学校の怪談と言ったらコレ!!
昔から今でも語り継がれる、都市伝説妖怪のトイレの花子さんをみんなと一緒に復習していきましょう。


概要
「誰もいないはずの学校のトイレで、ある方法で呼びかけると『花子さん』から返事が返ってくる」というもの。赤いスカートをはいた、おかっぱ頭の女の子の姿が最も有名である。白いワイシャツを着ているともいう。それ以外の噂の詳細は、地方により異なる。

最もポピュラーな噂は
「学校の校舎3階のトイレで、扉を3回ノックし、『花子さんいらっしゃいますか?』と尋ねる行為を一番手前の個室から奥まで3回ずつやると3番目の個室からかすかな声で「はい」と返事が返ってくる。そしてその扉を開けると、赤いスカートのおかっぱ頭の女の子がいてトイレに引きずりこまれる」というもの。

古くは1950年頃から流布されていた「三番目の花子さん」と呼ばれる都市伝説が原型であるとされる。1980年代頃から全国の子供たちの間で噂になり、1990年代には映画、漫画など、様々な作品に登場した。


ルーツ
「休日の学校に遊びに来ていた少女が変質者に追われ、トイレの3番目の個室に隠れたが見つかって殺害された」
「生前、父親から虐待を受けていた少女の霊で、おかっぱ頭はその時の傷を隠すため」
「福島県の図書館の窓から落ちて死んだ少女の霊」
「文京区小2女児殺害事件」

霊となる前の生前の人物像については、本名は長谷川花子で1879年生まれ、牛乳が嫌いで白系の色も嫌い、赤系と青系の色が好き、学校では卓球部に所属、花粉症などの情報がある。

日本では江戸時代から昭和初期にかけて厠神(トイレの神)の信仰が盛んで、赤や白の女子の人形や、美しい花飾りを便所に供えることで厠神(カワヤガミ)が祀られていた。戦後において厠神の信仰が廃れた後も、トイレに造花が飾られていることが多いのは、こうした風習の名残とみられている。トイレの花子さんの服が赤や白であること、名前が「花子」であるのは、こういった風習に由来するとの説もある。

トイレはきれいにしておくといい事があるとも風説がありますし、昔からトイレは特殊な場所であったことが伺える。
少し前にトイレの神様という歌も流行りましたね。
これも日本人がトイレへの特殊な観念があったからこそ
「トイレの花子さん」も「トイレの神様」もヒットしたのかもしれない。


バリエーション
花子さんに「遊びましょ」と呼びかけると「はーい。何して遊ぶ?」と聞かれる。この時、「首絞めごっこ」と答えると本当に首を絞められて殺されると続く場合も。

・山形県では、トイレを出る際「花子さん」と呼ぶと返事があり、嫌な声で返事をされたときには何か起こる、と伝わる。
・山形県の別説では、「花子さんの正体は3つの頭を持つ体長3メートルの大トカゲで、女の子の声で油断した相手を食べる」、というものもある。
・岩手県和賀郡黒沢尻町では、3番目の個室に入ると「3番目の花子さん」と声がして、床穴から白い大きな手が現れる。
・島根県では、花子さんと遊ばないと追いかけられる、と伝わる。
・神奈川県横浜市では、「女子トイレにハナコさん、さらに男子トイレにはヨースケさんがいて、呼びかけて3秒以内に逃げないと殺される」、「男子トイレで便器の周りを3回回って「ハナコさん」と呼ぶと、便器から血だらけの手が現れる」、と伝わる。
・兵庫県では、1番目のトイレには花子さんの父、2番目には母、4番目は妹、5番目に弟、男子トイレの2番目に祖父がおり、これらを呼ぶと「うちの花子に何か用か?」と聞かれる。ほかにも花男、小花子という名の親戚もおり、これら親戚筋のお化けの一族が毎年群馬県で集会を開き、その年の方針を決めている、ボーイフレンドに太郎というお化けがいて、深夜の学校の体育館でバスケットボールをしている。
・女子トイレのマークの消えかかった箇所を花子さんがペンで直していたので、「ご苦労さま」と声をかけると「日頃みんなを脅かしているお礼です」と言って消えた。
・大阪府では花子さんを呼ぼうとトイレのドアをノックすると、標準語で「危ないわね、やめなさいよ」と声が返った。
・少年が学校のグラウンドで転んで膝に小さな傷を負ったが、この傷に「花子菌」が感染し、傷口のかさぶたの下に小さなキノコが群生した。
などの話が伝わる。「花子さん」の噂は日本各地に広まっているが、これらの花子さんはすべて従姉妹同士との説もある。
花子さん以外にも「ゆきこちゃん」「みーちゃん」もいるらしい。

