坂本龍馬とは、もはや日本人なら誰でも知っている歴史的人物であろうからいまさら説明する必要もないであろう。
数々の偉業を成してきた龍馬だが、あまりにも神格化されており史実はちょっと盛られていたりという部分もある。

そこで龍馬が行ってきた悪行の数々を紹介していきたいと思う。


龍馬の悪行ランキング
第3位 数々の女性を傷つけ回った悪行。
「平井加尾」 龍馬と同じ土佐勤王党所属の平井収二郎の妹であり幼馴染。共に国事や脱藩計画も考えていた、両想いでありながらも自分の意志を貫くために単独脱藩。その後加尾とは文通止まり。一方、龍馬脱藩後に加尾は死ぬまで龍馬を想い続け、戻ってきたときにすぐ結婚できるようにずっと待っていた。

「千葉佐奈」龍馬の剣術修行で同門だった千葉剣術(北進一刀流)二代目千葉重太郎の妹。佐奈自身「鬼小町」の異名で知られている長刀剣術の達人であり、龍馬も歯が立たなかったという。後に龍馬に恋をし、婚約までしていた。
そこで、龍馬は「国が平穏になったら結婚しよう」と言い、国中を奔走することとなる。佐奈は「坂本の妻です」とまで言っていたそうで、龍馬が帰ってくるまで結婚することはなかった。(後の文献で別の人と結婚していたことが判明したがすぐに離婚していた。)
離婚後は独身を貫いた。それほど龍馬への想いが強かったとされる。墓標には「坂本龍馬室」と彫られている。

「お元」 龍馬が亀山社中(海援隊)を創立後に会った長崎の芸妓。龍馬や亀山社中の浮名(悪い噂)を流していたとされる。
不明な点が多いが、お元の出身地「長崎茂木村」はキリシタンが多く「龍馬伝」では熱心なキリシタンな」描写が色濃く描かれている。お龍が下関に居たときは「お元」のところへ赴き、一緒に暮らしていたという。

ホントに龍馬は浮気者でした、決して崇められるような人物ではありません。


第2位 山を踏みにじった悪行。
これは龍馬よりもお龍が悪い。これは第一位にも関係する話。
宮崎・鹿児島両県の県境となっている。山頂部は宮崎県高原町に属する霧島連峰の高千穂に新婚旅行で訪れた話。
ここでは女人禁制とされる山に女のお龍を入山させたとして、罰が当たって暗殺されたのではないかとされている話もある。


第1位 国宝を破壊した悪行
新婚旅行での続きの話。霧島連峰の女人禁制という掟を破りながらも国宝を破壊するという見事な所業。
高千穂峰の頂上には天孫降臨神話の地とされており、山頂にある青銅製の天逆鉾(あまのさかほこ)が、霧島東神社(きりしまひがしじんじゃ)の御神体(社宝)として崇められている。
天逆鉾は天沼矛(あまのぬほこ)ともいいイザナミとイザナギが国産みの際に使ったとされる矛が刺さっている。国産みの後に天逆鉾は、大国主神を通してニニギノミコトに譲り渡されて国家平定に役立てられ、その後、国家の安定を願い矛が二度と振るわれることのないようにとの願いをこめて高千穂峰に突き立てたという伝承がある。
龍馬は山頂に行き、お龍と天逆鉾を引き抜いたとされる。その後、大雨や災害などで矛は地盤が緩み壊れたとされる。
残念ながら現在の天逆鉾は柄の部分は地中に埋まっており、刃の部分は行方不明となっており、レプリカになって触れないようになっている。

選外 司馬遼太郎の罪。
直接龍馬は関係ないが、龍馬を神格化させた張本人。龍馬ブームの火付け役でもある。
司馬遼太郎著「竜馬がゆく」が描かれる前は僕松に詳しい人でないと龍馬の存在を知らなかったと思います。
実際、龍馬は影の存在であり、龍馬は暗殺され存在を消されたという考えもなきにしもあらず。
ただ、「竜馬がゆく」では龍馬の行動にちらほらと話を盛っている場面が多かった。そのためスゴイ人物という印象がついたのだと思われる。
実際の話、後に調べると龍馬の北進一刀流は剣術ではなく「長刀術」であること。免許皆伝をもらってはいるが達人レベルではないことが判明しており。龍馬のまわりには、岡田以蔵や武市半平太など剣術の達人は多数おり敵わなかったという。
なので「これからは銃の時代」と懐には必ず銃を持っていた。


