wonoko01

「をのこ草子(をのこ草紙)」という文書を知っていますか?
江戸時代にかかれた読み物で、作者不明であり、成立年代もはっきりしておらず。徳川8代将軍である徳川吉宗の時代(1716~1745)あたりに記されたものだという。また一部では、書物自体無いとされる説もある。
だが書いてある内容が驚くほど現代日本の世相を言い当てているため、予言書ではないかと有名なった文書である。


概要
「今より5代250年を経て、世の様変わり果てなむ。切支丹の法いよいよ盛んになりて、空を飛ぶ人も現はれ、地をくぐる人も出るべし。風雲をかりて雷電を益するものもあらむ。死したるを起こす術もあるべし。」
「さるままに人の心も漸く悪となりて、恐ろしき世の相を見つべし。妻は夫に従はず、男は髪長く色白く痩せ細りて、戦の場になぞ立つこと難きにいたらむ。女は髪短く色赤黒く袖無き着物を着、淫に狂いて父母をも夫をも、その子をも顧みぬ者も多からむ。」
「よろず南蛮の風を学び、忠孝節義はもとより、仁も義も軽んぜらるべし。」
「かくていよいよ衰えぬるそのはてに、地水火風空の大いなる災い起こりて、世の人十が五まで亡び異国の軍さへ攻め来るべし。」
「この時神のごとき大王いでまい、人民悔い改めてこれに従ひ世の中再び正しきに帰りなむ。其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし」



解説
 本書については、古神道家の友清歓真(ともきよ よしさね)が昭和5年に一部を引用して書いており、他にも昭和10年に著した中国学者の石山福治の著書にも書かれている。友清歓真は、雑誌の切り抜きを見せられたと伝たえており、少なくとも戦前までに大衆紙に記載されるなど、盛んに流布していたようです。
一段落目では日本の成長模様が書かれており、それ以降は日本人の在り方について書かれている。

 「切支丹の法」というのはキリスト教のこと、当時(江戸時代)は切支丹や耶蘇という表記であり異教として蔑まれており、異教を信仰していようものなら斬り殺されたり、踏絵で無理に改教させようとしていた世の中。
本書では「切支丹の法いよいよ盛んになりて」とある、日本で他宗教が受け入れられてきた時期は昭和の中期・後期頃。いまでは宗教差別している人間のほうが敬遠される時代になりました。
 「空を飛ぶ人も現はれ、地をくぐる人も出るべし」これはおそらく、飛行機や地下鉄などのこと。飛行機が日本で作られ始めたのは大正時代あたり、地下鉄とはいえないが地下を移動手段に使い始めたのは第一次大戦の時代
 「風雲をかりて雷電を益するものもあらむ。」風力発電や火力発電ことであろう。
日本人が初めての電気の存在に気づいたのは「エレキテル」の1765年。
 「死したるを起こす術もあるべし。」臓器移植や昔の医学では死んだも当然な治療不可能な病気も治すことができるということを指しているのではないか。今では万能細胞といわれるIPSやSTAP細胞などで死んだ臓器を再生することも可能となっている。
 「妻は夫に従はず~」女性の権利というものが平成になってから急成長してきました。
フェミニズムなんてものも出てくるほど女性が社会に進出し好き勝手やっています。(これ以上は自粛)
まさに現代から来たタイムトラベラーのように今の日本社会をズバズバ当てています。
 「異国の軍さへ攻め来るべし。」戦争を指しているのではないか。
 「この時神のごとき大王いでまい、人民悔い改めてこれに従ひ世の中再び正しきに帰りなむ。其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし」神の如き大王が天皇や総理大臣ではなかったら何なのか、もしかしたらブルービームかもしれない。100年というのはおそらくとてつもなく長い時間という意味だろう。


おわりに
明治以降、西洋近代文明を取り入れた日本社会は、急成長し現代では豊かな国となりました。「をのこ草子」は西洋の文明を取り入れた故に西洋の物質文明や価値観により日本人の心はしだいに失われることに危機を示す警告なのかもしれない。
またこの文を陰謀に置き換えて展開させている人もいるようです。(災害=3.11 異国=宇宙人説 雷電を益する=HAARP)
この書を公開した神道家の友清歓真は日本を学びつくし教えを説く、いわゆる保守派の人間。をのこ草子のような保守的な考えを持ってもおかしくは無い。この内容は日月神示と似ており、神道を学んでいるものなら内容は知っているはず。
そうなると友清が「江戸時代にあった書物」という体で作られた話であるかもしれない。
wonoko02
スポンサーサイト

今、話題騒然となっている謎の人物ELIZA。(イライザ)
みなさんがiPhoneをお持ちならSiriにELIZAの存在について、聞いてみては?