花子さんの撃退方法として、遭ったときは100点の答案を見せると悲鳴を上げて消え去るという説もある。


文京区小2女児殺害事件
1954年(昭和29年)に東京都文京区の小学校内で起こったヒロポン中毒者による殺人事件。当時は被害者の名前から「鏡子ちゃん事件」と呼ばれ、世間に大きなショックを与えた。

1954年(昭和29年)4月19日、東京都文京区の元町小学校で、2年生の細田鏡子ちゃん(当時7歳)が、授業の合間にトイレに行くと友人に言い残し教室から出て行った。授業が始まっても鏡子ちゃんは教室に戻ってこなかったが、担任は近くにある自宅まで忘れ物でも取りに戻ったのだろうと思い、大して気にかけなかった。しかし友人に言い残してから2時間経過しても鏡子ちゃんは戻らず、ようやく担任やクラスメイトが手分けして学校中を探し、正面玄関横にあるトイレ内で鏡子ちゃんは遺体で発見された。鏡子ちゃんは下着を口に詰められ暴行された上、絞殺されていた。

坂巻は静岡県の療養所で結核治療中だったが、ヒロポン中毒で問題ばかり起こしていて、事件当日も無断で外出して東京の友人宅に借金に行ったが、友人が留守だったため、周囲を散歩しているうちに小便がしたくなり、近所の元町小学校に入り、トイレを借りた。

当時、小学校は誰でも無断で入れる開かれた施設であり、特にトイレは公衆便所の役割を果たしていた。坂巻がトイレで小便をすませると、同じトイレ内で戸を少し開けて用を足している鏡子ちゃんを見て欲情して、いたずらしようと近づき、泣き出した彼女の口を塞ぎ、暴行して殺害した。

判決後、1957年6月22日 - 宮城刑務所で死刑執行。享年22。


まとめと個人的意見。
ほとんどの人が知らなかったであろう「文京区小2女児殺害事件」
だが上記にもある通り、トイレの花子さんの発祥を見ると、古くは1950年頃から流布されていた「三番目の花子さん」と呼ばれる都市伝説が原型であるとされるとしています。
事件の発生は1954年(昭和29年)4月19日、「三番目の花子さん」は1950年頃からなので「三番目の花子さん」が古く、
文京区小2女児殺害事件説は否定できる材料となる。
こちらの質問板では事件後に在学していた在校生の貴重な意見が書かれている。

「私の出身小学校は「鏡子ちゃん事件」の現場である文京区立元町小学校です。事件から10年後くらいに在学しましたが、「花子さん」のような話は全くありませんでした。
事件の起こったトイレの個室は、改装するまでは使用禁止になっていたと聞きますが、私の時にはもう他の個室と一緒でした。
一応、事件がらみの噂はありましたが、トイレに直接関連した噂では無かったです。
他の学校でどのように扱われたかは不明ですが、事件の現場ではそういう噂を流すことも憚(はばか)られるような状況でした。」


事件と都市伝説を結びつける点としては「トトロ都市伝説 狭山事件」がある。
トトロ都市伝説の件は共通点を結びつけた完全に後付け論だがこちらは共通点が少ない。
花子さんが霊となった原因としてルーツの中で挙げている、「休日の学校に遊びに来ていた少女が変質者に追われ、トイレの3番目の個室に隠れたが見つかって殺害された」というものも合致している点はあるが完全ではなく花子さんの元ネタといえる材料としては十分とはいえない。

完全な元ネタではなく、事件と3番目の花子さんがいい具合に合わさり、90年代に流行し現在にも語り継がれるトイレの花子さんが誕生したのではないかとも考えられる。

余談だが元ネタ説はもう一個あり加牟波理入道(がんばりにゅうどう)説がある。
鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』にある日本の妖怪、および日本各地の厠(便所)の俗信に見られるマニアック妖怪である。
大晦日の夜 厠にゆきて がんばり入道郭公 と唱ふれば 妖怪を見ざるよし 世俗のしる所也 もろこしにては厠神の名を郭登といへり これ遊天飛騎大殺将軍とて 人に禍福をあたふと云 郭登郭公同日の談なるべし
大晦日に厠で「頑張り入道時鳥(がんばりにゅうどうほととぎす)」と3回唱えると、人間の生首が落ちてくるといい、これを褄(つま)に包んで部屋に持ち帰って灯りにかざして見ると、黄金になっていたという話。

