今となっては知らない人はいないとされるゾンビの基礎を作り上げた「バイオハザード」シリーズ。
1996年にPlayStationで発売されて以来、シリーズ化され、携帯アプリも含めて様々なハードで商品展開されている人気タイトル。移植作品を含めた、2014年12月31日時点のタイトル数は93作品にも及び、全世界でシリーズ累計6,200万本以上を売り上げている。同社では本作のヒットを機に、基本システムを流用した他のシリーズ作品として、『ディノクライシス』『鬼武者』『デビルメイクライ』『カオス レギオン(一作のみ)』などといったゲーム群も発売している。
映画では興行収入9億ドルもの売り上げを上げているゾンビ界の金字塔ともいえるべき存在です。
今回はそんなバイオの裏話を紹介したいと思います。


バイオハザード1.5
バイオ2を製作する際に没となったデータが存在する。
その没データに関する動画が最近になって海外のファンによって流出した。
1.5に関する話は2の発売前から言われており、ファミ通がバイオ2販売前に1.5の写真を公開していたことが後に明らかになった。
当時ファミ通はゲーム情報の最先端を行っており、ネット情報よりもファミ通のほうがゲームに関して情報通だったといえる。
resident-evil-15.jpg
elza-walker.jpg
エルザ・ウォーカーの代わりに参加したのがクレアである。
バイオ2ではクレア編・レオン編という2つのパートに分かれているのだが、その交差するストーリーの末2人は行動を共にするのだが、エルザとレオンには接点が無いストーリーが構成されていた。
唯一のクレアとエルザの共通点は、エルザがレーサーでクレアがバイク好きであることだけである。
1.5の完成間近にバイオプロデューサーである三上氏は「面白くない」とのことで急遽1から作り直すことにしたそうです。
claire_bh2b.jpg
エルザのほうがカワイイッ!!

1.5同様に「3.5」・「64版バイオ0」の開発の没企画も流出している。
CAPCOMガバガバすぎんよ~


消えたキャラクターたち
バイオシリーズに裏話はつきモノだが、初代バイオはかなり試行錯誤して作られたそうで、企画時の画像や設定資料、コンセプトアートなんかもかなり流出している。
その中でも初代バイオのアートにこんなものがあった。
re1-cut-characters.jpg
Gezzler.pngDewey.png

"完成品に登場する主要メンバーはクリス、 ジル、 バリー、 レベッカ、 ウェスカーの5人だったが、 制作途中で消えたキャラクターが実は2人いる。一人は、 ゴリラのような体格をした白人で、 いかにも歴戦の雄といった感じの男。 かつての戦いで右目を失い、 そこには赤外線スコープ付きの義眼がはめ込まれている。力が常人より桁外れに強く、 重いものでも動かすことができたり、 重火器を使いこなせたりと、 頼もしい助っ人キャラクター。(当初、 吊り天井のイベントは、 この男のためにあった。この男が落ちてくる天を両手を挙げて支えている間に、 プレイヤーが吊り天井を止めるスイッチを探し2人で協力して危機を脱出するイベントだった)"米アンサイクロペディアより
黒人ではないがバイオ0に同名のキャラが存在し、ゲルツァーと似たようなな体格であるため、2人のキャラを参考に作られたのではないかと考えられるが、いまのところまったく関係はなさそうだ。


ミスから生まれたプレミア品
re-revelaitons.jpg
コレ見て一発でわかったらスゴイです。(そうでもないかも…。)
3DS版バイオハザードリベレーションズ。

これ実は表記ミスでパッケージの表面と側面を見てもらえばわかるが、「Revelaitons」・「Revelations」とIの位置を間違えたスペルミスが初回生産で発生したため、取替えサービスを行ったが、そのミスが反って値段が高騰し、プレミア品となった。
laitions.jpg
転売かな? 海外はやることが違いますねぇ


私が始めにバイオを始めたのは「ガンサバイバー」と「バイオ2」ですね。
バイオハザードシリーズは結構やりこんでますけどストーリは未だ把握できず…。

一番ハマったのがアウトブレイクなんで早くリメイクか市民の協力系のゲーム出してくれませんかねCAPCOMさん。
切実な願いです。
スポンサーサイト

「漫画やアニメが未来を予言していた!!」なんてことはよくあること。
その中には、MMRのサリン事件やジョジョの9.11事件など世界に大きな影響を与えるシャレにならない事件まで予言されている。
今回紹介するのは、その中でも一際異彩を放つ「Sirial Experiments Lain(シリアルエクスペリメンツ レイン)」という現代のネット社会を現したアニメである。