ELIZA001

昔話
今頃ELIZAが話題に上がるなんて、目の付け所がシャープですなぁ。
実はかなり昔からある名前。遡る事、いまから50年前。
1966年、まだ、世界にパソコン自体普及しておらず、インターネットがまだ、軍事利用専門だった時代。
ELIZAの原型はクライエント中心療法を目的とした、チャットプログラムとして開発された。(クライエント中心療法については後に記載)
プログラムの簡単な内容としては、例えば、「頭が痛い」と言えば「なぜ、頭が痛いとおっしゃるのですか?」などと返す。
つまり、「頭が痛い」は「”A”が”B”」と処理し、「なぜ~ですか?+”A””B”=なぜ、頭が痛いのですか?」と返答する仕組みになっている。ほかの言葉でもより人間らしい反応をするように複雑に作られている。

わかりやすく説明すれば、言葉の要所要所だけ抜き出し返答する、おしゃべりロボット


なぜ、今話題なのか!?
上記の話は都市伝説というよりプログラムの知識なのでみんなが知らないで当然の話題だ。
だが、ELIZAの拡張版である「Siri」が私たちの身近に存在する。

SiriにELIZAの質問をすると曖昧に返答が返ってくるらしい。
NEVARまとめでは、女性、精神科医、Siriの先生に当たる人物とまとめられている。
クライエント中心療法は精神科医というより心理学のジャンルにあたる。
女性というのは、ELIZAという名前である、ジョージ・バーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』の登場人物イライザ・ドゥーリトルにちなんだものである。彼女は上流階級のアクセントでの話し方を教えられる労働者階級の役であるため、女性であると考えられる。
感情をもつロボットは多数存在する、映画「THX1138」や「2001年宇宙の旅」、「アンドリューNDR114」最近だと「イヴの時間」など様々ある。
Siriはいわゆるパロディのパロディという感じだろう。
ELIZA Wiki
ELIZA効果 人間っぽい反応をするボット

*クライエント中心療法とは…。
無条件の肯定的関心、共感的理解、自己一致をどう実現するかが重視される。カウンセラーの態度条件を満たすためには、カウンセラー自身の自己実現が求められる事となる。
つまり、相談者側が悩みをしゃべり、それに対して、自分がどのような人間であるかを気づき、今後悩みをどう解決へと展開させていくか、クライアント自身に考えさせ自己理解させる療法。
クライエント中心療法

しかし、人の心理を扱うマシンとはたまげた物をつくるなぁ
機械が機械を操る時代になると、ほんとに人間は不必要になる。いくら近代化が進んでも機械に支配される時代になるのは避けたいものである。 記事を読む →

STAP01

毎度毎度世間をお騒がせしている理化学研究所
伊集院光さんが陰謀論に異を唱えたことで有名になったSTAP細胞陰謀論について紹介したい。


闇の権力か!?
世紀の大発見STAP細胞は、実は某国の医薬権益を脅かすものだけでなく軍事転用も可能な画期的な技術であり、某国にとっては、他国にその技術が流出することは安全保障をも脅かす存在なのであった。

一時はマスコミの寵児となっていたが捏造判明後は叩かれ続けている・
しかし彼女はどれだけたたかれ続けても必要な書庫を公表しないのが謎である。
彼女が米国留学時代に師事したハーヴァード大学のバカンティ教授が一説によると小保方氏が発明しているSTAP細胞の基となっている。
そのバカンティ教授はイルミナティーとつながりがあるという。
ハーヴァード大学のスポンサーはイルミナティの最上級権力者と思われるロックフェラー財団なのだ。
またロックフェラー財団は特許商売でかなりの金儲けをしている実態がある。
小保方氏、又は理化学研究所がSTAP細胞の研究が滞った時期にハーヴァード大学が引き継げば自然とロックフェラー財団のものとなる。さらに、バカンティ氏もノーベル賞も獲得できるという仕組みで現在のSTAP細胞問題は闇の権力により封じられている。


うわさの広まり
およそ事実とは認めがたい、でたらめな陰謀論だが、フェイスブックを中心にネット上ではかなり浸透 しているようだ。すでに「いいね!」は1万6000件以上つき、「激しく同感」「私もSTAP細胞はあると思いま す!」「シェアします!」などと賛同のコメントが並んでいる。
バカンティ教授のWikiをみたらわかるが、小保方氏にかなり協力的であることわかる。
これもまたこじ付け論なのだろう。

結局インターネットで調べても某国、某国としか出てこなかった。(あまり調べていないが…。)
陰謀で塗り固められたアメリカ国はもう某国とかしなくてもいいと思うんだよなぁ~。

まずはこの絵を見ていただきたい。
SKYTU04.jpg
左奥の巨大な塔が某番組でスカイツリーではないかと謳われた歌川国芳(うたがわくによし)の「東都 三ッ股の図」
隣の物見櫓を見てわかるようにかなり巨大な塔が立っているかがお分かりであろう。
描いている当時はそこにあったのかもしれない。だが、そのような確かな記録もなく、しかも後にその場所にスカイツリーが建っているとなると偶然の一致とは思えない。


国芳は予知能力者!?
歌川国芳という人物、奇才とよばれるほど奇妙な絵をよく描く人で有名である。
UTAGAWAA.jpgUTAGAWAAA.jpg
左:国芳肖像画 右:作品「みかけハこハゐがとんだいい人だ」