特定の学校のトイレで、ある方法で呼びかけると花子さんから返事が返ってくるなら、実際の事件よりは特徴が似ていると思うが、関係性はトイレというだけでかなり薄い。

噂を纏めてどれが本当かなんて判別するのはとても難しいですし、またそのうわさが変遷していくのを楽しむのも一興だと思います。

まぁ、なにはともあれ十四代目トイレの花子さん。
応援しているので頑張ってくださいッ!!
toire.jpeg(山口敏太郎タートルカンパニー所属)

さて、この記事だけで花子さんと何回書きこんだ事やら・・・。(^^;)
スポンサーサイト

正直この妖怪を日本に分類しようか海外に分類しようか迷っている。
この妖怪の知名度が低すぎるためあまり書籍化される事がなく非常に資料が少ないためこのサイトで纏めたものを記事にしようかと思います。


アイヌの座敷童子
アイヌ地域(現在の北海道)の伝承にて空き家や古屋、長期の留守宅に現れる妖怪。
その姿は、必ず女性で髪がとても長く地に着くほど。手足も無く顔も見えない。
ぼろぼろのアットシ(木皮の繊維製の衣服)を身に纏い、空家や古い家などに現れる。人が眠っていると、胸や首を押し付けて苦しめるという。
もし、家の入り口などでアイヌカイセイを目撃した場合は、無言で家に入り、火のカムイ(神)に祈ってから、アイヌカイセイに供物を捧げて弔えば難を逃れられると言う。
十勝の地域では、死してなおこの世を彷徨う死者の魂がアイヌカイセイとなって人間に悪さをするという話が伝わっている。

『アイヌ』は『人間』・『カイセイ』は『死骸』の意味を持つ言葉であり、要は『死霊』という意味合いもあるのだろう。


某大手有名ゲームに出演!?謎の敵キャラ『アイヌカイセイ』
カダーバの浮沼に出現するモンスター。
なかなか強くHP吸収攻撃もある。因みに倒すとチンクエディアというかなり高価なナイフを落とす。
キャラも妖怪というイメージはあるが上記のような妖怪の姿はしていないので名前だけ取ったのであろう。
aynukaisei.jpeg


座敷童子との関係性
佐々木喜善(ササキキゼン)は『遠野のザシキワラシとオシラサマ』では座敷童子との関係性を「単に私だけの連想である」否定している。座敷童子は夜に寝ている人に対して必要に悪戯をしてきて来るのに対しアイヌカイセイは悪霊のように扱われ座敷童子のように家が盛衰するわけでもなし。むしろその逆だろうと私は考える。
アイヌカイセイはまだまだ謎がありそうな存在であろう。
アイヌカイセイは私も好きな妖怪であり、まだ絵巻やイラストなどが数少ないのが非常に残念でならない。


イラスト作ってくれる方へ
『萌えキャラで頼む!』

モイドンという言葉を皆様は聞いたことがあるだろうか?
モイドンは漢字で書くと「森殿」。即ち「森山の神様」という意味合いであり、この名で呼ばれる場所は、南九州各地、特に鹿児島の薩摩地方に多く残されている。鹿児島県下で100箇所以上、指宿市内に限ると約40箇所ほど存在する。