アニメの内容
Sirial Experiments lain(以下Lain)にはアニメとゲームが存在する、どちらもネット社会とそこに佇む岩倉玲音(いわくら れいん)という少女が出てくる作品である。
アニメとゲームは「マルチメディア企画」といって同時期に公開されているが、内容はまったくの別物なのでどっちも見なくてはならないということはなく片方だけ見ても理解できる?内容となっている。
今回紹介するのはアニメのほうである。

『存在は認識=意識の接続によって定義され、人はみな繋がれている。記憶とはただの記録にすぎない。』という世界観のもとで繰り広げられる、14歳の少女・玲音(lain)をめぐる物語。リアルワールドとコンピュータネットワーク・ワイヤード(Wired = 繋がれたもの)に遍在する「lain」という存在について。
登場する舞台は高度ネットワーク社会。ごく一般のおとなしい少女の玲音だが、突如クラスメート中に先日自殺した少女四方田千砂からメールが届く。
それがきっかけで玲音はPCや情報に関するさまざまな知識を身につけると同時に奇怪な事件に巻き込まれることになる。
玲音は自分の存在とともにリアルワールドとワイヤードの「壁」を取り払い、どこにいても人は繋がっている社会形態を作り出し証明することを実現させる。


予言というか先見の明。
これだけいわれても「ん?」となる内容だが、公開された1998年という現代社会は一家に一台という時代ではあったが、今のようなコミュニケーションツールとしてではなく、メールは行うが基本的に仕事ととして使うのが一般的であった。
次第にレインはネットとリアルの区別がつかなくなる。これは現代社会でもネットワークが爆発的に普及し始めた時そうであった。知っている人は知っている「キレる17歳事件」「ネオ麦茶事件」である。
ネットワークがコミュニティ的な存在になったのが1999年あたりの「2ch」の誕生である。
2002年から2007年まで「Flash黄金時代」であり、そこから子どもから大人までネットがソーシャルに利用され「ネットとリアルの壁がなくなる」「人はどこでも繋がっている」ということ。
このアニメで現代を示唆しているところである。いまやネットが情報の発信地であり、さまざまな情報を得るためにはネットはなくてはならない存在となっている。まさに現代を描いているかのよう。
Lain02.png



ゲーム版
1998年3月10日から11月10日まで連載、テレビアニメはテレビ東京で同年7月6日から9月28日まで放送(半年遅れでテレビ大阪・テレビ愛知でも放送)され、第2回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した。プレイステーション(PS)用ソフトとして同年11月26日に発売されたゲーム版はトラウマゲームとして人気であり、今でもカルト的支持を誇っている。アニメ公開時にはそれほど人気がなく生で見た人というのはかなり少ないだろう。
パイオニアLDCという無名の会社がゲームを出し、出荷本数も少ないため今ではプレミアム商品となって高値で取引されている。
Lain01.jpg



小噺
Lainというのは一人ひとり解釈が違うのでストーリに関しての考察に正解がないのがこのLainの面白いところでもある。
ですので上記に描かれた考察が正しいというわけでもない。

1998年に放映されたテレビアニメ『serial experiments lain』を手掛けた小中千昭、安倍吉俊、中村隆太郎が再集結し、3人により描かれる新作『ですぺら』があるが中村氏が膵臓がんで亡くなったため、アニメ化の企画は凍結されている。


私は「Lain」も「ですぺら」も大好きな作品であり、アニメ化の話題が出た頃は誰も共有できる人がいないため独りで盛り上がってました。因みにローマ字でLainと打ってみてください。ですぺらに関する秘密も浮かび上がります。
「Close the world txen eht nepO」

今では大人も子どもも楽しめる大人気ゲームの「ドラゴンクエスト(以下DQ)」にまつわる都市伝説
実は、DQの復活の呪文には様々な出来事を予言しているという。

復活の呪文とは、「ドラゴンクエスト」シリーズにおいて「冒険の書」が導入される以前のファミコン版「ドラゴンクエスト」・「ドラゴンクエスト2」で採用されていたパスワードによるコンティニュー方式である。
BOUKEN01