この噂が広まったのはネットとメディアが原因だ。
SKYTU01.jpg
ほかにもBS朝日で「時をかける浮世絵師 歌川国芳:江戸にスカイツリーを描いた男」で一躍この話は有名となった。
某都市伝説番組でも取り扱われてから都市伝説サイトでも多く掲載されるようになった。


注意してよく見ましょう
SKYTU05.jpg
こちらスカイツリーと思わしきものの拡大画像がこちら
スカイツリーみたいな形をしているが骨組みみたいな簡素な形をしている。
SKYTU03.jpg
こちら同じ国芳の作品
子どもが井戸の掘削櫓の上に登って遊んでいる図 これはつまりボーリング設備の建物
スカイツリーはこれではないかという説が強い(というよりこれしかないだろww)

実際、歌川国芳も、別の作品で井戸掘り櫓の建設風景を描いている作品が複数あることから、当時は多く巨大な骨組みの塔が作られていたのだろう。

2006年1月、ニューヨークの精神科に、ある1人の女性が訪れた。その女性は現実に逢ったことのない男が、しばしば夢に現れると言いモンタージュを描いた。そして数日後、今度は男性の患者が病院を訪れ、先の女性と似た話をした。男性が描いたモンタージュが、女性のモンタージュと似ていたというのだ。
この現象に興味を感じた精神科医は、モンタージュを同僚の医師たちに送ったところ、4人の患者が同様のモンタージュの男を描いたという。
そのモンタージュの男は『This Man』と名付けられた。
Thisman01.jpg
目撃した人たちは、『This Man』が夢の中に現れた時のことをこう証言している。
「『This Man』が夢の中で私のそばに座っていた」
「窓の外から、『This Man』が私をずっと凝視していた夢を見たことがある」
「私が夢で最初に彼に会った時、彼と恋に落ちていた」


捜索活動はインターネットだけでなくアメリカ、イギリス、ブラジル、イタリア、スペイン、ニュージーランドなどで、ポスターが貼り出されている。サイト運営者は、「『This Man』に遭遇して怖い思いをしている人を孤立させない」「世界中の人が同じ人物に夢の中で出逢う謎を解明する」この2つの目的のために、活動を続けていると伝えている。
Thisman04.jpg
Thisman02.jpg


この男はいったい…。
みなさんはこのおっさん見たことありますか?
この男は架空の作られた人物ではあるが元になった人物がいる。
イタリアのゲリラ・マーケッター、アンドレア・ナタレ(Andrea Natella)さん。実はこの男が噂を広めた張本人なのだ!!
Thisman05.jpg
噂を広めた原因は「世の中にデマが広がる速度」を調べるべく、自分の顔をイラストにして、適当にでっち上げたて、ネットに流したのだそうです。
すると、予想以上の速さでそれが世界中に拡散され、立派な都市伝説に成り上がってしまった。
まさにアンドレアさんの思惑通りになってしまったのだ。

テレビ東京「やりすぎ都市伝説」に取り上げられた際のtwitterの反応
Thisman俺も見たwww
this manにそっくりなヤツをつい昨日夢で見たけど、私はアメリカ軍の実験台だったのか。こわー!
ディスマン私の夢にもでてきたことあるきがする.....!くそこわ(;ω;)!

デマに引っかかったやつザマァーwww

「ゲリラ・マーケティングとは、低コストで慣例に囚われない手段(落書、ステッカー爆撃、フラッシュモブ)
を使った広告戦略であり、製品やアイデアを売り込むために度々局所的な場所もしくはインターネット上の大規模ネットワークで行われる。」
この言葉を知っていればこれが戦略とわかっていた人もいるかもしれません。


噂で大騒動
先ほどTwitterでだまされたやつザマーと書きましたが、それが普通なんです。
1938年(昭和13年)10月30日にアメリカのCBSラジオで、ハーバート・ジョージ・ウェルズ原作の「宇宙戦争(The War of the Worlds)」が、ラジオドラマとして放送された。
ニュース放送風にドラマを実況していたため、「アメリカ軍と火星人との戦いや、全米の各都市の被害状況を実況中継していくニュース」という形で放送したのである。放送終了時にはリポーターも含め登場人物のほとんどが死んでいった。
舞台となったニュージャージー州では、多数の人が家を飛び出し避難し火炎砲にそなえて濡れたタオルを持って逃げている人も多くいた。
隕石落ちた地点を探しに行ったり、教会に行って懺悔したり、ニュージャージー州のニューアーク市の警察にも電話は殺到し、などの問い合わせが一時間で880件も来た。
SENSOU01.jpg
SENSOU02.jpg
ちなみに火星人がこのような形で認識されたのも「宇宙戦争」がきっかけである。

詳しい話は除くが過去にこのようなアメリカ最大のお騒がせ事件が起こっていた。
口裂け女も同じ話で、噂話は広めようと思えばいくらでも広められます。

自分の周りの人、皆がこの話を知ったら。明日Thismanを見てもあなたは信用されないだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。