もちろん一般的なシャンプーには精力減退作用を促す成分は含まれていない。
「あたかもそんな成分が入ってそうな皆が日常使う製品」をターゲットにシャンプーが最適だと思われたのだろう
なのでこの話に詳しい話は存在しない。もちろん元ネタも存在しないであろう。と思われていた…。


変態毎日新聞
皆さんはご存知であろうか、過去に毎日新聞が海外向けに発刊していた日本人を陥れる記事が長年にわたり発行されていたことが。
その内容がこちらである。
An estimated 90 percent of Japanese women in their 20s dye their hair a different color from its natural black -- and they may be ruining their son's sex lives in the process,
20代の日本人女性の内、推定90%が髪の毛を、本来のナチュラルブラックから別の色に染め変えているが、毛染めの過程において、彼女たちは自分の息子の性生活を台無しにしているのかもしれない。

Hair dye sales have two boom periods over summer in Japan -- once at the start when young women gear up to go on overseas jaunts and kids on holidays escape school rules forbidding anything other than black tresses, and then again at the end, when everybody restores their mane to its natural state.
日本における毛染めの売上には、夏の頃にたくさん売れる期間が2つある。、一度目は夏の始まりだ。若い女性がおしゃれをして海外に小旅行に行くときで、休暇中の子供たちが、頭髪を黒以外にすることを禁じる校則から抜け出せる時である。二度目は夏の終わりだ。その時みんなが髪の毛を本来の色に戻すのである。


"Problems that can arise in fetuses and children are particularly alarming," the fund's Masami Niita tells Shukan Bunshun.
"The brain's development can also be affected as well as sexual functions. Some have already linked these substances with decreased IQs in children."
「胎児や児童に起こりうる問題は、とりわけ警戒すべきです」と、基金のニイタマサミは週刊文春に語る。
「脳の発達に悪影響が起こりえますし、これは性的機能についても同様です。これらの物質を十代の児童の減少と関連付けて考える人も、すでにいます」


Shukan Bunshun says that nobody wants a dumb kid who'll grow up to be a flop in more ways than one.
The weekly outlines how fund researchers added hair dyes to breast cancer cells and left them for five days.
By the end of that period, the cancer cells had increased by at least 10 percent and up to 40 percent in one case.
It notes that hair dyes have also been linked with shrinkage of the womb.
あらゆる意味で、将来失敗作となる頭の悪い子供を望む人なんていない、と週刊文春は言う。
基金の研究者たちが毛染め剤を乳がん細胞に加えて5日間に渡り放置したことについて、週刊文春は概略を述べる。
放置期間が終わるまでには、 がん細胞は少なくとも10%増大しており、最高で40%にまで増加したケースもあった。
毛染め剤は子宮の収縮とつながりがあるということを、文春は記述する。


長くなってしまったが私はこれが噂の原因となってしまったのではないかと考える。
この低俗記事のおかげで全世界に広まったのだろう。

こちらの記事は毎日新聞社の英語報道メディアMainichi Daily News 「MDN」で日刊紙時代の1989年10月に連載が始まり、2001年春のWebサイト移行時にも継承されたコラム「WaiWai」において、低俗な内容、誇張や虚構にもとづく内容の記事が掲載・配信された問題。「毎日新聞英文サイト変態記事事件」として知られる。
2008年に表面化し、同コラムの閉鎖、担当記者や上司の昇進、Web サイト配信分に関する社内調査結果の公表などに発展した。


変態毎日新聞が起こした被害
毎日新聞の風評被害として例が挙がっているのでWikiから引用
37 :名無しさん@全板トナメ参戦中:2008/06/25(水) 11:22:09 ID:fKfXs/Hj0
オーストラリアの学生をホームステイで受け入れたことがある。
その男子学生は、私のいないとき、妻に「ボクのペニスを触ってくれ」と言ったらしい
妻はもちろん断った。

しかし、その後、妻の入浴をたびたび覗きはじめた。
風呂場に全裸で侵入してくるまでになった。

私は彼に問いただした。
「いったい、どういうつもりなのか」と。
彼はこう言った。
「日本の新聞記事に影響された。日本人の女性は簡単にセックスさせてくれると思った」

私たち夫婦は身の危険を感じた。
ホームステイの手配団体に連絡して、即効、彼を家から追い出した。
その後、彼はホームステイの契約期間は残っているので、
帰国させるわけにもいかず、残りの期間は手配団体の関係者の家に滞在したときいた。

当時、彼の言った「日本の新聞記事に影響された」という言葉がどういう意味なのかわからなかったが、
今思えば、彼が影響を受けたのは、この毎日新聞の変態記事だったのだろう。