悪行ランキングという形で紹介したが、都市伝説というよりも雑学に近い話になってしまいました。
こんだけボロクソ書いていても私自身龍馬伝を3周ほど見てます。はい、かなりの大ファンです。
龍馬にはいろんな黒幕とかがおり、龍馬の都市伝説「グラバー」が有名ですが、あえてその話は出しませんでした。
またいつか、グラバーの話をしようと思います。
龍馬馬
スポンサーサイト

Hugo_van_der_Goes_009.jpg
概要
 3大宗教の最古の文献と呼ばれる旧約聖書「創世記」におけるアダムとイヴ(エヴァ)は、人間の先祖であり有名な絵画が多数存在する。アダムとイヴは神様(ヤハウェ)に「食べてはいけない」といわれていた禁断の果実をイヴは蛇にそそのかされ、果実を口にしエデンの園から追放された。この話を失楽園(パラダイスロスト)という。
 この失楽園という有名な話だが、この禁断の果実というのは絵画などの芸術作品において、リンゴで表記されていることが多い。その影響により「禁断の果実=リンゴ」が世間的に周知されている。
 だが、禁断の果実というのは「善悪の知識の木」と書いてあるだけでリンゴとはかかれていない。リンゴというのは寒い地方に成る果物であり、乾燥したユダヤ周辺にリンゴの木は存在しなかったとされ「禁断の果実」は現代では、リンゴである可能性は低いとされる。


リンゴの理由
 なぜ、原文では特定されていない実がリンゴと特定され定着したのか。
旧約聖書の原文はヘブライ語で書かれており、一説にはヘブライ聖書の一編にある雅歌のなかで「林檎の木の下で、私はあなたを呼び覚ました。母親は彼処(かしこ)であなたのために産みの苦しみをなし」という記述があり、「産みの苦しみ」を「墜落」と解釈し林檎~墜落~禁断の果実となっていったのだろう。
 さらに、聖書をラテン語に翻訳した際に誤訳されたとする,禁断の果実を指すラテン語の「malus」には二つの意味があり、形容詞として使われる場合では「邪悪な」を意味し、名詞では「リンゴ」である。禁断の木の実をリンゴとする説は、邪悪な木の実」と「リンゴ」を混同されている。
 またギリシャ神話においても、ヘラ、アテナ、アフロディーテの3女神が美を追求するがために「黄金の林檎」を巡って争いを始めることから「リンゴは災い(墜落)をもたらす果実」として描かれることが多い。性愛を司る女神ヴィーナスの象徴がリンゴであり「性の象徴=禁断の果実」と結びつかないこともない。


人は我々のひとりのようになり
アダムとイヴは果実を食べた後、裸であることが恥ずかしく思いイチジクの葉で陰部を隠した。これは神に背いた罰として「男は労働の苦役」「女は出産の苦しみ」を与えられ、蛇は神の呪いとして地を這うこととなった。(上画像のトカゲ人間は蛇の前の姿)
男性についている喉仏はアダムは食べた禁断の果実を躊躇しながら飲み込んだために詰まらせた痕であるとされている。そのため西洋諸国では喉仏のことを「アダムのリンゴ」という。
marusyoku.jpg

最近世界で一番高い遊戯王カードが更新されました。
今まで不動の座に居座っていた
ステンレス仕様「カオス・ソルジャー」英語名「Grizzly, the Red Star Beast」
大会優勝賞品で世界に1枚しか存在しない価格は248万円の価値が付いている。
カオスソルジャーをその不動の座から蹴落としたカードが
羅阿邪神将アギバ
英語名「Aggiba, the Malevolent Sh'nn S'yo 」2009年世界大会賞品。
150万~250万円の価値があるという。ただし、このカードはステンレス製でもなく特に装飾が施されているわけでもないのでやはりカオスソルジャーよりも希少価値があるものではない。