概要
1986年に発売されたドラゴンクエスト第一作から30年経った現在のあらゆることを予言しているという
予言しているとされる復活の呪文は「ドラゴンクエスト」では20文字、「ドラゴンクエスト2」では最大52文字で構成され、主人公の名前、経験値、所持金、持ち物、各種フラグなどが格納されている。
ゲームを終了したときに出てくる無意味な文字列をタイトルの復活の呪文に打ち込むことによって、ゲームを終了したところから再開できる仕組みとなっている。
その無意味な文字列の復活の呪文は時折意味を持つときがある。

「さいぼうも ういちどつくれ ずでつむお ぼかた」細胞もう一度作れず 詰む小保方
「やきそばに ごきぶりかいし ゆうでぶつ きえる」 ヤキソバにゴキブリ回収でブツ消える
「だめよだめ だめたいしよう えたりゆう こうご」 ダメよダメダメ大賞 得た流行語

さらに詳しく知りたい方はここ


それは本当に予言なのか?
DQは1.2に復活の呪文のシステムが採用されている。
復活の呪文はメモリーカードなどの記憶媒体がファミコンにはないため文字一つ一つに意味を持たせそれを文字列にする事よってデータが再現可能となる。
よってデータ1個につき「かな1文字」が適応されているため何を適当に押しても
文字が対応していれば成立する。詳しくはここ
なので都市伝説でよくある「米ドル紙幣のココとココをこう繋げるとこういう単語になり、これはフリーメイソンがどうだとか…」
というのと同じで、暇人がアナグラムを楽しんでいるだけに過ぎない。
それっぽい文章を20文字でつくって、それを面白いと思ならまだマシであるが、それを「予言だ!」「陰謀だ!」と本気で思うなんてばかばかしい話である。そんな人はオカルトまとめに行って、どうぞ。

しかも番組で取り上げているにもかかわらず「やりすぎコージー」はこちらのサイトの情報を無断転載しているとのことで批判を浴びている。

ちなみに、DQ1の最強装備は通称もょもと DQ2は通称ペペペ

集英社の漫画でも特異なタッチで描かれる、ひと際異彩を放つ大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」
国民的人気を誇るマンガであり、ジョジョネタと呼ばれる迷言名言だ多数存在し今でも人気を博している。
そんなジョジョの奇妙な冒険だが第3部に、なんとあの「9.11同時多発テロ事件」を連想させるものがあるという。


オインゴとボインゴ
ジョジョの奇妙な冒険_第20巻_P149
一見すると気持ちの悪い不気味な画風だがこれは(ジョジョの中にでてくる)漫画の中の話。

この問題のページは3部第20巻149頁
男が死んでいる経緯は置いといて。
まずど真ん中の911シャツ
端で笑う月と太陽
悪い顔をした飛行機
この頁だけでも3つの要因が存在し、さらに残虐な死という表現が911事件を予言したとされる。
ジョジョの奇妙な冒険_第20巻_P148
さらにこのページ20巻の148頁。上記のページの前である。
ここの「おっ10時半だ!」というセリフが911との関連性をさらに結びつけている。
つまり10時半にはこの男が死んでおり貿易センタービル(WTC)が崩壊した時間と合致する。
さらにこの話の内容が「予言ができるスタンド使い(能力者)」が予言を行ったシーンであるという事。


荒木先生はスタンド使い!?
この事を中川翔子さんに質問された際に作者の荒木飛呂彦先生は
「僕もびっくりした」。あの”911”としか見えないTシャツも、「何で描いたのかわからない。何のデザインかも考えたけどよく分からない」

rk3Xp.jpeg

さすが荒木先生!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ!
そこにシビれる!あこがれるゥ!

フリーメイソンと関係しているアニメ作品は多々存在する。
だがしかし、その中にも誰も聞いたことないぐらいにひそかに囁かれている噂が存在する。
そのアニメとは……。


「ドラゴンボール」である!!


概要
i320.jpeg
この絵を見てお気付きだろうか。
車の下の部分に「666」の数字が描かれているのが見える。
666という数字はキリスト教で悪魔の数字とされている文字列であり。フリーメイソンとも関係している。


ビーデルの父は悪魔!?
この車の持ち主はビーデルという女の子であり、サタンの娘である。
サタンは宗教学的に悪魔の長して聖書にも度々現れ、悪魔教崇拝者の崇拝されている。
666=サタン という解釈もできなくもない。

ごめんなさい…一発ネタです。