民俗神モイドンとは…。
モイドンは集落ごとの民間信仰(精霊崇拝や原始主義【アミニズム】)の名残であるという。雑木林に不思議な形をした一本の巨木が生えている。これが神を祀る依代(ヨリシロ)になる。巨木そのものがモイドンではなく、巨木を中心とした小さな空間そのものがモイドンであり、ここでモイドンを村の住民や町民が祭祀をおこなっていたと考えられるのである。
鹿児島県の上西園のモイドンは、そのような民間信仰の場を明確に残しているものとして市の指定文化財とされている。ここにはアコウの巨木と共に山の神と稲荷神(イナイドン)の祠が祀られており、「民俗神の聖地」として紹介されている。
だが、信仰の聖地で故にその土地を汚すことは祟りにつながる。特に依代である巨木は触れてはならず、枝一本葉一枚すら持ち帰ることは許されない。場所によっては禁忌の地として、モイドンに立ち入ることもまかりならぬとされている。
そこを「聖地」としてきた。そこにいるモイドンを祭る儀式を行ってきた。まだ行事が残っているところもあるらしい。
空地に立つアコウやソテツなどの木を「ご神木」としているところもある。
古い自然信仰であり、祖先をしのぶ場所でもあったという。
空き地やご神木は、開発や集落の変遷で失われてしまうことが多いが、現在でも数多く存在しているモイドンはそれだけ地元住民達に守られている存在であるとも言えよう。それともなにか切る事ができない理由があるのかもしれない…。


民俗怪談
地元住民からは幽霊が出たり様々な怪奇現象の噂まで語られている。
これらのことが元に怪談が語られることも多々ある。
あるとき、子ども嫌いの男が、モイドンの樹の周りで遊んでいた子どもを、
『うるさい!』と言って殴りつけ、怪我をさせてしまいました。
すると、その夜、男の頬が腫れあがり、ひび割れて穴になっていきます。
そして、中から出てきた神経が、まるで絞め殺しの樹のように男に絡みつきました。
男はそのまま行方知れずになってしまったということです。
moidon09.jpg
(実際に鹿児島県の上西園アコウの樹付近にある遊具)

薩摩藩の時代(江戸・明治)に入ると、農家の集落は「門」(かど)という単位に分けられ、
管理されるようになった。その門を守る神様として、「内神」(うっがん)が登場した。
この「うっがんさま」はいまでもほとんどの人が知っている。やがて「氏神」という当て字もでてき始めた。
彼らの精霊信仰は有名で、モイドンと同じく先祖を祀る聖地をもっている。
沖縄には、「御獄(うたき)」という、非常に似ている聖地信仰がある。後々他の崇拝物なども記事にしていきたいものだ。

不易流行:いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。
まさに都市伝説にふさわしいこの四字熟語。(本質的に)常に変わらず(時代とともに)変わっていくところが都市伝説の魅力だと私は思います。
私情はここまでにして内容に入っていきたいと思います。


概要
口裂け女は都市伝説の代名詞と言っても過言ではな程有名な話ですが、概要を説明いたします。
マスクをした若い女性が、学校帰りの子供に「わたし、きれい?」と訊ねてくる。「きれい」と答えると、「……これでも……?」と言いながらマスクを外す。するとその口は耳元まで大きく裂けていた、というもの[2]。「きれいじゃない」と答えると鎌や鋏で斬り殺される、以下ループといった話だ。(wikipediaより)


ルーツ
1754年に美濃国郡上藩(現・岐阜県郡上市八幡町)での農民一揆の後に処罰された多くの農民の怨念が、特に犠牲者の多かった白鳥村(現・郡上市)に今なお残っているといわれ、これがいつしか妖怪伝説となって近辺に伝播し、時を経て口裂け女に姿を変えたとの説がある。
宝暦(1745年)は江戸の後・明治の前。つまりまだ将軍様がいた時代にまで遡ることになり、また明治時代中期、滋賀県信楽に実在したおつやという女性が、恋人に会うために山を隔てた町へ行く際、女の独り身で山道を行くのは物騒なので、白装束に白粉を塗り、頭は髪を乱して蝋燭を立て、三日月型に切った人参を咥え、手に鎌を持って峠を越えたといい、これが都市伝説のモデルになったとの説がある。同様に岐阜県でも、明治または大正時代に女性が同様の姿で峠を越えて恋人のもとへ通ったという話がある。この話が鎌を持ち歩いている話につながったとされる。
上記によると恋人に会いに行くための儀式的なものであったり、はっきりとは掴みどころのない話になっていた。
だが1990年代に入り、整形手術や医療ミスなどの話題が出るに伴い、再び広まり始め、整形手術に失敗し理性を失った女性が正体であると語られこの話が90年代の怪奇・都市伝説ブームの発端となったと考えられる。
もうひとつ原型として『原爆少女』という話まで存在する。
夜寝ていると、原爆のケロイド状の少女が、やって来て覗き込むと言う。この話を聞いた3日後には聞いた人のところにも来るそうだ。
少女『私、綺麗?』
情報提供者の祖父「綺麗ってよりも、可愛いと思うけど?」
少女『・・・・・・私何処からきたの』
祖父「鹿島か、伊勢じゃないかな。』
少女『そう、ありがとう、おじちゃん。』
もし返答を間違っていたらどうなっていたのだろう……。
この話は最近語られるようになった話でまた新しく情報が出現している。
7e61e420.jpg
速水春暁斎『絵本小夜時雨』より「吉原の怪女」