現在ネットで検索すると998万円でステンレス製のカオスソルジャーが販売されているといった情報があるが、この値段は店主が人手に渡っていくらかの値段で貰い受けたものとプラスして
千年原人(試作品のレプリカウルトラレア)
青眼の究極竜(試作品のシークレット)
メテオブラックドラゴン(試作品のウルトラレア)
ファイヤーウイングペガサス(試作品のウルトラレア)
青眼の究極竜(シークレット)
メテオブラックドラゴン(ウルトラレア)
ファイヤーウイングペガサス(ウルトラレア)
デュエリストIDカード
デュエリストネームカード
千年原人(ウルトラレア)
ゲート・ガーディアン(ウルトラレア)
マジシャン・オブ・ブラックカオス(ウルトラレア)
トライホーン・ドラゴン(ウルトラレア)
アクア・マドール(ウルトラシークレットレア)
青眼の白龍(シークレットレア)
ブラックマジシャンガール(シクレア&レア)の2枚セット

第二回全国大会の
髑髏の司祭ヤスシ T2-02(ウルトラレア)
山岳の闘士トモヒロ T2-01(ウルトラレア)
闇道化師と化したマサヒロ T2-03(ウルトラレア)

アジアチャンピオンシップの
青眼の究極竜 T3-01(ウルトラレア)
デーモンの召喚 T3-02(ウルトラレア)
クリボー T3-03(ウルトラレア)
ヂェミナイ・エルフ T3-04(ウルトラレア)
真紅眼の黒竜 T3-05(ウルトラレア)

【通常モンスター】
◆星8/地属性/戦士族/攻撃力 3000/守備力 2500
B・W・Dと同等の能力を持つ最強の戦士。
といったプレミアオールスター価格となっている。
20120829204506e50.jpg


世界一高価な野球カード
インターネットのオークションで、1909年から1911年まで発行されたT206シリーズのホーナス・ワグナー遊撃手(パイレーツ)の野球カードが2007年2月28日に235万ドル(約2億8500万円)で落札されました。

ホーナスワグナー選手は、メジャーリーグで1890年代後半から1910年代まで内野手(遊撃手)として活躍した野球選手。"The Flying Dutchman"(フライング・ダッチマン)の愛称を持ち、史上最高の遊撃手との声も高い。

アメリカ野球殿堂開設時の最初の殿堂入り選手となる。ピッツバーグ・パイレーツで初めて背番号33が永久欠番に指定(1952年)されているが、ワグナーの現役時代は背番号がなく、この背番号は引退後の1933年から1951年まで、ワグナーが打撃コーチとしてパイレーツに現場復帰したときにつけていた背番号である。


価値が高くなった理由
現在野球カードというものはお菓子の中に食玩として入っており、子供から大人まで手に入れる事ができていたが、当時の野球カードはたばこのおまけとして発売されたものです。
ところが、子供たちが、カード欲しさにたばこを購入することを快く思っていなかったからとも、ワグナーに支払われる報酬に合意できなかったからとも諸説ありますが。ワグナーは販売後すぐにカードを回収させました。未回収のカードは「レアもの」として、市場では需給バランスの関係上価格が高騰しました。
33年には、カード専門誌に市場価格は約50ドルで、「世界一高価な野球カード」として知られている。

比較的最近では07年に280万ドルで落札されたことがありますが、転売を繰り返され注目されるようになったのは、91年に45万ドルで購入したオーナー(有名なアイスホッケーの選手でした)が95年に50万ドルで売却した。
歴史的にも非常に価値のあるカードであることは確かですが、狂乱価格はここ20数年のことなのです。その背景としては、ネットオークションの普及、野球カードやサインボールといういわゆるメモラビリア(記念品の意)としての収集価値があるのでしょう。
野球殿堂という場所には「ホンモノ」のT206シリーズが展示されています。あまり知られてはいませんが、野球殿堂の展示物は買収するのではなく収集家や選手から寄贈されたものだそうです。
img_433772_29599984_0.jpeg


ちなみに、一番初めの1939年、ニューヨーク・ヤンキースでルー・ゲーリッグが使用していた4を欠番としている。
日本は、読売ジャイアンツ王貞治(一塁手) 1989年3月16日。入団当初から監督退任までの30年間使用。同一人物による途切れなしでの30年間使用は日本最長である。
premium_ph002L.jpg