しかしこのWaiWai海外ではかなり人気だった模様。
詳しい話はこここ↑こ↓で確認してください。
変態毎日新聞の簡単な話は動画を見て、どうぞ。

治験アルバイトと聞くと皆さんはどのような事を想像しますか?
治験のアルバイトというのは内容に関する同意書を書けば一般的には参加が可能である。
治験アルバイトだけで生計を立てている人もいるのだとか…。


治験02

治験の実態
都市伝説的には「医療の裏」という話が多かったりする。
例えば、治験で亡くなったり・放射能を浴びて治験を行う・骨折した部分で報酬が変わるなどの話が多数。
だが実際にはそのようなことはなく
ジェネリック薬品を飲んで数値の変化を確かめる。
美容・化粧品の健康食品の試用。

などの高くても20万~30万以下で条件を満たせばだれでも参加可能となっている。


薬以外にも開発段階の食べ物も食べたりするようです。
高血圧の方向けのカップ麺のテスターに参加しました。塩を使わずに作られた、カップ麺の食感テスト。
高血圧治療薬。湿布薬の治験と内容は様々。

こちらのサイトでは治験に関する体験談などを募集し治験がどのようなものなのかを知っていただくいい機会なのかもしれません。
ちなみに女性は生理などで体調が不順になるためあまりお勧めはされないようです。
治験

私がこの話をはじめに知ったのは「あしたのジョー2」の最終戦。
最強と謳うホセ・メンドーサがジョーとの試合では壮絶な打ち合いだったが何度も立ち上がるので試合は未判定になり廃人になりつつも立ち上がるジョーの執念にしだいに恐怖を感じ、反則行為におよぶほど精神的に追い詰められて試合終了後は白髪になる。
もう一つとして「北斗の拳」のレイも白髪になる。
新血愁を打たれ死ぬ間際のレイが力を引き出すために心霊台の秘孔を打つ。
その際に激痛によりレイの髪が白髪になる。
これを見て私は「人はとんでもない衝撃を受けたら白髪になるんだ!」と思ってました。

もうひとつショック→白髪が広まった原因がある。それは「ベルサイユのばら」である。
オスカルとアンドレにフランス革命でボコボコにされた後、監獄でのマリー・アントワネットは美しい金色の髪が一晩で白くなっていた…。
marry2.jpg

といったものやはりこれらの話で
男の子は「あしたのジョー」や「北斗の拳」
女の子は「ベルサイユのばら」
男女混合。みんなにこうしてこの都市伝説が一般的に広まったとされています。


この話はホント?それともウソ?
この都市伝説は長年考察されてきましたが、「空想科学読本」著柳田理科雄先生が解決してくれた。
髪・爪は「生きた細胞組織から分泌物されたもの」であっても、「生理活性」を失ったものだから、
体の状態に併せてリアルタイムで変化しないです。爪も髪も栄養を取り入れないし生態活動に伴う排泄を「しない」、「もうできあがった」モノです。
色素を運ぶような管もないし神経も通ってないし、虫や甲殻類の体の「殻」のようなもので、節足動物は「脱皮して脱いだ古い殻の下の新しい殻」が「別の色」ということはあるにしろ、古い殻自体の色が大きく変わりはしないしそれと似たようなものです(殻の下の「肉体」そのものの変化が、「殻を通してでも、伺える」ということはあるでしょう)

現実はじょじょに白髪になっていく(同じ一本の髪の途中から色素が抜けはじめて)か生え変わりで
新しいのが色素のない髪として生えるとか。

…だそうです。
o0053007310507762143.jpeg

つまり髪一本一本に神経が通っていないし色素が通る管も組織もなく、たとえ白髪になったとしてもいったん全部髪の毛が抜けてからではないと不可能な話だという。


中国にこんな話がある…。
白髪三千丈、縁愁似箇長。不知明鏡裏、何処得秋霜。〔白髪(はくはつ)三千丈、愁いに縁(よ)りて箇(か)くの似(ごと)く長し。知らず明鏡の裏(うち)、何(いず)れの処(ところ)よりか秋霜(しゅうそう)を得たる。〕
訳文
乱れて伸びたこの白髪(しらが)、これも心の憂さのため、鏡に映る己(おの)が顔、どこから来たか霜(しも)のおく老いの影。
李白(りはく)詩にこのような事が記されている。
憂いが重なって毛髪が白くなったという意味で、日本において主に用いられる意味に変化したものと思われる。
「三千丈」は、約九〇〇〇メートル、もちろん多い、長いということを示す形容で実際の長さをいうのではない。

結果この都市伝説は「ウソ」だが、やはり昔から「心の変化は体に現れる」という話はあるんですね。
20110322151853.jpg



私だけでしょうか…。
ダッドリーの元ネタはホセメンドーサでしょうか?
images-horz.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。