変遷し続ける情報
目はキツネ、声はネコに似ているともいう。
色白で痩身の美人とされることが多い。
身長は155cmくらいという情報がある。
身長が2メートルを超えていたという説も。(八尺様かな?)
血の目立たない真っ赤な服をきている、血の目立つ真っ白い服を着ている、など服装に関する噂も多い。
東京都江戸川区では、赤い傘をさしており、この傘で空を飛びこちらに来るという。
東京都王子では、白いコートを着て、白いブーツを履いているという。
東京都八王子市や国分寺市では着物姿で、サングラスをかけているという。
長い鋏や、出刃包丁、鎌、鉈、斧、メスなど複数の刃物を持っているとされ、人目の多い都会では、隠し持つことのできる鋏や鎌、メスなどが多く、田舎では出刃包丁や鉈、斧など殺傷力の高い凶器を好む。
豆腐を見せると逃げ出す。
福岡県では口裂け女はスペースインベーダーが好きで百円玉を投げつけると必死に拾おうとするので、その隙に逃げられる。
口裂け女は「べっこう飴」が大好物らしい。もし持っていたら、投げつけてやろう。口裂け女がそれを拾ってなめているスキに、逃げられる。
2人姉妹であり、かつて姉が周囲からもてはやされ、妹は落ち込んでいた。母が妹を哀れみ、姉の口をハサミで裂いた。
三姉妹の内、口が裂けているのは本人のみ。かつて3人揃って整形手術をしたが、末の妹のみが失敗して口が裂け、整形に成功した姉2人を羨んでいる内に精神に異常を来たし、子供たちを脅すようになった。
まだまだ複数あるが、さすがにすべては挙げられないのでここらにしておこう。
もはやこれはファンタジーの域に達しているのではないか?と感じてる方も多いかもしれませんwww
口が裂けている理由も様々である。
整形手術失敗説・姉の嫉妬説・事故説・医療事故説など諸説あるが時代背景としては整形失敗説や医療ミス説がしっくりくる。例えば、1968年(昭和43年)には和田寿郎氏が大血管完全転移症に対する手術のひとつであるマスタード手術に日本で初めて成功している。同年、日本初の心臓移植手術を執刀し、大きくその名を世間に知られるが、心臓移植の際にドナーとレシピエントをともに殺したのではないかという強い疑いをかけられ、殺人罪で刑事告発されている(不起訴処分)。というニュースでも取り上げられた和田心臓移植事件が存在する。
img_477614_2153459_7.jpeg



海を越え語られる日本の都市伝説
韓国ウィキの「빨간 마스크」を見ると、最初から日本の口裂け女(입 찢어진 여자)のことから書かれてます。
 「韓国の怪談」にもちゃんと説明がありました。1979年に日本中の小学生たちをパニック状態にした口裂け女の話が韓国で赤いマスクの女として広まったのは10年あまり後の90年代初め。島村先生によれば、韓国で1989年に、それまで制限されていた一般国民の海外旅行が自由化され、日本の大衆文化が大量に流入しますが、この話もそうしたものの1つだったのでは、ということです。なぜ赤いマスクかというと、血の色の象徴、あるいは社会主義のイメージと関係があるのかもしれない、とコメントしています。


おわりに
口裂け女はのっぺらぼうの現代版、現代の妖怪談と言えるのかも知れませんし、その日常と非日常の境目の妙なミステリアス感が当時の小中学生の関心をひいたのかもしれません。
口裂け女の話は、もともとは「ちょっと恐い話」程度だったが歪曲し伝達したものだと思われる。
特徴的なのは、その尾ひれのつき方が、より強く話者達(主に小学生)の恐怖を喚起する方向に特化していったことであると言えるのではないかと思います。
kutisake_miki.jpg
ちょっと画像こわいわww