この話は都市伝説とも何とも関係ない雑学の範囲なので小ネタで記事を書こう思う。

塩には謎の力があると昔から言われて
相撲の土俵入り・魔除け・殺菌作用・錆落とし・塩漬け・葬儀・調味料等。
食事以外にも様々な作用があり日本人として見たことない人・食べたことない人はまずいないだろう。

中国の皇帝が何十人ものお妾(めかけ)さんの中から今夜のお相手を捜すのに面倒だから牛車に乗り牛が適当に止まった部屋の女性と一夜を過ごす事にし頭の良い女性が自分の部屋の前に塩を盛っておくと
牛は塩を舐めたさに部屋の前で止まるので女性は毎夜皇帝と過ごし皇帝の寵愛(ちょうあい)を得たという話から塩を盛って置くとお客が来るという縁起物になったという話。
この話は都市伝説界では一般常識という程、知名度が高い。

ならここで生まれる謎は何故相撲などで塩を使い「清める」という話があるのかという事。


塩には時別な力があるッ!!
「記紀神話」(古事記や日本書紀)には「妻 伊邪那美命(イザナミ)に先立たれた伊耶那岐命(イザナギ)が、黄泉の国に行き亡き妻に会ったが、妻は穢れた姿になっていた。同時に伊耶那岐自身も身を穢れてしまった事に気づき、黄泉の国から逃げ帰ってきて川につかって体を洗った。そのとき多くの神々が生まれる。最後に天照大神(アマテラス)・月詠命(ツクヨミ)・素戔男尊(スサノヲ)の三貴子が生まれた。」と記されており、この故事から、潮水である海水を浴びて身を清めたり、その潮水を用いた塩湯がお祓いに使われるようにもなっていきました。
つまりかいつまんで説明すると、「禊ぎ」から「身そぎ」「水そぎ」から通じて、水で穢れを洗い流すことになる。
穢れを清め、不浄を浄化しますが、それは、海自体が禊ぎの場であり、穢れを祓い清め浄化作用を持ち、そこから取れる「塩」は神聖なもので、万物を祓い清める浄化の物として、塩を神に供える事となりました。
海から直接採った塩のほうがより効果があるとされています。


新道とお酒
祭りは神を「マツ」ことであり、また神に「ツカエマツリ」「タテマツル」事が語源で、神を待ち、仕え奉り、奉る人は、俗世と一線を画して斎館(いみやかた)や精進屋(しょうじんや)などに「斎籠(いみごも)り」し、物忌(ものい)みと禊(みそ)ぎ祓(はら)いをして心身を清浄にします。
神の饗応(きょうおう)である祭りの進行となり、神迎えの宵(よい)祭りとして、神殿の扉を開く「開扉(かいひ)の義」、神霊を降臨する「降神の義」を行います。
次に、神の饗応である本祭りでは、神とともに食事をする「神饌(しんせん)の饗応」します。
その神饌に供える代表として、稲米であり、それから作られた御飯(おんいい)、神酒(みき)、餅を供え、副食として魚介、海藻類、野菜、根菜類、果物、木の実類、肉類などを供えます。
そして、神楽(神人一体の宴の場)を奉納し、神祭りの由来や主旨を述べ、祭神の神話やご神徳をたたえて願い事を祈願する祝詞奏上します。
神楽の中で巫女が舞を披露した後は楽しむ意味を込めて太神楽曲芸(だいかぐら)という演芸の披露が行われる。
kasaguruguru.jpeg
有名な傘まわし


海外でも塩は神に関係する!?
仏教。葬式の後の清めの塩は日本古来の習慣からきたもので、仏教とは関係ない。 仏教のお寺に塩はない。
キリスト教の教会で塩を見た事はない。使わない。
ヒンズー教はガンジス川で沐浴(もくよく)といって身を清める行為をするが、聖ヨハネによりイエスもヨルダン川で洗礼を受けたことを意味しているものであり塩とは関係がない。

どこが塩と関係があるのかと言うとユダヤ教である。
都市伝説マニアの方ならご存知だろうが、「日ユ同教論」「日ユ同祖論」という話が存在する。
ユダヤ教の正典、旧約聖書レビ記 2:13には次のような記述がある。
「あなたの穀物のささげ物にはすべて、塩で味をつけなければならない。
あなたの穀物のささげ物にあなたの神の契約の塩を欠かしてはならない。
あなたの捧げ物には、いつでも塩を添えてささげなければならない。」

さらに日ユ同教論の共通点を見つけてしまったわけである。

禊ぎによる塩と言うのは昔から宗教に関係がありユダヤ教にも関係があるという事になる。
01.jpg

私みたいなモテてない人間がこんな事を語るのがまさに皮肉ですね。ホント記事書くだけでもテンションが下がる内容です。
私みたいにモテない人間にとってモテ期というのはまさに「都市伝説」
モテ期というのは人生に3回くるらしいですよ。
モテ期=一部の期間に集中する異性から恋愛対象にみられる期間をモテ期と言う。


モテ期は人生に3回訪れる
「“人生にモテ期は3回ある”というウワサは本当だと思いますか?」という質問には全体の80%もの人が「思う」と回答
「今までにモテ期を経験したことはありますか?」とも聞いてみたところ、こちらも78%と大多数の人が「ある」と回答
やっぱゼクシィの野郎共め…。(ゼクシィの調査結果)

モテ期が訪れた年齢は、「19歳」と「20歳」が最も多い結果
・19歳/20歳…10%
・22歳…8%
・21歳/23歳/24歳…7%
・17歳/18歳/25歳…6%
・15歳/16歳…4%
はい…。私はもうおわりですね8%に賭ける人生もどうかと思うけどね!!


「3」それは不思議な数字
3という数字が人間の脳がいちばん認識しやすく、頭に残りやすい数字でマジックナンバーとしても知られている。
実際聞いたときに。
「私は2回モテ期がある~。」と「私は4回モテ期がある。」
4回は多い気がしません?でも2回だと少ないと感じる不思議。


呼び寄せることができるモテ期
はぁ!?マジかよ!!
そんなもんあるならさっさと広めろよ!!ぼけええええぇぇぇぇ!!
っと思う方もいr……るかな?
ちょっとした話によるとモテ期というのは風水みたいに呼び寄せることができるみたいですね。
『モテ期が訪れる人には「何かに集中している」という特徴が共通』
『仕事にしろ、趣味にしろ、とにかく何かに熱中している姿には、恋を呼び込むパワーがある』


ここ十数年2ちゃんに熱中してます^p^

こんな私みたいな人はモテないのも無理はないでしょう。

『なぜ、人にモテ期があるのかというと、モテているときというのは心に『余裕』がでてくるから』
『異性から好かれる人に共通するポイントとして「リラックス」 「余裕」の二つの特徴』
私はずっと「春日のココ空いてますよ」状態なんだが。
cycaqllyx8A.jpg

モテ期を作り出す方法のコツは、「自分はモテている」と思うこと
モテ期に突入するためには。自分の弱気な心理に押し負けないぐらいの、力強い自信が必要(まとめより)
1bfbebcb7790d44dd784307c073efcf2d9115913.gif

ここまでさんざん語ってきたが私が考えるに結局のところ。。。
※ た だ し イ ケ メ ン に 限 る
この言葉が意表をついている素晴らしい言葉だと思うんだな。まさに哲学!!
お金持ち・楽器をやってる・スポーツをやってるなど、一般にモテ要素とされるものが豊かな人物がいるとしよう。
だが、もしその人物がとてつもなく不細工だったらどうだろうか?

反対に、オタク・貧乏・口下手など、これらは普通評価としてはマイナス要素にしか見えない。
だが、もしその人物がとてつもなくイケメンだったならどうだろうか?

多彩な趣味を持っており異性からは※だと「いっぱい趣味を持っているんだね★ステキッ!」
一方、非※の場合は「はぁ?きもちわる。」これが現状だと思う。というか私の実体験でもある。

モテ期なんか都市伝説じゃい!!
SS000266.jpg
(モテキは黒い漫画なのでみないほ…。 いや、すばらしい漫画なので是非見てください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。